2006年12月17日

スタッドレスタイヤは早くも品薄です。

12月7日、木曜日。

朝一番は、タイヤ屋さんに行きます。
ハイエースのタイヤ交換です。

スタッドレスタイヤに組替えです。 以前にタイヤ屋さんに電話で確認したときの話です。
ハイエースのバン用のスタッドレスタイヤですが、種類と見積もりもらえますか。 と言うと、すみません、ハイエースのバンのスタッドレスタイヤは品薄で、種類を選ぶ余地はありません。 しかも、在庫はあと一台分のみで、これが売れてしまうと、年内の入荷はもうありません。 次、いつ入るかもわかりません。 と言います。
お客さんに話をすると、見積もりは良いから、そのタイヤを確保しておいてください。 と言うので、取っておいて貰いました。

今日、やっと組替えです。 これが最後の1セットのタイヤです。 BSの新製品です。
120702s.jpg

早速、組替えてもらって、帰って来ました。
120701s.jpg

次は、ポルシェの修理です。 永いこと待っていたエアコンのエバポレーターが本国ドイツから届きました。
早速交換です。 古いエバポレーターを外しました。 ひどく錆びている上に、エバポレーターの吸い込み側には21年分のごみがべっとりと付いています。 これではたとえエバポレーターが冷えていても、風量が上がらずに冷却性能も上がりません。
120704s.jpg

新品と比較です。 形状は同じです。 とてもきれいです。
120703s.jpg

エバポレーターの入る部屋の中も清掃しておきましょう。 またごみが詰まってしまったらまた冷えなくなってしまいます。
120705s.jpg

ブロワーファン一体のケースに入れて、車体に収めます。
120706s.jpg

ダクトも穴あきなので、新品にしました。
120707s.jpg

やっと完成間近です。
120708s.jpg

ここで、作業中断して、車の引取りです。
横須賀の芦名です。 預かった車はベンツのW124のカブリオレです。
かなり珍しい車です。 最近W124は稀少車に良くめぐり合います。
120709s.jpg

部品もたくさん預かってきました。 修理項目は結構あります。
まずは足回りの部品交換から始めます。
ジャッキで持ち上げて下回りを見て気づきました。 カブリオレだけのボディ補強材が斜めに入っています。前後とも補強の骨が入っていました。
120710s.jpg

タイロッド左右とセンターロッドを交換します。 古くなるとなかなか外れません。 苦労して、やっと右側のタイロッドとセンターロッドが外れました。 ステアリングダンパーも外せました。
120711s.jpg

ステアリングダンパーは見た目は多少オイルが滲んでいる程度なのですが、スカスカになっています。 ダンパーの感覚はゼロです。 5万キロ代の走行距離でもダンパーが抜けてしまう車もあるのですね。 やはり10年の年月で何が悪くなるかはわからないものです。

深夜になってしまって、あまり大きな音も出せないので今日は左側は諦めました。

そのあと、ハイエースを納車に行きました。東京の中野です。
また23:00ごろになってしまいました。
帰り道は入れ替えでトヨタのRAV4を預かりました。

いつものように第三京浜のパーキングで寝てしまいました。
なんて寝心地の良いパーキングエリアなのでしょう。

また明日がんばりましょう。
posted by ペプシマン at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カローラワゴン納車。

12月6日、水曜日。

今日の車検は、先日自動車オークションで買った車です。
昨日、市役所で仮ナンバーを借りてきました。

朝のうちに、バッテリーとワイパーブレードを新品に交換すると出発です。
まずは印鑑証明と委任状を貰いにお客さんの家へ向かいます。
横須賀市の浦賀です。 書類を貰うと、そこから横浜の車検場へ向かいます。
車検場はちょっと混んでいます。
120601s.jpg

検査、登録、納税、ナンバー取りつけ、封印と済ませると車検場を後にします。

近くの工場へ行きます。
ジャガーのETC付けと、シトロエンCXのオイル交換です。
120602s.jpg

リフトを借りて、オイルフィルターを交換します。 外しにくい位置です。
そして、オイルをドレンプラグから抜きます。
120603s.jpg

指定のオイルは20W−50というかなり硬いオイルです。 4リットル少し入りました。
120604s.jpg

シトロエンは油量のメーターが室内に付いています。 メーターとエンジンのレベルゲージを見ながらオイル量を調整します。

暗くなる頃に終わらせて、帰ります。 帰り道にカローラのお客さんに電話を掛けて、今から納車に行きたいと連絡します。
20:00過ぎに浦賀へ納車です。
お客さんの家に着くと、ETCとカーナビを今まで乗っていた車から移設して欲しいと言います。 
カーナビの取り外し、取り付けなんてそんなに簡単なものではありません。
セットアップはできませんでしたが、家の前で場所を借りてETCだけ付け替えました。

