2006年12月31日

駐車違反金を払わないと車検が取れません。

12月27日、水曜日。

あさ8:40に保険屋さんが自賠責保険の集金に来てくれました。 毎週ありがとうございます。 今年最後の集金になりそうですね。

自分の車で最初に向かったのは、横浜の中区、関内近くの神奈川県警本部です。 大きな建物です。
122701s.jpg

ここへ来たのは、今年2回目です。
今回来たのは相談ではありません。
車検のためです。

今年の4月から施行された「駐車違反金を払っていない車は車検を通せません」と言う決まりのためです。

先日、車検を受けた車の中に、駐車違反金を払っていない車がありました。
車検の検査は終了して、普通なら新しい車検証が出てくるところが、違う紙を渡されました。 
その中には、
・本日検査の申請がありました「横浜・・・・」については、道路交通法第51条の6の規定に基づく国家公安委員会からの通知(駐車違反に関する違反金の滞納がある旨)を受けているため、道路交通法第51条の7の規定に基づき自動車検査証の有効期間の更新をすることができません。
と書かれていて、
・駐車違反金を支払って、その領収書を持って来れば、その日から2年間車検期間をくれます。
・15日以内に持ってこなければ検査合格は無効になります。
と言うようなことが書かれていて、「通知を受けている違反番号」の17桁の番号が書かれていました。
すぐにお客さんに連絡をすると、後日お金を払って、領収書を持ってきてくれました。
しかし、車の名義人と、違反を認めてお金を払った人が別の人なので、車検場へ通知が行っている違反番号が、今回支払った領収書の番号と一致しません。
この場合は、車の所有者からの委任状を持って、県警本部へ行って「納付・領収済確認書」と言うのを貰って車検場へ行かないといけないそうです。
余計な手間ですが、仕方がありません。

受付に行くと、6階へ行ってくださいといわれ、案内されるままに行くと、ものの10分くらいで確認書をもらえました。

さて、次は車検の車を預かりに行きます。 東戸塚です。
途中で牛丼を食べて向かいました。
車はホンダのオデッセイです。

点検してから車検場へ向かいました。 横浜陸事です。
年末ですが、台数は集まっています。
122702s.jpg

0番コースの出口に素敵な車が止まっています。
122703s.jpg

受付を済ませて、コースへ向かいます。
コースにもかっこ良い車がありました。 車検場はいろいろな車が見られて楽しいですね。
122704s.jpg

オデッセイは無事に検査合格しました。
122705s.jpg

県警本部で貰った書類のおかげで、「お預け」になっていたもう一台もやっと新しい車検証がもらえました。

帰り道に、オデッセイを納車して、もう一台の書類と車検のステッカーも届けて、帰って来ました。

帰ってくると、先日からやりかけの作業の続きです。 ベンツE320のデフのミットシールの交換です。
やっと工具が手に入りました。 2面幅30mmのディープソケット12角です。 やっとゆるめられました。
122706s.jpg

インプット側のフランジはプーラーを掛けないと抜けません。
122707s.jpg

オイルシールの交換はここまでくれば簡単です。 圧し込み代に注意です。
122708s.jpg

フランジを取りつけ、新品ナットで締め付け、緩み止めのカシメをしておきます。
122709s.jpg

これでやっと完成です。

さて、次は、出先で動かなくなってしまったアストロを見に行きます。
場所は逗子の池子の米軍住宅の中です。 入り口で厳しくチェックを受けてやっと入れてもらえました。
エンジンが掛かりません。
122710s.jpg

点火系か燃料系でしょう。 点火を確認するため、室内側からエンジンカバーを外します。
122711s.jpg

点火は大丈夫です。 燃料ポンプでしょうか。 少しいろいろいじっているうちに、エンジンが掛かりました。
止まってしまうといけないので、しばらくアイドリングを続けていましたが、 止まりません。 今日はそのまま乗って帰ってもらいました。

借りた入場パスを出口で米兵さんに返します。
122712s.jpg

一旦家に帰って、今晩はまた夜出で出発です。
年末の事務仕事を少し済ませて、2:30AMごろ出発です。
やはり、遠くへ行くには夜の移動が良いです。 渋滞知らずです。

首都高を抜けて、三郷から東北道へ。
今日は蓮田と言うパーキングで力尽きて、寝てしまいました。
ここまで来れば、明朝は楽です。

少し明るくなってきました。
122713s.jpg

おやすみなさい。








posted by ペプシマン at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランチアデルタ、習志野登録、納車。

12月26日、火曜日。

寒くて、2時間も寝ないうちに起きてしまいました。
6:00前です。
ここは東関東道の習志野のパーキングです。
少し、高速を走って、千葉北インターで降りると、24時間のセルフスタンドに入ります。
やっと給油できます。 これで暖まれます。
しかし、ガソリンレギュラー117円、ハイオク127円は安くないですか。
2-3日前に都内の環八でレギュラー119円を見たときに驚いたばかりなのに。  
恐るべし、千葉県。
122601s.jpg

そのあと、駅前でもう一眠りして、8:30ごろ、お客さんに連絡を入れました。 印鑑証明と委任状を貰わなければいけません。
お客さんの仕事場で書類を受け取って、車検場へ向かいました。
雨はかなり酷くなってきました。

習志野陸事です。 今年来るのは3回目です。
122602s.jpg

登録を済ませ、納税をして、仮ナンバーを外して新しいナンバープレートを付けて、封印をしてもらいます。
車台番号を確認するのですが、この車はストラットタワーバーが付いていて、外さないと見えません。 工具を借りて、タワーバーを持ち上げて、番号を確認してもらいました。
122603s.jpg

やっと新しいナンバーが付きました。 車検のステッカーも貼り替えます。
今日から24ヶ月間の車検期間になります。
122604s.jpg

お客さんの仕事場に車を納めに行きます。
途中、コンビニでビニール傘を買いました。 こんなに雨が強くなるとは思いませんでした。

車を納めて、鍵を渡して、駅までの道を聞いて、歩いて駅へ向かいました。
どうやって帰るのか分かりません。 駅員さんに乗り換えを説明してもらいました。
122605s.jpg

電車で居眠りしながら、帰って来ました。 
駅まで妻に迎えに来てもらうと、今度はお葬式に行かなければなりません。
お友達のお父様が長い闘病の末、ついに永眠されました。

妻にまた駅まで送ってもらい、電車で平塚駅へ。 途中で知り合いと会ったので、一緒にタクシーで斎場へ向かいました。 
これまた時間ぎりぎりでしたが、何とか間に合いました。

ご冥福をお祈りいたします。

その後、他の仲間に車で平塚の山のガレージに送ってもらい、昨日、ランチアデルタを取りに来て置いて行った自分の車に乗って、自宅近くの知り合いを送って、帰って来ました。

