2009年10月12日

アルファロメオツインスパークメンテナンスファイルの本のこと

今日は10月12日です。
しばらくご無沙汰しています。

さて、私と言えば相変わらず車検場へ通う毎日を送っているのですが、今回、初めて「本の出版」という仕事に携わったので少々紹介したいと思って久しぶりに日記を書きました。

こんな本です。 送られてきた見本版です。
9101001s.jpg

この本「アルファロメオツインスパークメンテナンスファイル」を作るに当って、ライターの野澤さんから初めて相談されたのは今年の3月ごろだったと思います。
私は例によって一年で最も車検の多い3月で寝る暇もなく仕事をこなしているときに、本作りの手伝いなどとてもできないと思い、何をするにも4月以降にして欲しいと希望を言いました。

なんと、私の都合を優先してくれるとの話なので、手伝わないわけには行かなくなりました。
まずは車を用意するので写真撮りをしたいと言います。
それも、1週間で車の外観、下回りの写真を2日間、残りの3日間でエンジンを下ろしてピストン、クランク、バルブの1本まで分解して写真を撮って、その後組み立てて乗って帰ると言うのです。
やり切れるのでしょうか。
4月13日月曜日から横浜の工場を借りて作業開始です。
まだエンジンの載っている状態で写真撮りです。
9101002s.jpg

水曜日にエンジンを降ろし、夜にはエンジン単体の写真撮りです。
9101003s.jpg

木曜日からエンジンを分解して、単品部品の写真撮りです。
9101004s.jpg

そして金曜日にはエンジンを組み立て、撮影の皆さんが帰った後も朝まで頑張ってエンジンを載せました。
土曜日にはオイルや冷却水を入れて仕上げ、予定通り自走して帰っていきました。

その後も、本の文章を私が書くわけでは無いのですが、記事として面白い所の選定や最近の車のコンピュータ診断の方法など、何度もライターの野澤さんと打ち合わせをして、さらに他のアルファロメオのお客さんから車をお借りして写真を撮らせてもらったりなど、私にとっては今までの車検の仕事とは違う新たな経験をさせてもらいました。
書きあがった下書きのページもすべて読ませてもらって、「校閲」と言っていましたが、内容のチェックもさせてもらいました。
私の思う所はほぼ全面的に採用してもらえたので、自分で読み返してもうなずいてしまうほど、実に良い本に仕上がったと思っています。

7月末には一応原稿が出来上がったのですが、雑誌ではない書籍は刷り上るまでに2ヶ月ほど掛かったのでしょうか。
つい先日、この手紙と共に見本誌が送られてきました。
9101005s.jpg

私はメンテナンスページほぼ全頁に渡って「手」や「指」などの出演となっています。
数ページだけ顔までの出演のページもあるようです。
9101006s.jpg

一冊いくらの印税が私に入るわけではないのですが、書店にそろそろ並ぶのではないかと思うので、興味がある方はちょっと見てみてください。
そして出版社の方々にもお世話になったので是非お金を出して買ってください。
特に該当車種にお乗りの方はきっと役に立つと思うので、是非読んでみてください。

次の書籍の準備もそろそろ大詰めです。 またそのうち宣伝しちゃおうかなと思っています。

posted by ペプシマン at 23:08| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

ガス検、2日目。

12月26日、水曜日。

朝、早起きして電車で昭島駅へ向います。 昭島駅からは歩きで排ガスの試験機関へ行きます。
朝9:00から今日の試験が始まります。
7122601s.jpg

今日の試験は15モード試験です。
この試験はエンジンの完全冷機状態からエンジンを始動して始まります。
数十秒のアイドリング後15モードの走行を3回繰り返し、その排ガスを全量採取するものです。

エンジン始動時はガスを濃い目に噴射しているのでCO値が高くなります。 いかに早く触媒を暖機させて浄化を始めさせるかもこの試験の結果に影響します。

車は昨晩から25℃の恒温室に保管されていました。 今日は暖機運転はなく最初から排気管を試験機に接続します。
7122602s.jpg

試験開始です。 試験場の人が運転してくれます。
7122603s.jpg

これが試験結果のグラフです。
エンジン始動とともに一旦グラフは上がりますが、それほど大きくは動きません。 最初の加速時にCO2値が上がりましたがこれは問題ありません。
7122604s.jpg
今回も一発合格です。
さすが新車です。 安心しました。

車は試験機から下ろされ、リフトに乗せて、試験装置を取り外します。 お疲れ様でした。
7122606s.jpg

本来なら後日郵送にて受け取る試験結果通知書を無理を言って待っている間に発行してもらいました。
車の中で1時間以上待ちましたが今日受け取れるなら短いものです。
7122607s.jpg