カーナビは外しておきます。といって、下取り車に乗り換えて帰ってきました。 
帰ってきてからカーナビの取り外しです。  外すほうはまだ簡単です。
しかし、今のカーナビはテレビアンテナや車速信号、バックランプ信号、バッテリー電源やACC電源など配線が大変です。
その他にパネルの取り外しやチューナーユニットの取り外し、ディスプレーの取り外しなどもあります。
120605s.jpg 

TVアンテナ以外は取り外して、純正のカーナビを取りつけ、今日はおしまいにしました。
1:00AMくらいになってしまいました。
おやすみなさい。
posted by ペプシマン at 18:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンツ修理、上手くいきません。

12月5日、火曜日。

車検の車を引き取りに行きました。
今日の車はスズキアルトです。

点検を済ませて、車検場へ行きました。
今日は湘南の軽自動車検査協会です。
午前中に終了しました。
120501s.jpg

その後、牛丼屋さんで昼食を済ませて、二の宮へ向かいました。
昨日、イグナイターとトランジスターを組替えたベンツのECUを取り付けるためです。
W124のE220です。 とても珍しい4気筒エンジンの車です。
120502s.jpg

ECUはバッテリーの奥に付いています。 6気筒エンジンと同じ位置です。
とりあえず配線カプラーだけ繋いで試してみます。
120503s.jpg

さて、エンジン始動です。 
キュルキュル・・ブォーン・・。 掛かりません。 
初爆はあるのですが、続きません。 何度やってもだめでした。
点火系を確認してみます。 プラグには4本とも火は飛んでいます。
修理は成功しているように思えます。
エンジンの掛からない状況はこのE220にC200のECUをつけたときと同じです。
初爆だけあるので、盗難防止装置が効いているときのような感じです。

良く考えて見ます。 今の状態はE220のECUにC200のイグナイターの基盤とトランジスターを2つ移植した状態です。いつもの修理と同じです。
エンジンが掛からなくなる可能性があるとすればロムを一度外して、C200のECUに取りつけたことが関係あるのでしょうか。
新品のECUを買ったときにはまずECUの中に車台番号やAT/MTの違い、触媒の有無などを書き込んでから取り付けるようです。 書き込んであったデータが消えてしまったのでしょうか。

ひとまず、これ以上現車でどうにもならないので、車を離れて、いろいろ調べます。 電話で詳しい人にいろいろ聞きますが、ECUを修理した人はいないし、ロムを外してまた付けた時、内容が消えてしまうかどうかも判りません。
残念ですが、今日はここまでです。ECUを外してまた持ち帰ります。
帰ってから、また調べます。 以前買ったベンツの技術資料のWIS(Workshop Information System)で調べます。 とても使いにくい資料ですが、2時間くらい調べました。 判ったことはとにかく、ECUを付け替えたらディーラーの機械と繋いでコーディング(coading)するということです。
コーディングとはコードを打ち込むと言うことで、例の車台番号他のデータを書き込むことです。 今のECUのコーディングをし直せばよいのでしょうが、車とセットでディーラーに持ち込まなければなりません。
もう一つ判ったことは、CクラスやW124の最終型の一部などはリモコンキーによる開錠を正常にしないとエンジンが掛からなくなる(初爆のみ)機能がある事です。 鍵がジャックナイフ形になって、緑と赤の表示ランプが付いてからの車です。
車が近くにあればもっといろいろ試せるのですが、また調べてやってみるしかありません。

すっかり時間を使ってしまいました。
車検に行ったアルトの整備は暗くなってしまってからです。
オイル交換など急いで終わらせます。
120504s.jpg

納車はずいぶん遅くなってしまいました。 すみません。

今日は車が治らず残念でした。 またがんばりましょう。


posted by ペプシマン at 17:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

ベンツECU、ロム交換ではだめでした。

12月4日、月曜日。

朝一番にETCの出張取りつけです。
すぐに終わらせました。 車検に行かなければなりません。

今日の車検はベンツのCクラスです。
藤沢に引き取りに行ってから、そのまま湘南の車検場へ向かいます。
比較的新しい車なので車検は楽です。
120401s.jpg

車検場の仲間としばらく話をしてから車検場を出ました。
120402s.jpg

近くの山の上の仲間のガレージへ行きました。
ちょっとジャッキを借りてシフトリンケージのブッシュを交換しました。
よく壊れる部品です。 圧し込むのにちょっと苦労します。 先に油を塗っておくのがコツと言えばコツです。
120403s.jpg