すぐに寝ようかと思ったのですが、荷物が届いていたので、開けてみました。
修理に出していたカーナビが出来上がり、届けてくれていました。
自分で電解コンデンサーを3個交換してみたが、直らなかったやつです。
修理の内容は、やはり、3個のコンデンサーを替えている事と、もう一つ、Trプロテクターと言う小さな部品を替えたようです。 ついでにDVDピックアップも交換してくれたようです。 さすが、餅は餅屋ですね。
122606s.jpg

これを見ると、ベンツE220のECU修理をやりかけなのを思い出します。
お待たせして、申し訳ありません。 年末はもう少し忙しそうです。
必ず、連絡します。もう少しお待ちいただけますか。

では、おやすみなさい。 お疲れ様でした。
posted by ペプシマン at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クーガーのマウント交換

12月25日、月曜日。

今朝の車検はセリカスープラです。 北米仕様のセリカXXです。
85年式です。
88ナンバーのキャンピング車なので、ベッド、コンロの装備をセットして、出発です。
この頃のトヨタ車の弱点といえば、すぐにステアリングラックブーツが破けることです。必ず点検していくポイントです。 が、この車は交換済みでOKでした。

車検は平塚の湘南陸事で、午前中に終了しました。
122501s.jpg

戻ってきて、次の車を預かりに行くまでの間に、お客さんが順番に車を取りに来てくれました。
オイルパンが割れて修理したジャガーXJ−Sとターボ交換したジムニーです。 取りに来ていただけて助かりました。

さて、修理の車を取りに行きます。 横浜の港南台です。
午後行きます。と言っていたのに、暗くなってしまいました。
車は、マーキュリークーガーです。
122502s.jpg

エンジンマウントが悪くなっていて、加速、減速のときにエンジンが「ゴトン」と揺れます。 横置きFFレイアウトでは、特に、加速時にマウントの負担が大きいようです。
V6エンジンなので、上からは前後のマウントはほとんど見えません。
作業し辛そうです。
122503s.jpg

下から覗くと見えます。 フロント側です。 サブフレームの上、ラジエターとの隙間に付いています。
122504s.jpg

いろいろの部品を外して、やっと取れました。マウントのゴムは完全にちぎれてしまっていて、アルミの枠の中でエンジンが暴れていたようです。
右側が新品です。  早速交換です。
122505s.jpg

次は後ろ側です。 やはりサブフレームの上側についています。 
ステアリングラックをまたぐような取り付けレイアウトです。
122506s.jpg

とても苦労して外しました。 こちらも切れて下がっています。 取りつけも苦労しました。
122507s.jpg

0:00過ぎに終了して、伝票を作って納車に行きます。 横浜に一旦車を納めに行ってから、仕事場に戻ると、車を入れ替えて、今度は平塚に向かいます。 
平塚で先日予備検査を取得したランチアデルタに乗り換えます。
2:30AMくらいになってしまいました。
コンビニで夜食を食べて、お腹を充填します。
雨が降ってきました。
122508s.jpg

さて、今晩の道の空いているうちに走ってしまいましょう。
今度は千葉県八千代市です。 明朝は、習志野陸事でランチアデルタの登録です。
夜の高速道路は気持ちよいです。
122509s.jpg

首都高から東関東道へ入って、習志野のパーキングまで来ました。
ここで寝ましょう。 ガソリンが少ないので、エンジンは止めておきましょう。 うー寒い。

おやすみなさい。 グー。





posted by ペプシマン at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルボ850エンジンマウント交換

12月24日、日曜日。

昨日預かった車の点検をします。
北米仕様のセリカスープラです。 左ハンドルです。
国内ではセリカXXでしたが、アメリカではXXはエッチなイメージなので輸出名はセリカスープラになっていたのは有名な話です。

アメリカの車は、日本やヨーロッパの車とは灯火類が異なる場合があります。
巻き込み防止のためのサイドマーカーが無かったり、後ろのウインカーが赤色だったりすることがあります。
この車も、よく見ると、日本国内のセリカとは違います。
122401s.jpg

オーバーフェンダーも違います。 
122402s.jpg

後ろの赤色サイドマーカーとスープラのステッカーが違います。
もちろんこの塗色も国内にはありません。
122403s.jpg

エンジンは5M−GEUです。国内のものとほぼ同じです。
国内仕様の改善箇所はOKです。 あとはベッド、コンロです。
122404s.jpg

次に、昨日、ターボを交換したジムニーのエンジンオイルを交換します。
かなり汚いです。
122405s.jpg

その次はジャガーのXJ−Sです。 ボンネットのワイヤーが切れました。
普通の車と違って、ボンネットを閉めるときは、フードを下におろし、室内のレバーで引き込みます。 そのワイヤーが切れてしまいました。
122406s.jpg

切れてしまったのではなく、ワイヤーの先端の球が取れてしまったのです。
122419s.jpg

このレバーのところでワイヤーを締め付けています。
122407s.jpg

今日板金屋さんでは、VWのタイプ1を塗っていました。
オリジナルの赤色だそうです。 美しいです。
122408s.jpg

さて、家に帰ってからは、ボルボのエンジンマウント交換です。
122409s.jpg

まずは右側のマウントです。
相当下がっています。
122410s.jpg

外したマウント左側と新品の右側です。
122411s.jpg

マウントの付いていたフレーム上面にはゴムの当っていたあとが付いていました。
122412s.jpg

ここが直接当っていたのでしょう。 エンジンの振動が直接伝わって来る訳です。
122413s.jpg

新品のマウントが付きました。
122414s.jpg

ここまでやって、ちょっと中断です。 バイクの引取りです。 車検だそうです。 仲間に一緒に行ってもらって、軽トラに積んで来ました。 今回は時間が無いので、そのまま車検も仲間にやってもらうことにしました。
BMWの650ccバイクです。
122415s.jpg

マウント交換の続きです。 今度は前側のマウントです。
外した部品右側です。 やはり、新品の左側より10mmくらい低くなっています。
122416s.jpg

これは後ろ側のマウントです。
122417s.jpg

これも外した左側はやはり低くなっていました。
122418s.jpg

マウント3箇所とも交換したボルボ850はエンジンを掛けても振動が伝わって来なくなりました。 とても静かです。 とてもよくなりました。
今日は深夜になってしまい、そっとお客さんの駐車場へ車を返して、終了です。 歩いて帰ってきました。