この車は最初に預かったときから年内に予備検取得後納車の約束でした。
排ガス試験の予約が12月の25,26日しか取れなかったので、予備検取得の後、年内納車するには12月27,28日の二日間しか残りません。
並行輸入の新規検査なので事前申請の書類で審査をしてもらい、その決裁が下りたあとに車検場に現車を持ち込んで検査を受けて予備検取得するのがやり方です。
しかし、事前申請の書類には今受け取った排ガス試験の結果通知書が絶対に必要です。
陸事には前からこの車の話をしてあり、12月の25,26日で排ガス試験を受けて来て、27日に事前申請書を出すので、1日で書類審査して決裁を下ろしてもらって、最終日の28日に車を持ち込んで検査を受けたいとまたまた無理なお願いをしてありました。
車検場の受付には張り紙がしてあって、「年内に検査を受ける改造申請や並行輸入車の事前申請の受付は12月16日までに提出されたものに限ります。」と書かれています。
「そこを何とか。」と頼み込んでありました。

今日のところまでは何とか予定通りに進みました。
排ガス試験場をお昼過ぎに出た車は、車検場から15分くらいの仲間の工場に置かせてもらう約束もしてあります。
車の準備はもうありません。
仲間の工場で洗車をして準備万端です。
7122608s.jpg

可愛い車ですね。
7122609s.jpg

しかし、緻密に組んだ予定でしたが、ちょっと手落ちがありました。
イタリア本国から届く筈のメーカーの製造証明書(COCペーパーといいます)の原紙が行方不明になってしまい、まだ手元に届きません。
車のオーナーさんはもう12月28日に関西から車載車で引き取りに来る予定で準備をしています。
いろいろ手配しましたが、予備検査取得は無理かもしれません。
書類が全部揃ってから慣れない関西の車検場で検査を受けるしかないかもしれません。

とりあえず、今日はここに車を置かせてもらって電車で帰ります。

さて、夜は気持ちを入れ替えて他の車の修理です。
葉山に行って修理するのはボルボの940です。
まずはラジエターホースの交換です。ホースの付け根辺りからクーラントが滲んでいます。 バンドもかなり食い込んでいます。
7122611s.jpg

新品ホースに交換しましたが、水漏れはホースの付け根ではなくて、ラジエターのタンクとコアの間のカシメ部からの漏れのようでした。
これはラジエター交換か修理が必要だな。
7122612s.jpg

もう一つの修理はバックドアの内張りの浮きです。 バックドアを上げた時に内装のトリムが開いてしまいます。
7122613s.jpg

まずはトリムを外します。 このインナーハンドルの周りの部品を外すのが最初です。
7122614s.jpg

トリムを外して、取り付けのクリップを確認すると4箇所のクリップはどれも折れてしまっていました。
これでは無理です。 新品に交換しました。
7122615s.jpg

今日はここまで。 お疲れさん。


posted by ペプシマン at 00:47| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

ガス検、一日目。

12月25日、火曜日。

朝は車の中で目を覚ましました。
東京都昭島市です。
7122501s.jpg

排ガス試験を受ける試験場です。
まだ朝早いので誰も来てないようです。
7122502s.jpg

コンビニ店まで歩いていって朝食を買って食べました。
今日受ける試験は10・15モード試験です。

9時ごろになると試験の担当者が来ました。
まず、リフトで車を上げて、下回りの点検をします。
触媒の数等、排ガス対策装置が事前の申請どおりか確認します。

そのあと、車を試験機にセッティングします。
7122503s.jpg

試験車両を機械に載せて固定すると、エンジンルームに回転数のセンサーや水温、油温などのセンサーを取り付けます。

まずは約10分間の暖機運転です。
時速60キロくらいに固定してローラーを回し暖気します。
ローラーには車重に合わせたフライホイールが連結されています。
7122504s.jpg

調整室の試験装置です。
7122505s.jpg

今回の試験は2日間の受験費用199,100円です。
この車の製昨年月が平成19年9月以降だったらもっと新しいモードの試験を受けなければいけませんでした。 試験料金もさらに高額です。
しかし、この試験装置を見れば試験費用も納得がいきます。 とても高そうな装置です。

そして、このプロッターからリアルタイムに試験結果が記録されて出てきます。
7122506s.jpg

思い起こせば今年一年で一番苦労した記憶は、同じ赤いFIATでした。
何度検査を受けても排ガスが規制値まで下がりませんでした。
結局ここの試験場へは5回ほど試験を受けに通いました。
毎回このプロッターから出てくるグラフを祈るような気持ちで見ていました。