その後、二ノ宮へ向かいました。 先日、ロムを入れ替えたベンツのECUを試しに行くためです。 もう一週間経ってしまいました。
W124の220Eです。 C200のECUに220Eのロムを入れたものです。 これで点火の不具合は無いはずです。
ECUを取り付けて、キーを回します。 キュルキュルキュル・・ブゥーン・・ だめです。 初爆はあるのですが、続きません。 やはり、C200のECUではだめなのでしょう。

今日は諦めて帰ることにしました。

帰り道にベンツを納めて、自宅へ帰ります。
夕食も程ほどにECUの改造です。
今まで修理した残りの部品取りのECUをたくさん集めて調べながら組み替えです。
120404s.jpg

まずはイグナイターです。 左の2つは4気筒用、右の2つは6気筒用です。 右の2つは壊れていました。 他のECUからイグナイターを外して移植したら直りました。
今回のECUはイグナイターはどうも壊れていないようです。
120405s.jpg

トランジスターを調べます。 4気筒なので2つしか付いていません。
左右のトランジスターを調べます。 すると、片方のトランジスターが壊れています。 抵抗値が違います。
120406s.jpg

C200のECUからトランジスターを外して、220EのECUに移植しました。 
120407s.jpg

青い基盤のイグナイターも移植して、すべて半田付けしました。
120408s.jpg

組み上げて、抵抗を調べて見ると、OKです。
120409s.jpg
120410s.jpg
これで大丈夫でしょう。
悪いところがはっきり判ったので自信ありです。

気を良くしてカーナビも分解して調べてみましょう。
120411s.jpg

電源が入りません。分解して調べていくと、白く焼けているところがあります。
120412s.jpg

電解コンデンサーが破裂していて、ケースが白く焼けているようです。
コンデンサーの容量を調べてメモします。
120413s.jpg

コンデンサーだけ替えれば大丈夫でしょうか。

もう2:30AMです。 今日はカーナビを組み立ててお終いにしましょう。
ベンツが近くにあればすぐにECUを取り付けてみたいところですが、明日にしましょう。

おやすみなさい。




posted by ペプシマン at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

ボルボブレーキマスター交換

12月2日、土曜日。

朝、目を覚ますと、第三京浜のパーキングでした。
しかも、もう6時を過ぎてしまい、ETCの深夜割引は使えません。
寝すぎました。

すぐに帰って、自宅へ戻ると、家族はごく普通に迎えてくれました。
朝ごはんを食べてから、部品屋さんに行きます。

昨日頼んでおいたテラノのベルトは正しい長さの物が来ていました。
早速交換です。
120201s.jpg

ベルト3本、ちゃんと交換できました。
120202s.jpg

さて、次の車を取りに行きます。
ボルボです。 940ワゴンです。
120203s.jpg

ブレーキのマスターシリンダーからオイル漏れです。 マスターバックとの間にオイルが流れた跡があります。
120204s.jpg

部品はASSY交換です。
外した部品と新品部品を比べます。 大丈夫、同じ部品です。
120205s.jpg

新品に交換してからエアー抜きです。 これで大丈夫です。
120206s.jpg

その後、ボルボとテラノを納車しました。
今日は、天気の良い土曜日なので、道が混んでいます。
2台納車したらもう夜になってしまいました。

暗くなってから、ETCの出張取りつけを済ませました。
ホンダのストリームと言う車でした。

今日は私の誕生日で、家族で一緒に夕食を食べる約束です。
何とか間に合いました。
120207s.jpg

仔犬もだいぶ大きくなりました。
120208s.jpg

明日はお休みです。

posted by ペプシマン at 01:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テラノ車検は88ナンバー

12月1日、金曜日。

昨日、夜遅くに車を預かりました。 日産のテラノです。
朝一番で点検します。 もう20万キロ近く走っています。

ドライブシャフトのブーツが切れています。
部品屋さんに電話で聞くと在庫があるようです。 急いで取りに行き、仕事場でベッドとコンロを積み込みます。
この車はキャンピング車の88ナンバーです。

その車で、次の車をとりに行きます。
テラノは置かせてもらって、預かった車はトラックです。 三菱のキャンターだったかな。
この車は新しいので大丈夫そうです。
書類を確認して、横浜の車検場へ向かいます。
テスター屋さんでナンバー球を交換しただけで、車検は午前中に終了しました。
120101s.jpg

すぐに戻って、トラックを返します。
その場所でテラノのドライブシャフトのブーツを交換させてもらいます。
破けています。
120103s.jpg

何か鋭利なものでも巻き込んだのでしょうか。 ひどい破け方です。
120104s.jpg

あとは大丈夫そうです。 再び、横浜の車検場へ向かいます。
120102s.jpg

午前中に二台分の受付を済ませておいたので、今度はすばやく終了です。
隣のコースには今日もスーパーカーがありました。
120106s.jpg

こんな車も来ています。 何をする車でしょうか。 働く車ですね。
120105s.jpg

帰ろうと思ったら、知り合いが来ました。 この車ですぐにわかりました。
車検は苦労しそうなので、検査終了するまで付き合いました。
オーナーさんが始めてこの車を買ったときから知っています。
昔は一緒に走りに行ったこともありました。
最近はもうこのサバンナもこの車以外には見かけなくなりました。
いつまでも大切にしてください。
120107s.jpg