家族はどこか教会へ行って食事も済ませてきたので、コンビニ弁当のクリスマスディナー(カツ丼弁当)を買って食べます。

メリークリスマス
お疲れさん。




posted by ペプシマン at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

リビルトターボに交換です。

12月23日、土曜日。

今日は土曜日で、車検場もお休みなので、溜まっているお仕事を少しでもやってしまいましょう。 
けど、まずは、今日の仔犬の点検です。
122301s.jpg

さて、最初の車です。 ホンダシティカブリオレです。
チャージランプが点きっ放しで発電していません。 でんき自動車です。
122302s.jpg

リビルトオルタネーターと交換です。 フロントバンパーも外してやっと取れました。
122303s.jpg

取り付け後、電圧はエンジンを掛けた状態で14.4Vまで上がりました。
これなら大丈夫です。 直りました。
122304s.jpg

ブレーキオイルが減るそうです。 後ろのドラム内にオイルが漏れています。
内部はべとべとでした。 きれいに清掃します。
122305s.jpg

カップゴムを左右後輪交換しました。 これで漏れも止まるでしょう。
122306s.jpg

さて、次です。 自宅でデフを下ろしたE320のベンツです。
デフのミットシールを交換するのですが、工具が合いません。
2面幅30mmの大きなナットですが、深い位置にあり、しかも12角です。
122307s.jpg

ありったけの工具を探しましたが、6角のディープソケットが2つと12角のショートのソケットしかありません。 めがねレンチも入りませんでした。
またの機会までお預けです。
122308s.jpg

次はスズキのジムニーです。 ターボつきの軽自動車ですが、ブーストが掛かると白煙がもくもく出ます。 タービンのシールからオイルが漏れているのでしょう。 これはタービン交換しかありません。
122309s.jpg

インタークーラーつきのターボです。 タービンはかなり奥の方です。
122310s.jpg

順番に分解していきます。 鋳物のエキゾーストマニホールドです。 
よく見ると、割れています。 良くあることですが、割れ目から排気漏れするとうるさいです。 あまり割れると、ブーストも上がらなくなります。
122311s.jpg

タービンが外れました。 リビルトタービンと交換です。 
122312s.jpg

タービンのエキゾースト側にオイルの流れた跡があります。 これが白煙の原因でしょう。
122313s.jpg

タービンの不具合は大抵オイル管理の悪さから来ます。 オイル交換が少なかったり、高速回転のあと、すぐにエンジンを止めたりすると、タービンの給油パイプがオイルの固まったカーボンスラッジで詰まってしまいます。
特にタービンが熱いうちにエンジンを止めてしまうと、オイルが焦げて、カーボンがだんだんパイプの内側に溜まってしまいます。 オイル供給量が少なくなると、ターボが焼きつきます。 オイルストレーナーが詰まってしまうこともあります。 
今回はオイルのデリバリーパイプも新品に交換しました。
122314s.jpg

エンジンを組み上げて、ヘッドカバーのブローバイのホースを繋ごうとしたら、ホースが潰れています。 ブローバイホースが流れないと白煙の原因になります。 新しいホースを付けました。
122315s.jpg

これで完成です。 ちょっと試乗しました。 白煙は出なくなりました。
OKです。 

さて、夜飯を食べてから、納車に行くことにしました。
午前中修理したシティカブリオレです。
122316s.jpg

東京の世田谷です。夜なら高速で1時間くらいで行ける距離です。 夜23:00ごろに付きました。
そこで、ちょっと一休みしてから、同じ世田谷区内のお客さんの所へ送ってもらいました。 
24:00ごろでしたが、学生時代の同級生なので、無理を言って夜中に行きました。

車をあずかって帰り道にもう一軒寄るところがあります。
代車に自分の車を預けているのですが、その中に忘れ物です。
横浜関内から、磯子に行って、品物をやっと出せました。
相手が夜の仕事の人なので助かりました。
一緒にまたラーメン屋さんに行きました。 ご馳走になってしまいました。
122317s.jpg

そして、今日も帰ってきたのは明け方でした。 時計は4:13AMです。 家の前でメーターの写真を取りました。 さて、何の車でしょう。
122318s.jpg
 
今日もよく走りました。
明日は日曜日ですがお休みできません。 がんばりましょう。


posted by ペプシマン at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車検は3台、忙しく、慌てた一日でした。

12月22日、金曜日。

年末らしく忙しくなってきました。
朝も早起きです。 早起きといっても8:00ごろですが。
仔犬はおっぱいだけでなく、ドックフードを食べるようになりました。
無心に食べています。
122201s.jpg

さて、朝の引き取りは横須賀の浦賀です。 9:00ごろ車を預かると、急いで平塚の車検場へ一直線で向かいます。 けど2時間は掛かります。 走りながら車検書類を作成します。
途中から仲間と連絡を取り、エンジン載せ換えのアルファロメオを平塚の湘南陸事まで運んでもらいます。

2台とも11:00ごろに、車検場へ付きました。 テスター屋さんで調整をしてもらい、まずは浦賀のハリアーの車検を通します。 これは楽勝です。 
122202s.jpg

お昼前ぎりぎりで、アルファロメオを車検の新規検査コースへ突っ込みました。
構造変更なので、エンジン番号や車台番号の確認の他に、重量の測定や寸法の測定もします。  改造申請書の通りかどうかの確認をしたうえで、午前中ぎりぎりで検査合格しました。 
登録、納税、ナンバー取りつけ、封印は午後になってしまいましたが、どうせ午後もう一度来るのでこれでよしです。
車検証には備考欄に改申書の決済日と一連番号が記入され、「改造内容 原動機」と書かれます。 また原動機打刻位置も備考欄に書かれて、改造車らしい車検証になりました。
122203s.jpg

何とか間に合いました。 ゆっくりしている時間は無くすぐに近くの山のガレージに向かい、先日箱根から運んできたランチアデルタHFインテグラーレ16Vの整備をします。
ずっと乗っていなかったので不具合がかなりあります。
今日中に予備検査取得間に合うでしょうか。
122206s.jpg

途中、マックで買ったドライブスルーのハンバーガーを食べながら排気漏れを調べます。 
応急処置がされていましたが、巻いてあるものを外してみると、排気管は完全に折れています。
122204s.jpg

仕方ないので全部取り外して、溶接で修理してもらいます。
122205s.jpg

ブレーキの引き摺りも調節して、車検場へ向かいました。15:25分です。
車検の受付は15:45までなので、あまり時間がありません。
テスター屋さんで灯火類のチェックをすると、全然だめです。
ハイビームは片側点かない、バックランプは両側点かない、フォグランプも両側点かない、ウォッシャー液は全然でない、などなど・・。
配線を借りて、ヘッドライトを修理して、バックランプスイッチを加工して、ウォッシャタンクを探して水を入れ、点灯しないフォグランプは取り外して、15:45に何とかぎりぎりで受付だけ先に済ませて、16:00ちょうどに検査コースへ車を入れました。 検査は何とか合格できました。
いつもぎりぎりですみません。 検査官もまたかという顔です。
16:30ごろに登録課から予備検査証を受け取って、ひとまず落ち着きました。
122207s.jpg