今回の車は最新の排ガス対策が施されている新車です。
多分試験には十分合格できる実力を持っているはずです。
頑張ってもらいましょう。

タイヤの回転にあわせて前方から風を当てるFANがセットされています。
7122507s.jpg

暖機運転が終了するとエンジン停止して、排気管を試験装置に接続しなおして試験の開始です。
7122508s.jpg

試験場の人が運転してくれます。
7122509s.jpg

モニターを見ながら10モード、15モードの走行モードにあわせて加速、減速、再加速、減速、停止などを繰り返します。
変速のポイントなどもモニターに現れます。
7122510s.jpg

試験後のプロッターのデータを見せてもらいました。
黒い線が車速です。 最高で70キロまで上がります。
緑色の線がNOx値です。 ほとんど上がっていません。 前回の車ではいつも振り切っていました。
加速時、再加速時に赤のCO値、茶色のCO2値が多少上がりますが、平均値では充分規制値以下です。
HCもほとんど上がらないので見えません。
7122511s.jpg
今回は1回目で合格できました。

車を試験場の外に出してもらうと外にも同じ様な車が順番待ちしていました。
7122512s.jpg

今日の試験はこれでお終いです。
明日は次の試験を受けるので、今日は電車で帰ります。

自宅へ帰ると、ベンツのECUの修理をしてみます。
7122513s.jpg

いつも壊れるコンピューターの中の青い基盤を調べます。
今までに取り外した壊れた基盤と今回壊れた基盤を比較します。
7122514s.jpg

7122515s.jpg

これが直せれば良いのですが。

 
posted by ペプシマン at 12:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

国内仕様に改善、ナンバーステー。

12月24日、月曜日で振り替え休日です。

昨晩はすごい雨と風でした。 遅い紅葉の葉っぱが階段にたくさん落ちていました。
7122401s.jpg

今日の作業はNEWチンクです。
日本仕様への改善の為、日本のナンバープレートが付くステーを取り付けます。
フロント側はバンパーにナットリベットを打ち込みました。
7122403s.jpg

リヤ側はステーを取り付けます。
左右対称になるように寸法を測って穴を開けます。
7122404s.jpg

これでOK。 ナンバープレートを封印したあとステーごと外せてしまう様な構造ではいけません。
7122405s.jpg

そのあと、お客さんが2組見えて、L0MAXも納車すると、今度はベンツのコンピューターです。
過去の日記に何度か登場していますが、ベンツのある年式のVDO製のECUはよく壊れます。
先日送られてきたECUはW124のE220のものです。
蓋を開けてテスターで抵抗値を調べます。
7122406s.jpg

7122407s.jpg
この2箇所は同じ抵抗値でなければいけません。
残念ながらECUの不良です。

そして、もう一台、我が家のC280もエンジン不調です。1番、6番のプラグに火が飛びません。
エンジンハーネスの不良かどうかテスターで導通を調べます。
7122408s.jpg

けれどやはり悪いのはECUでした。 自分の車は後回しですね。
7122409s.jpg
妻には悪いけど明日から軽自動車で年末の買い物に行ってもらいます。

夕方から藤沢、横浜と工場を二つ回って、途中で夕食を食べました。
辛いラーメンでした。 クリスマスディナーっぽくありませんでした。
7122410s.jpg

深夜に帰って、最後の仕事です。
明朝9:00からNEWチンクの排ガス試験の予約をしてあります。
道の混まない夜中のうちに試験場まで走ってしまいましょう。
7122411s.jpg

空を見るとトナカイの引くそりに乗ったサンタクロースが見えました。
彼も道の混まない夜のうちに仕事を済ませるのでしょう。

posted by ペプシマン at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A190オイル交換。

12月23日、日曜日で天皇誕生日です。

年末も残り少なくなってきて休んでいられません。
先日車検を通したベンツのA190のオイル交換をします。
7122301s.jpg

上から見てもどこにエンジンがあるのかわかりません。 下のほうにちょっとだけ見えています。

下から覗くとオイルパンが見えました。 フロントサスペンションより後ろの方です。
7122302s.jpg

前輪の後ろ側から工具を入れてドレンボルトを緩めました。
ちょうど運転席の下くらいの位置です。
7122303s.jpg

オイルフィルターも交換しようとして随分探しました。
エンジンルームのエンジンの後ろ側の下のほうにありました。
7122304s.jpg

工具に長いエクステンションをつけて緩めました。
7122305s.jpg

オイルを入れるところは普通に上のほうにありました。
7122306s.jpg

どの車もいろいろ考えて作られていますね。
posted by ペプシマン at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2CV整備。