みんな無事終了したので、車検場を後にしました。
頼まれていた修理があります。
シトロエンのCXです。
120108s.jpg

エンジンが掛かりません。 スターターモーターは勢い良く回るのですが、ブルンと掛かりません。
火は飛んでいるようです。 プラグを抜いてみましょう。
あれ、プラグレンチが入りません。 プラグの先端が延長してあります。
専用のレンチで抜くようです。 工具が無いので、先端の延長部分だけペンチで先に抜きました。 やはり、細部に渡って、シトロエンは変な車です。
120109s.jpg

プラグを交換したらエンジンは掛かりました。 かぶっていたのでしょう。

戻ってきて、車検に行ったテラノのファンベルトの交換です。しかし、外して比べたら、長さが合いません。
部品屋さんが間違えたのでしょう。 仕方が無い。 明日やり直しです。

22:00位になって、お客さんが戻ってきたと連絡があったので、納車に行くことにしました。 ずっと預かっていたロールスロイスです。
おっと、バッテリーを交換するのを忘れていました。
確か、トランクの下だったかな。
120110s.jpg

カーペットをめくって、蓋を開けるとありました。 交換です。
120111s.jpg

中野まで納車に行ったら、0:00を過ぎてしまいました。 遅くなって申し訳ありません。
入れ替えにハイエースを預かりました。
帰り道に第三京浜のパーキングに寄って、休憩です。
120112s.jpg

隣に止まっていたスバルのR2はルーフキャリア一杯に荷物を積んでいます。
札幌ナンバーですが、まさか自走で来たのでしょうか。 お疲れ様。
120113s.jpg

私もそのまま朝まで車内で寝てしまいました。

posted by ペプシマン at 01:14| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

ジャガーXJSエンジン着地

11月30日、木曜日。

朝一番に、陸送屋さんが車を持ってきてくれました。
オークションで買った車です。

現車を見ないで、画像だけで車を買うと、手元に来るまでとても心配です。
今日の車は思っていた以上に良い車でした。
そのまま、洗車して、ワックスも掛けてしまいました。
113001s.jpg

さて、先日からやりかけだったジャガーの修理の続きです。
下面をぶつけて、割れたオイルパンを溶接で穴を塞ぎ、エンジンに取り付けました。 オイルパンを外すために、エンジンを上から吊り上げ、下のクロスメンバーを下ろしました。
今日はメンバーの取りつけです。
エンジンはこのように吊ってあります。
113002s.jpg

巨大なクロスメンバーを足回りごと車に取りつけます。
ジャッキで持ち上げながら、位置を合わせて、ねじを締めます。
ステアリングのシャフトやアースの配線も繋ぎます。
113003s.jpg

クロスメンバーの上面にエンジンマウントをつけて、ゆっくりエンジンを下ろします。 ちゃんと着地したのを確認して、マウントにエンジンを締め付けます。
113004s.jpg

すべてのねじや配線が繋がったのを確認して、エンジンオイルを入れます。
下から確認しても、漏れては来ません。
何とかオイル漏れは直ったようです。 大変お待たせいたしました。

まだ他に頼まれていた修理項目があります。
今日は遅くなってしまったのでここまでです。

夜23:30過ぎに明日の車検の車を持ってきてくれました。
会社員の人もとても遅くまで働いていらっしゃる。
私も負けずにがんばらなくては。
posted by ペプシマン at 02:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

最近あまり見ない車です。

11月29日、水曜日。

今日の仕事はまず車検です。
この車は最近ではあまり見なくなりました。
ハンドルとインパネだけでは判る人は少ないと思います。
112901s.jpg

いすゞの名車、117クーペです。
117クーペでも、この車はいわゆるハンドメイドのタイプ、初期型です。
かのジウジアーロのデザインです。
べレット、ピアッツア、ジェミニなどの好き者の車の仲間です。

横浜陸事に持ち込みました。
112902s.jpg

とても丁寧な保管で程度は良いですが、2年間で100km程度しか走行距離が伸びていません。 しばらくはアイドリングも安定しませんでした。
ここまで走って、やっと調子が出てきたようです。
車検も無事終了しました。
112903s.jpg