アルファロメオを運んできてくれた仲間もずっと手伝ってくれて助かりました。 もう他の車はみんな帰ってしまいました。
122208s.jpg

山のガレージに一人で帰って、ランチアの灯火類をゆっくりやり直します。
すべて接触不良や配線カプラーの不具合などで、ゆっくり調べればちゃんと直ります。
トランスミッションのバックランプスイッチはずっと奥のほうでクラッチ交換を最近やっていなければ場所もわからなかったかもしれませんでした。
122209s.jpg

全部直って、最後に洗車までしてしまいました。 
122210s.jpg

もう一台、最初に車検を通したハリアーの不具合を調べます。
集中ドアロックが左後ろだけ連動しません。
122211s.jpg

ドアを分解してみました。これがロックの部品です。
122212s.jpg

さらに分解して、モーターだけにしました。 これが動きません。
ドライバーの柄で何度か叩いたら2-3回動きました。 しかし、また動かなくなってしまいました。 
122213s.jpg

これ以上は分解できないので、この部品を交換するしかありません。
結局動かないまままた組み上げました。

さて、納車です。 途中、仕事場に寄って伝票を作り、横須賀の浦賀に車を返しに行ったのは23:00ごろでした。
遅くなってしまって本当に済みませんでした。 実はとても忙しい一日だったのです。

自分の車に乗り換えて帰ってきました。
お疲れさん。車検場はあと来週の4日間しかやっていません。
年内すべて間に合うでしょうか。




posted by ペプシマン at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VW顔のスバルサンバー

12月21日、木曜日。

朝、起きましたが少々眠いです。 がんばりましょう。
今日の車検は軽自動車です。

スバルサンバーですが、VWバスの顔をしたやつです。
顔面は黒です。
122101s.jpg

車検の前にちょっとごみ捨てです。 オイルの丸缶に鉄ごみが溜まっていました。 知り合いの車屋さんが捨てる車があるそうなので、一緒にごみを捨ててもらいます。 よろしくお願いします。 ごみはすぐに溜まってしまいますね。
122102s.jpg

さて、サンバーの車検ですが、すんなりは行きません。 ワーゲン顔が付いているので、全長が150mmくらい長くなっており、軽自動車の枠からはみ出しています。 顔を元に戻します。 
このエアロパーツはねじで外せるタイプなので、お面をそっくり外します。
122103s.jpg

配線も外して、取り外します。
122104s.jpg

元のヘッドライトやコーナーランプ、バンパー他の部品を取り付けて出来上がりです。 サイドステップやリヤバンパーのエアロも外します。
122105s.jpg

すぐにお昼になってしまいました。
午後から車検場へ向かいます。
122106s.jpg

ベース車は比較的新しく、車検自体は難なく終了しました。
夕方になって戻ってきました。

今日は一台遠くの納車があります。 長く預かっていたポルシェです。
自走して、エアコンの具合を確かめながら納車に行きます。
場所は新宿です。 久しぶりに来ました。
お客さんに車を納めて、新宿駅まで送ってもらいました。
122107s.jpg

大きな駅から電車に乗るのは久しぶりです。
切符を買って改札を入るときびっくりしました。 前の人が改札の機械に携帯電話を当てていました。 これで改札が開くとはびっくりです。 
あとでみんなに話したら、ごく普通のことだそうです。
時代に遅れている自分にもびっくりしました。

駅まで妻に迎えに来てもらい、家に着くと0:00ごろでした。
今日は早寝できそうです。


posted by ペプシマン at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車検は一台、引き取り2台。

12月20日、水曜日。

今日は朝のうちに改造申請書を作ります。
やっとアルファロメオの資料が揃いました。
これで何とかなるでしょう。
内容は、異形式の原動機への載せ換えです。
122001s.jpg

内装屋さんがシトロエン2CVを持ってきてくれました。
樹脂部品剥き出しの内装を皮張りに作り直してくれました。
複雑な形状なのでかなり苦労したようです。 でもさすがです。 上手くできています。
122002s.jpg

助手席側もできています。
122003s.jpg

床張りのカーペットも作ってもらいました。 汚い靴では乗れませんね。
122004s.jpg

さて、車検に行きます。 行き道に原動機を載せ換えたアルファロメオを見に行きます。 書類だけ出来ていますが、まだ実車を見ていません。
アルファ145の初期型はアルファスッドから伝統の水平対向の4気筒ボクサーエンジンです。 正規輸入はされていません。 知る人ぞ知る車です。 
この車のエンジンはアルファ33という車のエンジンに換装されています。
これまた正規輸入車の無い車で、資料集めには苦労しました。
122005s.jpg

ボクサーエンジンの4カム16Vです。 車は車検前に少々手直しが必要そうです。 やはり並行輸入の車は何があるかわかりません。 見に来てよかったです。
122006s.jpg

帰り道にまた寄ることにして、車検の車を預かりに行きます。

車検で預かった車はトヨタのスターレットです。 事前の情報でステアリングラックブーツが切れているということでした。 部品は出掛けに部品屋さんで買ってきました。
お客さんの砂利の駐車場で交換です。
122007s.jpg

左右とも切れていました。
122008s.jpg

車検は夕方ぎりぎりに間に合いました。 
122009s.jpg

一段楽したところで、朝作った改造申請書を出して、車は今週中に持ってくるから決裁あげておいてくださいと頼みました。

帰りにまたアルファロメオの整備です。 車検もこれでばっちりでしょう。
122010s.jpg

スターレットを納めて、帰りました。
夜になって、電話がありました。 ランチアデルタの車検を頼みたいとのことです。 以前クラッチ交換で苦労した車です。
車は箱根にあり、登録は習志野だそうです。 年内は無理かもしれないと言ったのですが、車庫証明の期限が1月6日までです。 やはり年内にやってしまわなければなりません。 

日程が無いので、今晩、急遽箱根に車を取りに行くことにしました。
夜22:30ごろ出発です。 本当は今晩は横浜関内に車を取りに行く予定でした。
辻堂で仲間に付き合ってもらい、箱根に着くと、0:30くらいでした。
もちろん乗っていなかったのでバッテリーは上がっていました。
エンジンを掛けて出発です。
122011s.jpg

平塚の山の仲間のガレージに置かせてもらう約束をして、深夜に車を勝手に置かせてもらいました。 付き合ってもらった仲間を辻堂まで送ったら2:00AMくらいになりました。 遅くまでありがとうございました。

さて、もうひとっ走りです。 国道1号を走って、関内に向かいました。
夜のお店のお客さんは2:40AMごろでも待っていてくれました。
車を自分の車と入れ替えて、一緒にラーメンを食べて、かえって来ました。
家に着いたのは4:00AM過ぎでした。

よく走った一日でした。
おやすみなさい。





posted by ペプシマン at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンツ、デフシール交換