12月22日、土曜日。

今日は長く預かっているシトロエン2CVのお客さんが車を取りに来るので整備をします。

お客さんの要望は車高の調整です。
前を上げて、後ろを下げたいとのことです。
7122201s.jpg

この車の緩衝装置は前後の連結されたサスペンションで、写真左の黒い筒の中に前後のスプリングが入っていて、右に見えるワイヤーが前後のスイングアームに繋がっているのです。
7122202s.jpg

スプリングの入った筒を動かすことによって前後の車高が調整できる筈だそうです。
前後のロックナットを緩めて調整してみましょう。
7122203s.jpg

高さを測りながらいろいろやって見ましたが、10mmくらいしか車高は変わりませんでした。
7122204s.jpg

この車は空冷2気筒のオリジナルエンジンを下ろして、水冷4気筒のエアコンつきエンジンを載せているのでとてもフロントヘビーです。
このネジの調整位では効かないのかもしれません。

ブレーキパッドも交換します。
フロントブレーキも国産車のキャリパーが流用されているのでブレーキパッドもシトロエンのものではありません。
何のキャリパーが流用されているのかわからないので外した現品をブレーキ屋さんに持っていって同じ形のパッドを探してもらいました。
7122205s.jpg

夜には車をお客さんが電車で車を取りに来ました。
また少し乗ってみてインプレッションを聞かせてください。
posted by ペプシマン at 11:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

L0MAX予備検査。

12月21日、金曜日。

今日は一日で、この車の検査を終らせます。
朝から気合を入れて頑張りましょう。
7122101s.jpg

L0MAXという車です。 私もこの車以外には実車を見たことがありません。 何台かは日本に存在するようです。
7122102s.jpg

スリーホイラーです。 駆動輪は前輪です。
7122103s.jpg

まず最初に、板金屋さんまで走って、溶接機を借りて、昨日準備した部品を溶接して、排気管を製作しました。
パイプのつなぎはスプリング式にしました。
7122104s.jpg

取りつけステーも溶接しました。 耐熱シルバーで塗装して2時間くらいで完成しました。
7122105s.jpg

排気管の排出方向は、後ろ向きから左右30度以内、または下向き、という規定なのでこれでOKです。
7122106s.jpg

板金屋さんにお礼を言って、持ち物書類を確認して、皮ジャンパーを着込むと車検場へ出発です。
海岸線の道は気持ちよいです。
しかし、とても目立ちます。 小学生くらいの子供が見つけて「かっこいい!」といって走って追いかけて来ました。
7122107s.jpg

車検場の近くのテスター屋さんに着きました。
ヘッドライトの光軸を調整してもらっているのですが、3輪では車がまっすぐになっているのかがわかりにくいです。
7122108s.jpg

そして車検場へ行きます。 
検査の印紙を貼って、受付を済ませます。
検査が無事に終了するまでは落ち着きません。

今回の検査は輸入新規の予備検査です。
日本に輸入されたのはもう10年くらい前ですが、今までは展示されていたようで、車検を取るのは今回が初めてです。

検査コースでは通関証明書との同一性の確認や事前申請書との内容の確認。 寸法や重量の測定、改善項目の確認、安全基準の確認、タイヤの許容荷重と車両重量の比較などの確認をします。
その後、灯火類の確認やライト光軸、ブレーキ力、メーター誤差などの検査を受けます。
すべて合格です。

この車にはシリアルプレートは張り付いていますが、車台番号とエンジン番号の打刻がありません。
車台番号やエンジン番号を新たに打刻しないといけません。
打刻ポンチを預かって自分でフレームとエンジンに打刻を打ちます。
7122110s.jpg

打刻の石刷りを赤鉛筆で取って検査伝票に貼り付けるとすべて終了です。
車検証の備考欄に入る文言をマークシートに書き込んで受付に提出です。
7122111s.jpg

15分ほどで予備検査証が出来ました。
車検証の記載内容は「小型」「乗用」「自家用」「幌型三輪」となります。
登録時のナンバープレートは後ろ1枚だけです。

何とか終了しました。 これでやっと一安心。
7122109s.jpg

手伝ってくれた車検仲間とお茶を飲んでしばらく話をすると、寒くなる前に帰路につきました。

我が家のガレージに戻るとビニールカバーを掛けて、今日は終了です。
少し早寝しましょう。
お疲れさん。
 
posted by ペプシマン at 03:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アウディTT車検。予備検査の下準備。