近くの工場で車を入れ替えて、午後は、もう一度横浜陸事です。
今度の車はトヨタのエスティマです。 小さいほうのエスティマです。
初めてエスティマを見たときは未来の車かと思いました。 トヨタの天才たまごとか言うキャッチフレーズでしたね。
112904s.jpg

この車は新規登録なので検査の後、登録、納税、ナンバープレートの取りつけと進みます。
夕方ぎりぎりには終了しました。

今日はこんな車が走っていました。 スモールランボですね。 あまりスモールではないです。
112905s.jpg

戻って、117クーペの点検です。
走ってはいないので、年月で劣化してしまう部分の点検です。
112906s.jpg

夜、車を納めて来ました。
明日もがんばりましょう。


posted by ペプシマン at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルボ940ウォーターポンプ交換

11月28日、火曜日。

今日は、車検の仕事がありません。
朝は、ボルボの修理です。ウォーターポンプの交換です。
車に道具を積み込んで、出張です。 マンションの入り口で作業します。
112801s.jpg

冷却水をこぼさない様に桶に抜いてから、ファンやタイミングベルトのカバーを外します。
112802s.jpg

外したウォーターポンプを調べます。 ポンプの軸のベアリングがガタガタになり、ポンプの羽がエンジン側と擦れてしまったようです。
112803s.jpg

古いガスケットを念入りに剥がします。 エンジン側に羽の擦れた跡が付いています。
112804s.jpg

新品ポンプを取り付けます。
112805s.jpg

新品ベルトを張って、冷却水を入れて完成です。
112806s.jpg

と思ったのですが、冷却水があまり入りません。 エアー抜きが上手くできないのでしょうか。 しかし、ラジエターの一番上とリザーブタンクがホースでつながれているので、もっと上手く入るはずです。
エンジンを掛けてもあまり水位は下がりません。
調べていくと判りました。 ラジエターとタンクを繋ぐ細いホースが詰まっていました。 つまりを取るとクーラントはさらに2リットルくらい入りました。 原因が判ってよかったです。
112807s.jpg

その後、横須賀のお客さんの所へ伺い、書類を頂いて、浦賀警察に車庫証明の申請に行きました。 車庫証明は12月1日にできるそうです。
112808s.jpg

一旦仕事場へ戻って、明日の車検の車の準備をします。
パソコン仕事を済ませて、今日はお終いにしました。




posted by ペプシマン at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

E220とC200のECU

11月27日、月曜日。

朝は、昨日から頼まれていたボルボを見に行きました。
駐車場から出して、出かけようとしたら、パワステが効かなくなったそうです。
112701s.jpg

ベルトが切れていないか確認してもらったら、ベルトが掛かっていないとの事です。
見に来てみると、パワステのベルトは確かに切れていてありません。 このベルトはウォーターポンプにも掛かっています。 パワステのプーリーは手で軽く回りますが、ウォーターポンプが回りません。 ウォーターポンプが焼きついたので、ベルトがスリップして、ベルトが焼ききれたのでしょう。
早速部品手配です。
112702s.jpg
今日は直せません。

その後、車を取りに行ってから、車検に行きます。 
点検をしてから、湘南の車検場へ走りました。

今日は車検場は混んでいます。 珍しくずいぶん並んでいます。
前の車は知り合いかな。
112703s.jpg

車検はカリーナです。 走行距離が少なく、程度の良い車でした。
112704s.jpg

その後、マクドナルドでハンバーガーを食べて、二ノ宮まで走りました。
ベンツの修理で相談されました。 95年式のW124のE220です。
これはECUを外して預かる事にしました。
お伺いした所で、古い自転車を見せてもらいました。
日本オリンピックを走った自転車だそうです。
自転車の話をいろいろ聞かせてもらいました。 自転車は車と違って、部品点数が少ないので、一つ一つの部品にすごく気を使っています。 とても奥の深い乗り物ですね。
112705s.jpg

帰ってきてから、車検に行ったカリーナのベルトを交換しました。
ベルトは磨り減って、縦に裂けていました。
112706s.jpg

オイル交換他済ませて、19:00頃納車しました。
そして、今日は家に戻りました。 宿題があります。

午後、預かってきたベンツのECUです。
現車から外したECU左と同じタイプのC200エンジン用のECU右です。
112707s.jpg

E220は点火系統の不具合です。 このベンツはECUが点火の制御もしています。 4気筒の同時点火で、点火コイルは2個です。
片方のコイルから火が出ません。コイルの配線はECUまで正しく繋がっています。 悪いのはECUです。
C200の中古ECUと交換してもエンジンは掛かりませんでした。
ブルンと掛かりそうですぐに止まってしまいます。
多分、コンピューターの内部に車台番号やATMTの違い、触媒の有無などを書き込んであって、それが合わないとエンジンが掛からないのでしょう。
初期のイモビライザーのようなものです。
ECUの内部構造はまるで同じです。
112708s.jpg