12月19日、火曜日。

今日の車検は軽自動車です。
東戸塚に預かりに行きました。
点検整備済みの車ですが、ちょっと自分でも点検してから、横浜の軽自動車検査協会へ行きました。
121901s.jpg

車検場もあまり混んでいなかったので、あっさり終了しました。
東戸塚に車を返して、乗ってきた車に乗り換えます。

その車は、お客さんから預かった車で、今日自動車オークションに出品します。 まず、新横浜の工場によって、洗車をします。 
オークションに出品する車はとにかくきれいにして持っていくのが鉄則です。
ついでに昨日書店リンドバーグで見つからなかったアルファロメオの資料をいろいろ見せてもらいました。 助かりました。
121902s.jpg

その後、本牧のオークション会場まで車を運びました。
売れると良いのですが。 セリは土曜日です。

知り合いに自宅まで送ってもらいました。 ありがとうございました。

帰って来ると、夕飯を食べてから、ベンツのE320カブリオレの作業の続きをします。

今日はリヤデフ下ろしからです。 ねじは強烈に固く締まっています。
オイルも抜いてあったのに、かなり重たいです。
何とか降ろせました。 オイルシールからオイルが滲んでいます。
121903s.jpg

プロペラシャフトとの結合部分はゴムのディスクジョイントです。 これは消耗品でゴムが切れると、加速減速のときにショックが出ます。 この車はまだ大丈夫です。
121904s.jpg

デフマウントのゴムもだめになります。 これも加減速のときに大きなショックが出ます。 これもまだ大丈夫です。
121905s.jpg

さて、 デフのシールの交換です。 デフのサイドシールはサイドフランジを抜いてから交換します。 国産車などは大抵サイドフランジはCリングで止まっていて、強く引っ張れば抜けます。 しかし、ベンツのサイドフランジは引っ張っても抜けません。 
121906s.jpg

デフを下ろして、カバーを開けて、内部のクリップを外してやっと取れます。
クリップは針金を結んで引っ張れば抜けます。
121907s.jpg

これでサイドフランジが抜けました。
121908s.jpg

オイルシールを新品に交換します。 圧し込み代に注意です。
121909s.jpg

左右ともシールを交換して、リヤのカバーを締めます。
このカバーのねじは6角レンチではありません。 トリプルスクウェアという正方形が3つ重なった12角の工具を使います。 サイドフランジのねじも同じものです。 正しい工具で締めましょう。
121910s.jpg

あとは前側のミットシールです。 これは次回にしましょう。
ねじが奥まっていて回すのが大変です。
121911s.jpg

今日はここまでです。
お疲れさん。

posted by ペプシマン at 11:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニカ車検、BMW525車検。

12月18日、月曜日。

今日は車検の仕事です。
預かりに行った車は三菱のミニカです。
事前の情報で、左テールレンズが割れているそうなので、中古部品を先に手配してありました。 早速交換です。 
121801s.jpg

レンズだけではなく、リヤゲートもベコベコです。 とりあえずレンズだけ交換しましたが、10mmくらい引っ込んでしまっています。
121802s.jpg

車検はこれでもOKですが、雨が降ったら水が浸入してしまいます。
帰ってきてから、ゲートも中古に交換します。
今は時間が無いので車検場へGO。
121803s.jpg

午前中に検査終了しました。
一旦戻って、車を入れ替えます。
今度はBMWの525です。 これは新しい車です。 初めての車検です。
インパネやカーナビも今の日本車並みに近代的です。
121804s.jpg

車検ももちろん難なく終了です。
121805s.jpg

車検のステッカーを張替えます。
この古い大きな紙のステッカーはもう張替えるのもこれで最後ではないでしょうか。
121806s.jpg

来月でステッカーが小さくなってから3年になります。 もう、今年は新車で3年車検の車にしか、この紙の大きなステッカーは残っていませんでした。 それも今月でお終いです。 車検切れの車以外、もうこの紙のステッカーを剥がすこともなくなります。 
今度のステッカーは小さいビニールのステッカーです。
121807s.jpg

さて、BMWを納めると、午前中車検に行ったミニカのリヤゲート交換です。
配線もあまり無くて、取り外しは意外と簡単でした。
121808s.jpg

中古のリヤゲートを付けてみると、テールレンズと当ってしまい、うまく閉まりません。 結局、板金屋さんで少しテールランプの取りつけ部分などを引っ張り出してもらいました。
引っ張るところにクランプを付けて、大きなスライディングハンマーで引っ張り出してもらいます。
121809s.jpg

10mm以上引っ張って、ハンマーで叩いてやっとレンズが合ってきました。
121810s.jpg


レンズを取り付けて、灯火類の再チェックをすると、納車です。

その後、自分で調子の悪いベンツを治している友達の家に寄りました。
フューエルデスビを外しています。 
この部品はとても精密で調整が微妙なのでこれ以上分解しないほうが良いです。
121811s.jpg

さらにその後、東京世田谷の、車の本の専門店、リンドバーグまで走りました。 調べたい物があります。
121812s.jpg

お店で、閉店の0:00間で調べ物をしましたが、あまり良い資料はありませんでした。 1:00AMごろ帰ってきて、寝ました。
お疲れさん。


 
posted by ペプシマン at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

仔犬の成長記その2

12月17日、日曜日。

その後の仔犬の成長記録です。
もう我が物顔で部屋中歩き回っています。

クリック拡大。
121710.jpg
121701.jpg
121702.jpg
121703.jpg
121704.jpg
121705.jpg
121706.jpg
121707.jpg
121708.jpg
121709.jpg

posted by ペプシマン at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

E320修理の続き

12月16日、土曜日。

今日は、ベンツの修理の続きをやりましょう。
先日、フロントカバーの「コの字シール」を替えた車です。
プーリーを付けて、ベルトを張ります。
121601s.jpg

隙間が狭いので、ラジエターには傷をつけないようにダンボールを張っておきます。
121602s.jpg

ベルトを張ったら、冷却水を入れます。 ベンツはクーラントは青色です。
純正のクーラントが良いですね。
121608s.jpg

次はパワーステアリングのオイル交換です。 ポンプに一体のタンクが付いています。
121603s.jpg

蓋を開けると、黒いオイルが現れました。 しかし、黒いといっても真っ黒ではなく、まだ綺麗なほうです。
121604s.jpg

オイルを吸いだしました。 タンクの底にはフィルターが付いています。
121605s.jpg

フィルターとタンクキャップのOリングは新品に交換します。
121606s.jpg

新しい純正のオイルはこんな色です。
121607s.jpg

しかし、エンジンを掛けて、2-3回ハンドルを切ると、古いオイルと混ざって、またすぐに黒くなってしまいます。 
そこでまた吸出し、新しいオイルを入れます。 3回程度、交換しました。