12月20日、木曜日。

今日の車検はアウディTTクーペです。
初めて乗ったときはすばらしいデザインと1800ccとは思えないターボの加速に驚いたものです。
7122001s.jpg

横浜の車検場へ来ました。
7122002s.jpg

検査を受ける前に名義変更の書類を受付に出しておこうと思ったのですが、すごい待ち人数です。
さすが年末っぽくなってきました。
そろそろディーラーさんなどが、冬休み前の駆け込み登録などで忙しくなっているのでしょうか。
7122003s.jpg

書類を受付に出すと、呼ばれるのを待たないで検査コースに車を並べました。
7122004s.jpg
検査終了後、登録窓口に行くと、書類が出来て置かれていました。

書類を受け取り、陸事を出ると、車を返しに工場へ行きます。

今日は早く帰らないといけません。
明日の準備があります。

もう2週間ほど預かっているスリーホイラーの車検の準備です。
輸入新規登録の事前申請を作るのに毎晩夜中まで掛かってとても苦労しました。
その事前申請書類は一昨日に提出済みです。
しかし、車の準備は何も出来ていません。

まずは排気管の製作です。
夜であまり音が出せないので探してきたミニ1000用の排気管を鉄ノコで切って合わせます。
7122005s.jpg

なぜか排気管がここで終っていたので、長期在庫のミニ1000の排気管を見つけてきたのですが、ここで繋げればちょうど良さそうです。
7122006s.jpg

ブラケットもあり合せですが、これで良さそうです。
明日溶接すればよいでしょう。
7122007s.jpg

ナンバーステーも改善が必要です。
7122008s.jpg

ナットリベットを打ち込みます。 
ナンバーステーはナンバープレートが封印後に容易に外せない構造である必要があります。
7122009s.jpg

灯火類などの確認をして、これだけで、なんとなく大丈夫そうな気がしてきました。

別の車の作業に移りましょう。
昨晩見てきたボルボはプラグが悪くてエンジンが不調でした。
7122010s.jpg

今日、新品が届いたので葉山まで出張して交換しました。
7122011s.jpg

調子はとてもよくなりました。

今日は深夜になってしまったのでこれでお終いです。
明日一日であの車は改善作業と予備検査受験まで出来るのでしょうか。

posted by ペプシマン at 02:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラウンタイミングベルト交換終了。

12月19日、水曜日。

今日の車検は軽トラです。
横浜の軽自動車検査協会で検査を受けました。
7121901s.jpg

その後、横浜陸事で名義の変更を一台済ませました。
7121902s.jpg

そして、昨日のクラウンのタイミングベルト交換の続きを泉区の工場で進めます。
7121903s.jpg

昨日、水漏れが発覚したウォーターポンプです。
今日は新品部品を持ってきました。
7121904s.jpg

ポンプを替えて、新品のベルトを張りました。
7121905s.jpg

長いトルクレンチでクランクプーリーボルトを規定トルクで締め付けます。
7121906s.jpg

クーラントを入れてエア抜きして、完成は夜になってしまいました。
7121907s.jpg

寒いです。 すぐに帰りましょう。

posted by ペプシマン at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A190車検

12月18日、火曜日。

今日の車検はベンツです。 
ベンツのAクラスです。
小さな車ですが、3ナンバーです。
新登場したとき、雑誌のテストで横転してしまい、車幅を急に広げたので、小型車の幅を超えてしまい、3ナンバーになってしまった逸話があります。

湘南の車検場へ行きました。
7121801s.jpg

湘南の車検場は3番コースが閉鎖しています。
機械の入れ替えだそうです。 作業は来年の4月ごろまで掛かるそうです。 忙しい時期にぶつかってしまいますね。
7121802s.jpg

検査を終えると、横浜泉区の工場へ向いました。
クラウンのタイミングベルト交換の作業を頼まれました。
工具と部品を今日は積んできています。
7121803s.jpg

タイミングベルトは10万キロごとの交換部品です。
今回は予算の関係で最低限の部品交換です。
7121804s.jpg

しかし、タイミングベルトを外して、気が付きました。
ウォーターポンプの下側に冷却水が漏れています。
それもかなり漏れています。
ウォーターポンプは交換しない予定でしたが、やはり交換することに話をしてもらいました。
7121805s.jpg

今日は部品がないので、ここまでで中断です。

もう一台、ザガードガビアのオルタネーター交換も頼まれています。
エンジン右バンクの下のほうに付いています。
7121806s.jpg

何とか取り出し、交換しました。
7121807s.jpg

今日はここまでです。 
事前申請の資料集めがあるので寄り道せずに帰りました。
posted by ペプシマン at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。