点火系統の制御をしている部品はこの部分です。 青い基盤とその後ろのトランジスタが点火のイグナイターの部品です。 今回の車は4気筒なのでトランジスタも2つで青い基盤も足が少ないです。
112709s.jpg
 
今まで何度も中古のECUから青い基盤を張替えて修理をしてきました。
しかし、今回のものは今までのものとはちょっと違います。
抵抗を測っても前後2つのコイルへ行く配線の抵抗値が違いません。
青い基盤やトランジスターが原因ではないかもしれません。
112710s.jpg

ちょっと疲れたので、ペプシの新製品の味見をします。 やはり黒い方が良いですね。
112711s.jpg

今回はまずは、ロムを張替えて試してみることにします。
E220とC200のロムを交換して、C200のECUに2200ccのロムをつけて、エンジンが掛かればOKです。 これなら半田ごて要らずで、すぐにだめなら元に戻せます。
112712s.jpg

分からなくならないようにロムに2.2とマジックインキで書いておきました。
112713s.jpg

車が近くにあればすぐ試してみたいのですけど、ちょっと二ノ宮は遠いです。 また、車検の帰りに寄ってみましょう。

今日はおしまい。




posted by ペプシマン at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

仔犬の初外出

11月26日、日曜日。

今日は仔犬を始めて動物病院へ連れて行く日です。
仔犬はまとめて籠に入れました。
親犬も久しぶりの外出です。
112601ss.jpg

9:30からの診察開始なのに30分くらい早く病院の駐車場へ着いてしまいました。
仔犬たちがおっぱいが欲しくてヒーヒー鳴きだしたので、車の中でおっぱいをあげる事になりました。
112602ss.jpg

先生からは、仔犬は順調に育っています。と言われました。 ただ、親犬にはもっとご飯を上げてくださいと言われました。
明日からもっと食べさせてあげるからね。 ごめんね。

午後から、友達が仔犬を見に来て、たくさん写真を撮ってくれました。

仔犬はすぐに大きくなってしまいます。 大きくなる前に写真をたくさん撮っておきましょうね。

クリック拡大
112603s.jpg112604s.jpg112605s.jpg112606s.jpg112607s.jpg112608s.jpg112609s.jpg112610s.jpg112611s.jpg112612s.jpg112613s.jpg112614s.jpg


posted by ペプシマン at 21:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VWポロ、ワイパー修理

11月25日、土曜日。

今日預かった車は、VWのポロです。
ワイパーが動きません。

モーターが悪いのか、スイッチが悪いのか、リレーが悪いのか分かりません。
動かなくなったときにモーターを叩いてみたら動きました。
悪いのはモーターのようです。
モーターはカウルカバーの中です。
112501ss.jpg

リンケージASSYで取り外しました。
112502ss.jpg

ワイパーはスイッチを途中で切っても決められた位置まで動いてから停止します。 スイッチからの電源のほかに電源が来ていて、ワイパーの今いる位置を測っている接点がモーター内部に付いています。
接点が焼けてしまうトラブルが良くあります。
回転する接点を調べましたが問題なさそうです。
112503ss.jpg

次にモーターを分解してみました。 開けてびっくり、まっ茶色です。
錆びています。
112504ss.jpg

そうです、この車は、カウルの内部の水の排出するドレン配管が詰まって、モーター付近に水が溜まることが以前ありました。
その水が室内に浸入するので気が付き、ドレン配管は清掃したのですが、ワイパーモーターの内部まで水が入っていたとは思いませんでした。
本当はモーターを新品に交換するのが良いのでしょうが、とりあえず清掃してみます。
錆びて悪くなるところは、軸受け部分と、アーマチュアに電極のブラシを押し付ける部分です。
特に、ブラシを小さなばねで押し付ける部分が錆びていて、ブラシは磨り減っていないのに届いていなく、上手く電気が流れていなかったようです。
112505ss.jpg

錆をヤスリで削り落とし、給油して、組み立てました。
ちゃんと動くようになりました。 けれど、今度動かなくなったら、部品交換です。 中古でも良いですね。

その後、車を入れ替えて、ボルボを預かりました。 
下回りの点検と塗装の見積もりを頼まれました。
預かって、車のエンジンを掛けて、10mと走らないうちに気づきました。
エンジンマウントが悪そうです。 エンジンの振動が大きく室内に伝わってきます。
足回りの不具合を気にしていましたが、足回りは良さそうです。
しばらく走ってから、板金屋さんに見せに行きました。
112506ss.jpg