次はエンジンハーネスの修理です。 この車のエンジンハーネスは熱のせいもあり、すべて、被服が勝手に剥けてしまいます。
この車も、程度は悪くは無いですが、何箇所かハーネスの被服が剥けています。 
これはカムのセンサーです。 配線の芯が見えています。
121609s.jpg

水温センサーのカプラー付近もだめです。
121610s.jpg

カプラーは、樹脂の部品を外して、修理します。 
121611s.jpg

熱収縮チューブをかぶせて、被服を作ります。
121612s.jpg

樹脂のカプラーをまた被せます。
121613s.jpg

水温センサー付近も同様に修理します。
121614s.jpg

そして、最後の修理は、リヤのデファレンシャルギヤのオイル漏れの修理です。
サイドフランジ付近からオイル漏れしています。
121615s.jpg

まずは、デフオイルを抜きます。 ちょっと汚いです。 歯当たりがよくないのでしょうか。 
121616s.jpg

もう、深夜になってしまったので、今日はオイルを抜いて終わりにしました。
途中、お客さんが来たりして何度も中断したので、全部できませんでした。
またがんばりましょう。

お疲れさん。







posted by ペプシマン at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ジャガー修理

12月15日、金曜日。

今日は、ジャガーの修理を終わらせてしまいましょう。
まずは水平な所でエンジンオイルの分量を調整します。
割れたオイルパンから漏れていないか、再度調べます。 OKです。
121501s.jpg

XJ−Sでも、このテールの形状は最終型でしょうか。 あまり見ません。
121502s.jpg

その後、試運転です。 一回り走ってみました。
何か、下のほうでカチャカチャと音がします。
どこかねじの締め忘れでしょうか。 ジャッキで上げて、再度点検をします。
121503s.jpg

締め忘れは無いようです。 何の音でしょうか。 もう一度走ってみます。
何か、マフラーの遮熱板がカチャカチャ言っているのでしょうか。
しかし、どこも緩んではいません。 O2センサーの配線が音を出しているのでしょうか。 
121504s.jpg

足回りの部品もすべて、ねじは調べなおしましたが、どこも緩んではいないようです。
121505s.jpg

室内やフェンダーの下側など、何度も調べなおしましたが、何の音かわかりません。
いろいろいじくっている内に、音は少し小さくなったような気がしますが、やはり、どこかで音がしています。
夜になるまで、ずっと調べましたが、結局何の音かわかりませんでした。

その上、ボンネットを閉めるためのワイヤーもちぎれてしまい、何もできなかった一日になってしまいました。

おかしいなぁ。
posted by ペプシマン at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

セレナ、構造変更。

12月14日、木曜日。

仔犬はまた少し大きくなりました。
121401s.jpg

今日は、昨日の夜中に預かりに行った車の車検です。
今回、名義変更と構造変更検査です。
行き道に、上大岡の新しい持ち主に会い、車庫証明や印鑑証明を受け取りました。
そのまま横浜の車検場へ向かいます。
121402s.jpg

このセレナは、当時、維持費が安くて経済的だった理由から、88ナンバーの特殊用途 キャンピング車として登録されていました。
しかし、現在はあまりメリットがないということで、今回、乗用 ステーションワゴンに構造変更です。

注意が必要なのは、車両重量を再測定したときに1500kgを超えないようにすることです。 重量税が高額になってしまいます。 車両重量は1500kg、総重量で1940kgです。 ぎりぎりOKです。

何とか上手くいきました。
121403s.jpg

登録課に書類を出して、車検証が出るまでの間に、近くの軽自動車検査協会へ名義変更へ行ってきます。 時間が無いので急いで済ませます。
121404s.jpg

普通車の車検場へ戻ると、車検証ができていました。 納税、ナンバープレートの取りつけと済ませ、お昼ぎりぎりに新しいナンバーが封印されました。
121405s.jpg

急いで帰ると、車の入れ替えです。 
今度の車は日産アトラス1t車です。
天気予報では夕方から雨が降りそうなので、時間が無いのですが、オイル交換だけ先にやっておきましょう。
フィルターを換えるのにアンダーカバーを外さなければなりません。
背の高い車なので屋根の下には入りません。 雨が降ってからではたまりません。
121406s.jpg

オイルフィルターやバッテリーにはなるべく交換した日付や距離を書くことにしています。 目安になります。
121407s.jpg

同時に燃料フィルターとエアーフィルターも交換しました。 
排ガスの黒煙検査がある車です。 エアーフィルターが詰まっていると、黒煙が出てしまいます。

そして、また横浜の車検場へ走りました。
121408s.jpg

時間ぎりぎりで間に合いました。 検査も合格できました。
すぐに暗くなってきました。 日が短くなりました。

また別の工場でジャッキを借りて、ブレーキパッドの交換です。
いつもお世話になります。 
121409s.jpg

終わって帰る頃に雨が降り出しました。 何とか予定は終了しました。
一旦トラックを納めて、セレナで仕事場に戻ると、2台分の伝票を作ってからセレナを届けに行きました。

今日も夜中になってしまい、結局お客さんとは会えずに、自分の車と勝手に入れ替えて帰ってきました。

お疲れさんでした。 来週以降はどんどん忙しくなりそうです。 がんばりましょう。

posted by ペプシマン at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャガーのトリムクリップ

12月13日、水曜日。

今日はまず、長く預かっているジャガーの作業です。
121301s.jpg

Aピラーの裏側のトリム部品が剥がれてきてしまいます。
樹脂クリップで止められているのですがすぐ外れてきます。
121302s.jpg

クリップを新しいものと交換します。 一つのトリムにクリップを二種類で場所によって使い分けています。
車体側の受けの部品も新品にします。
121303s.jpg

左の2本は付いていた部品です。 過去に白いシリコンで抜け止め処置をしたようです。 やはり右の新品に交換するのが一番です。 奥にあるのが車体側の部品です。
121304s.jpg

左右で12箇所クリップを交換しました。
121305s.jpg

さて、お昼からは車検です。 預かった車はカローラバンです。
料亭さんの仕入れの車で、魚の匂いのする車です。
距離もあまり走っていないので、点検を済ませて、すぐに車検場へ走りました。

検査は順調に終了しました。 車検場仲間とお茶を飲みながら休憩していると、お客さんから問い合わせです。

スバルのATオイルのフィルターの部品が夕方までにどうしても欲しいそうです。 部品屋さんに電話で在庫を調べてもらいました。
部品屋さんの回答は、藤沢の遠藤のスバルの部品の本部に在庫があると言うことです。 ちょっと遠回りですが、帰りに寄って部品を貰って帰る事にしました。

時間がありません。 写真を撮るのも忘れて、車検場から、スバルの部品倉庫へ向かいました。 そして、部品を受け取ると、仕事場へ戻ります。
部品は途中まで取りに来てもらって間に合ったようです。

カローラワゴンを納めて、明日の車検の車の書類を貰いに行きました。
雨も降っていたので、今日は終わりにしました。

posted by ペプシマン at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

軽トラ、構造変更。

12月12日、火曜日。

今日は、朝、車検の軽トラを預かりました。
軽トラに部品と工具箱を積み込むと、次はタイヤ屋さんに向かいます。
頼まれていた作業は2つです。

まずは、ベンツのコーナーポールの取りつけです。
今日もまた見慣れたW124のE320のセダンです。
121201s.jpg

ポールの取りつけブラケットを付けるには、バンパーを外す必要があります。
バンパーの取りつけステーに共締めでブラケットを固定します。
121202s.jpg

バンパーを付けて、ピカピカのコーナーポールが付きました。
ベンツマークも輝いています。
121203s.jpg

次は、トヨタカリブです。
ドアミラーの格納モーターが回りっ放しでうるさいです。
同色の中古ドアミラーに交換です。
121204s.jpg

ミラーは内側から固定しています。 しかも配線は内装トリムを剥がさないと、カプラーが見えてきません。
121205s.jpg

交換後、動作確認をして、終了です。 

さて、もうお昼です。 そのまま、車検場へ向かいました。
横浜の軽自動車検査協会です。 午後一番の検査です。
121206s.jpg

この軽トラは、大工さんの車です。 長い材木などを積んだときのために、キャビン後ろの鳥居を上方へ延長しています。
4cm以上の全高変更は、構造変更して車検証の全高を変更するか、鳥居を外して車検証の寸法に車を合わせるかのどちらかしなければいけません。
121207s.jpg

大工さんはこのまま車を使うので、今回の検査で構造変更して、車検証の寸法を変更することにしました。

全高変更して、新しい車検証ができると、次は、近くにある普通車の車検場へ名義変更に行きました。 
これは書類だけで済む名義変更なので車の持ち込みは無しでできました。

車検場でこんなトレーラーを見ました。 飛行機かグライダーを格納して運ぶトレーラーみたいです。 かなりオーバーハングが長そうで運転しづらそうです。
121208s.jpg

さて、帰ってきて、軽トラを納車すると、ベンツのE320カブリオレの整備の続きです。
今日はエンジンのフロントカバーのコの字シールの交換です。
121209s.jpg

まずはインテークダクトや点火系の部品を外します。 配線の被服は割れ易いので、なるべく配線は動かさないように作業します。
121210s.jpg

カムカバーを外します。 内部はとてもきれいです。 今までのオイル管理が良かったのでしょう。 
121211s.jpg

部品を外していくと、オイル漏れ箇所が見えてきました。 ここです。
121212s.jpg

まずはパーツクリーナーできれいに洗っておきましょう。 ごみが内部に入ると大変です。
121213s.jpg

フロントカバーを外す前に、ここのキャップを外します。 この中にチェーンガイドのピンが入っています。 このピンを先に抜いておくと、あとの作業がやり易いです。
121214s.jpg

ピンの中心には引き抜くためのねじが切ってあります。そこにボルトを入れて引っ張ればよいのですが、なかなか抜けません。
専用工具があるのですが、持っていません。 いろいろがんばったのですが、この車はピンは抜けませんでした。
121215s.jpg

ピンは抜かなかったけれどフロントカバーは外せます。 ここでコの字シールの登場です。
以前の部品は黒色でしたが、今回の部品は緑色です。 過去にも交換した事があるのか、シリコンシーラントを塗った後組み立てた形跡があります。
121216s.jpg

フロントカバーの裏側にOリングがあります。 これも新品に交換します。
121217s.jpg

今のうちに、ファンベルトのテンショナーのダンパーも新品に交換します。
121218s.jpg

この部品も、エンドブッシュにガタが出るとカチカチうるさいです。
今回の車も、ブッシュはもうすぐ抜けてしまうほど緩くなっていました。
121219s.jpg

コの字シールを交換して、フロントカバーを取り付けます。 コの字シールが折れていないかよく確認して、組み付けます。
その後、ヘッドカバーも取り付けます。
ヘッドカバーパッキンと、プラグホールの丸いパッキンを新品にします。
この車はプラグホールのパッキンが弱っていたのかプラグホールにオイルが溜まっていました。
121220s.jpg

プラグをすべて清掃して、点火コイルや蓋を付けてダクトを繋ぎます。
121221s.jpg

今日も遅くなってしまったのでここまでにしておきます。
お疲れさん。

posted by ペプシマン at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェアレディZ、88ナンバー車検。

12月11日、月曜日。

さあ一週間の始まりです。
今日も車検はベンツです。
今日のベンツもW124です。今日のW124は300Eのステーションワゴンです。 10数万キロ走っていますが、とても大切にされていて、程度はよいです。 湘南の車検場へ持ち込みました。
121101s.jpg

この車はよくヘッドライトの反射板が曇ってしまい、ライトの光量が足りなくなってしまいます。 この車は、左右のヘッドライトとも明るさもばっちりでした。
121102s.jpg

湘南の車検場には新車のアルファロメオブレラが何台か来ていました。 なかなかかっこ良いです。
121103s.jpg

ベンツは無事車検終了して、茅ヶ崎に車を入れ替えに行きます。

今度の車は日産のフェアレディZです。 Z32ですが、いろいろ改造されています。
バケットシートにロールバーが入っています。 
121105s.jpg

車高が低すぎるので車高を上げてから車検場へ行かなければなりません。
それよりも、この車はキャンピングカー登録の88ナンバーです。 ベッド、コンロを確認します。 ちょっと手直しして、要件はOKです。 

書類を書いていたら、書類不備もあり、ちょっと手間取りました。しかし、午後の検査時間ぎりぎりの16:00にやっとのことで検査合格しました。
コースから出ると、もうすぐに検査コースのシャッターが閉まり始めました。
121104s.jpg
慣れているとはいえ、この手の車を持ち込むときはちょっと気を使います。 疲れました。

また今日も遅めの昼食を食べてから、Z32を納車して、そのあとベンツのワゴンを納車しました。 

仕事場に戻ると、荷物が届いていました。 中身はコンデンサーとカメラです。
家に帰って、今日は車の作業はやめて、カーナビの修理をすることにしました。

先日、分解して、電解コンデンサーが破裂していたカーナビです。 その時のメモから、同じ容量のコンデンサーを買って送ってもらいました。
早速交換してみましょう。 コンデンサーは3個です。
121106s.jpg

おや、送ってもらった物を付いているものと比べると、ちょっと痩せで、背高です。 これでは、高さが高すぎて、ケースに当ってしまいます。
121107s.jpg

諦めようかとも思いましたが、コンデンサーの交換だけで直るかどうかだけでも調べたかったので、半田吸いで半田を吸い取って、古いコンデンサーを外すと、無理をして、新しいコンデンサーを付けてみました。
121108s.jpg