塗装の見積もり、塗装するときに必要な新品部品の書き出しなどしてもらう間に、ジャッキを借りて点検します。
リヤサスの点検です。 この車のリヤサスはとても変わった方式です。
しかし、劣化するところの少ないとてもよい設計です。
一応確認してみました。 ゴムブッシュ類は大丈夫そうです。
112507ss.jpg

フロントタイヤを外してホイールハウス内からエンジンマウントの確認です。
サブフレーム上のマウントは切れて、エンジンは下に下がりきっています。
112508ss.jpg

詳細な見積もりをお願いして、戻ってきました。
車を返して、今日はおしまいです。

明日は日曜日でお休みです。
皆さん仔犬を見に来てください。
posted by ペプシマン at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーキュリークーガー、5個目のオルタネーターです。

11月24日、金曜日。

今日はまず、発電不良の車の修理です。
マーキュリーのクーガーです。
平成12年式の車ですが、10万キロを超えた走行距離です。
112401ss.jpg

実は、この車のオルタネーターを交換するのは私はもう3度目です。 その前にも一度交換しているので、4回目の交換で5個目です。
今回も高速道路で発電しなくなり、JAFに牽引してもらって、自宅前まで帰ってきたそうです。
V6エンジンの横置きレイアウトでオルタネーターは後ろ側の作業し難いところに付いています。
112402ss.jpg

タイロッドを外さないと取り出すことは出来ません。
112403ss.jpg

実は最後に交換したのは5月末のことで、6ヶ月程度しか経っていません。
リビルトオルタネーター屋さんに相談したら、保証期間内ということで、無償で新しい物を送ってくれるというので、今度は壊れないものを送ってくださいと頼みました。
外した部品と良く比べてみます。
外観形状はまるっきり同じです。
ただ、今回送ってもらったものは本体にも、ICレギュレーター部分にもモータークラフトと言うフォード純正部品の刻印があります。 付いていたものは社外品だったようです。
112404ss.jpg

とにかく、交換を終わらせて、テスターで電圧チェックをして見ました。
結果はもちろんOKです。 なぜこの車はこんなにもオルタネーターが壊れるのでしょうか。
新車から7万キロくらいまで持った最初のオルタネーターの後は、1万キロくらいごとに壊れて、これで5個目のオルタネーターです。 今度のものは大丈夫でしょうか。

外したオルタネーターはすぐに部品屋さん経由で電装品屋さんに送ってもらいました。

次の車を取りに行きました。
先日車検でブレーキパッドを交換したゴルフのエア抜きのやり直しです。
仲間のガレージに行って、手伝ってもらいました。
やはりエア抜きは二人でやった方が良いですね。
しばらく抜いていると、エアーの出てくるのが確認できました。

そのまましばらく話をしていると、すぐに暗くなってしまいました。
112405ss.jpg

今日は車の入れ替えが上手く行かずにすぐにあまり作業が出来ませんでした。
明日もがんばりましょう。 

 
posted by ペプシマン at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャガーオイルパン取りつけ

11月23日、木曜日、勤労感謝の日でお休みです。

今日は朝からジャガーのオイルパンの取りつけです。
溶接で割れを直したオイルパンの漏れチェックをして見ます。
もちろん大丈夫そうです。
112301ss.jpg

オイルパンの内部にオイルの偏り防止のためについているバッフルプレートを取り付けます。
これが無いと、揺れてオイルが偏った時に、ストレーナーから空気を吸ってしまう可能性があります。
112302ss.jpg

オイルポンプとストレーナーです。 ストレーナーの先端は網になっています。 きれいに掃除します。
112303ss.jpg

オイルポンプとストレーナーは組み立てておいて、オイルパンの中に落としておきます。 このままオイルパンを差し込んで、隙間からポンプをエンジン下面に取り付けてポンプ駆動のチェーンをかけてから、オイルパンを締め付けます。
112304ss.jpg

ただし、オイルパンの液体ガスケットは差し込んでからでは塗ることはできません。 
先に塗ってしまうと、オイルポンプを取り付けるときに手で拭き取ってしまいます。
オイルパンの淵に液体ガスケットを塗る前に、何度かシミュレーションしてみます。

要領を良くできるように考えていると、お客さんが来ました。
と言っても、自宅へ来たようです。 急いで、15分くらいの距離を車で帰りました。 仔犬たちを見に来たお客さんです。

さて、本番です。 オイルパンに液体ガスケットを塗って、クロスメンバーの隙間から挿し込み、その隙間からオイルポンプを取り付けます。 チェーンを張って、ねじのゆるみ止めをカシメて、ガスケットを部分的に塗りなおして貼り付けました。 
そのままボルトを15本くらい締めこんで、出来ました。
112305ss.jpg