これで動けば、まあ良しとしましょう。
ケースを組み立て、DVDを入れて、シガーソケットを付けると、車に持って行って、プラグを差し込みました。 電源を入れてみました。 ・・・だめです。 動きません。 何も反応しません。 症状は変わりませんでした。  ・・・残念。  どうも電気の修理が上手くいきません。  コンデンサーを元のものに付け替え、電装品修理屋さんにお願いすることにしました。 

もう一つ、修理をお願いしていたカメラが直ってきました。 こちらはばっちりです。 外装部品もすべて新品に交換してもらったので、とてもきれいです。 これで日記の写真もばっちり撮れます。
121109s.jpg

明日もがんばりましょう。 2:00AMです。 あーぁ眠い。





posted by ペプシマン at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

仔犬の成長記その1

12月10日、日曜日。

仔犬の成長記録です。
11月19日と20日生まれの仔犬たちは、約20日たって、やっと目が開き、よちよち歩きし始めました。
121001s.jpg

まだ目はあまり見えてはいないようです。
おっと茶々ちゃん、そのスタイルはお尻から何か出そうだぞ。
121002s.jpg

寝ている姿はこんな感じです。 鼻先が黒くなって、少し仔犬らしくなってきました。
121003s.jpg
posted by ペプシマン at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンツ、ポルシェ、並行作業です。

12月9日、土曜日。

今日最初はベンツE320カブリオレの整備の続きです。
昨日やりかけたATオイルクーラーのホースの交換です。
ホースを2本とも交換しました。
120901s.jpg

良くオイルの滲む部品です。
120902s.jpg

フロントブレーキのローターを外しました。
120903s.jpg

パッドの当る部分だけローターも磨り減って、最外周と内周より一段下がっています。 ローターもブレーキパッド交換2回に一回位交換するのですが、今回はまだもったいないので研磨して段を取ってもらうことにしました。
120904s.jpg

ブレーキ屋さんに研磨してもらっている間に、先日エバポレーターを交換したポルシェのクーラーガスを入れます。 まず、真空引きをして、真空を保持できるか確認です。
すぐにメーターが上がってきてしまうようなら、どこかに漏れがあります。
漏れはなさそうです。 エンジンを掛けてガスチャージをします。配管が長いのでガスがたくさん入ります。
120905s.jpg

そうこうしている間に、ローター研磨ができたそうです。
取りに行ってきました。 とてもきれいになりました。
120907s.jpg

これで新品のブレーキパッドと組み合わせれば利きもばっちりでしょう。
120908s.jpg

W124では珍しい、フロントの4ポッドキャリパーです。
120909s.jpg

さて、次はエンジン本体からのオイル漏れ修理です。 あの悪名高き「コの字シール」の交換です。
作業は少し大掛かりです。 今日はファンベルトとシュラウドを外すくらいまでにしました。
120906s.jpg

今度はポルシェのオイル交換です。
これもやり方を知らないとできない作業です。
最初に詳しい人に電話でやり方を教えてもらいました。
エンジンを一旦温めます。 
まずはドライサンプのオイルタンクからオイルを抜きます。
だいたい7−8リットルくらいここから抜けます。
120911s.jpg

次に、エンジンのクランクケースの下部から抜きます。 2リットルくらいでしょうか。
120910s.jpg

ドレンボルトを締めた後、オイルフィルターを交換します。
そして、新しいオイルをタンクに入れていきます。
分量は抜けたオイルより少し少なめだそうです。
120912s.jpg

エンジンを再び温めます。 フロント右フェンダー内にあるオイルクーラーにサーモが開いてオイルが回り始めるまで暖めます。
今は気温が低いのでなかなか温まりません。 強制空冷の空気を吸わないように、吸い込み口をダンボールで塞いで暖めました。
120913s.jpg

油温計の針が半分より上の状態で、油量計の針とタンクのレベルゲージを見ながら適量になるまでオイルを足していくそうです。
120915s.jpg

10リットル位入りました。
120914s.jpg

ほぼ完成です。 クーラーガスがまだ足りないですが、買って来ないともう使い切ってしまいました。
120916s.jpg

今日はここまでです。

来週からとても忙しそうです。 頼まれている仕事を紙に書き出してみたら30項目以上あります。 車検だけでもも10台以上あります。 これからさらに増えていくでしょう。 年内に終わるでしょうか。 よく年越し整備になる年があります。 今年は乗り切れるでしょうか。 

がんばりましょう。






posted by ペプシマン at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コルサ、E320カブリオレ、車検。

12月8日、金曜日。

朝、第三京浜のパーキングで目を覚ましました。
今日も寝すぎて、ETCの深夜割引の時間帯を過ぎてしまいました。
120801s.jpg

急いで帰って、すぐに昨日の夜の続きの作業をします。
E320カブリオレのタイロッド交換です。 最後の左側のタイロッドを外して、長さをだいたい合わせて取り付けです。
120802s.jpg

右側のタイロッドです。
120803s.jpg

センターロッドとステアリングダンパーです。 これは良くなりそうです。
120804s.jpg

左側のタイロッドも取り付けてタイヤをつけて、車を下ろします。
その場でハンドルを切ってみると、以前のゴトゴト音はしなくなりました。とてもよいです。 ダンパーが効くようになってハンドルが重くなるかと思ったのですがあまり変わりません。 多分路面からのキックバックが少なくなるのでしょう。 走ってみるのが楽しみです。

そこまでで中断、車検の車を預かりに行きます。 トヨタのコルサです。
急いで点検を済ませて車検場へ走ります。
時間ぎりぎりで、午前中の検査に間に合いました。
120805s.jpg

またまた急いで帰って、オイル交換をして、納車です。
120806s.jpg

今日は金曜日なので、ベンツのカブリオレも今日中に車検を受けておきたいです。 朝、タイロッド類は替え終ったので、時間さえ間に合えばOKです。 まだ大丈夫です。 がんばって書類を書き上げて、車検場へ走ります。

テスター屋さんで念入りにサイドスリップ調整をして、ハンドルセンターも合わせました。 これがあるので車検前にタイロッド類を替えておきたかったのです。

16:00夕方ぎりぎりでベンツの車検も無事間に合いました。 ただ急いでいたので写真は撮り忘れました。

遅い昼食を食べながら帰ってきました。
やっと一息です。

帰ってから作業の続きです。
E320カブリオレはアンダーカバーを外すと、結構オイル漏れがあります。 ATオイルクーラーのホースから滲んでいます。 
120807s.jpg

ホースのカシメの部分から漏れているようです。
120808s.jpg

ホースを替えようかと思ったのですが、今日はお風呂に入って寝たいので明日替えることにしました。

お疲れ様でした。 


posted by ペプシマン at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。