その後、もう一度、仔犬を見に来たお客さんで中断してから、続きです。
クロスメンバーを下げているので、パワーステアリングの配管が無理をしているようで早く持ち上げたいです。
ジャッキでメンバーを持ち上げて、ショックアブソーバーの上のねじを止めました。 これで一応メンバーも持ち上がり、配管の突っ張りも解消です。

また、仔犬を見に来るお客さんから連絡なので、今日はここまでにしました。

わざわざ平塚から来てくれた仔犬見物の方々です。
112306ss.jpg

どうだ、かわいいだろう。 あまり手を出すと、親犬に噛まれちゃうぞ。
112307ss.jpg

仔犬は日に日に大きくなります。
112308ss.jpg

まだ目は開きません。鼻も黒くなく、ピンク色です。
112309ss.jpg

今日もあっという間に夜になってしまいました。


posted by ペプシマン at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

ロールスロイスのリレー交換

11月22日。水曜日。

いつものように、朝の仔犬の点検です。
1番最初に生まれた、クロ(仮称)です。
112201ss.jpg

2番目のチャチャ(仮称)です。
112202ss.jpg

3番目はレモン(仮称)です。
112203ss.jpg

最後はマフラー(仮称)です。
112204ss.jpg

まだ、寝ているか飲んでいるかのどちらかです。
112205ss.jpg

8:40に保険屋さんが集金に来ると、その後、部品屋さんに行きました。
やっと、ロールスロイスのリレーが来ていました。
ベントレーの立派な箱に入った小さなリレーは5千円ちょっとの値段でした。 少し安心しました。
112206ss.jpg

付いていた古いリレーと比較しました。 やはり、接点が焼けているのでしょうか、少し色が変わっています。
112207ss.jpg

また内装を分解して、リレーを交換しました。 これでブロワーモーターは正常に回るようになりました。
112208ss.jpg

分厚いドアを開けたところにプレートが付いていました。 安全基準を満たしていますと書いてあります。 今の車はみんなビニールのシールなのにしっかりしたプレートです。 
112209ss.jpg

足元のキッキングプレートにはコーチビルダーのプレートです。
ロールスロイスお抱えの老舗のコーチビルダーであるミュリナー・パーク・ウォードのプレートです。
112210ss.jpg

さて、お昼過ぎに終わらせ、銀行他の用事を済ませると、横須賀のお客さんを尋ねます。
車検・整備の内容について、車を見ながら話しました。
ベンツですが、このEクラスのカブリオレは珍しい車です。
112211ss.jpg

今日は、車検が無く時間があったので、3時間くらい話をしてしまいました。

今日はもうおしまいです。 仔犬を見てから寝ましょう。
もっと働かないといけませんね。
反省。
posted by ペプシマン at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルミオイルパン溶接修理。

11月21日、火曜日。

朝起きて、まず仔犬の点検です。
全員います。 見ていて飽きないです。
112101s.jpg

さて、車検です。 今日の車は日産パオです。
車検に行く前に、先日外したジャガーのオイルパンをきれいにして、もう一度よく調べます。
ぶつけてしまって割れているのは、バッフルの下です。
112102s.jpg

バッフルを外して、きれいに洗ってよく見ます。
縦にひびが入っていてそこからオイルが漏れてきます。 しかし、ぶつけてへこんだ底の部分も内側にはひびが入っています。
112103s.jpg

オイルパンを積み込むと、湘南の車検場へ向かいます。
パオはもう古い車ですが、このデザインは古いのか新しいのか分からないので良いです。
112104s.jpg

ロールスロイスと同じデザインのハンドルです。 メーターやスイッチ類のデザインも良いですが、ラジオのデザインが大変凝っています。
112105s.jpg

車検を午前中の最後に終わらせると、山の仲間のガレージに行きました。
オイルパンの溶接です。 割れ目をリューターで削ってから溶接します。
削ってみると、ひび割れは結構大きいです。
112106s.jpg

まぶしいので見られません。 お任せします。
112107s.jpg

その間に私はパオのベルトを交換します。
112108s.jpg

ベルトは3本で新品は朝、部品屋さんで取ってきました。 交換終了です。
112109s.jpg

暗くなるまでがんばって溶接してもらいました。 これで大丈夫、多分もれません。 あとで明るいところで漏れチェックをしてから車に取り付けます。 ありがとうございました。
112110s.jpg

パオは遅くなってしまったので、明日納車することにしました。
今日はそのまま家に帰りました。

帰ると、また仔犬の点検です。 全員います。 夕食中でした。
112111s.jpg

まだまだ目も開きません。 小さくて、とてもかわいいです。 お腹一杯の様子です。
112112s.jpg

仔犬は自分でおしっこもできません。 親犬が舐めて出してあげるようです。
112113s.jpg

仔犬の点検は明日に続きます。

posted by ペプシマン at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。