2006年12月17日

仔犬の成長記その1

12月10日、日曜日。

仔犬の成長記録です。
11月19日と20日生まれの仔犬たちは、約20日たって、やっと目が開き、よちよち歩きし始めました。
121001s.jpg

まだ目はあまり見えてはいないようです。
おっと茶々ちゃん、そのスタイルはお尻から何か出そうだぞ。
121002s.jpg

寝ている姿はこんな感じです。 鼻先が黒くなって、少し仔犬らしくなってきました。
121003s.jpg
posted by ペプシマン at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンツ、ポルシェ、並行作業です。

12月9日、土曜日。

今日最初はベンツE320カブリオレの整備の続きです。
昨日やりかけたATオイルクーラーのホースの交換です。
ホースを2本とも交換しました。
120901s.jpg

良くオイルの滲む部品です。
120902s.jpg

フロントブレーキのローターを外しました。
120903s.jpg

パッドの当る部分だけローターも磨り減って、最外周と内周より一段下がっています。 ローターもブレーキパッド交換2回に一回位交換するのですが、今回はまだもったいないので研磨して段を取ってもらうことにしました。
120904s.jpg

ブレーキ屋さんに研磨してもらっている間に、先日エバポレーターを交換したポルシェのクーラーガスを入れます。 まず、真空引きをして、真空を保持できるか確認です。
すぐにメーターが上がってきてしまうようなら、どこかに漏れがあります。
漏れはなさそうです。 エンジンを掛けてガスチャージをします。配管が長いのでガスがたくさん入ります。
120905s.jpg

そうこうしている間に、ローター研磨ができたそうです。
取りに行ってきました。 とてもきれいになりました。
120907s.jpg

これで新品のブレーキパッドと組み合わせれば利きもばっちりでしょう。
120908s.jpg

W124では珍しい、フロントの4ポッドキャリパーです。
120909s.jpg

さて、次はエンジン本体からのオイル漏れ修理です。 あの悪名高き「コの字シール」の交換です。
作業は少し大掛かりです。 今日はファンベルトとシュラウドを外すくらいまでにしました。
120906s.jpg

今度はポルシェのオイル交換です。
これもやり方を知らないとできない作業です。
最初に詳しい人に電話でやり方を教えてもらいました。
エンジンを一旦温めます。 
まずはドライサンプのオイルタンクからオイルを抜きます。
だいたい7−8リットルくらいここから抜けます。
120911s.jpg

次に、エンジンのクランクケースの下部から抜きます。 2リットルくらいでしょうか。
120910s.jpg

ドレンボルトを締めた後、オイルフィルターを交換します。
そして、新しいオイルをタンクに入れていきます。
分量は抜けたオイルより少し少なめだそうです。
120912s.jpg

エンジンを再び温めます。 フロント右フェンダー内にあるオイルクーラーにサーモが開いてオイルが回り始めるまで暖めます。
今は気温が低いのでなかなか温まりません。 強制空冷の空気を吸わないように、吸い込み口をダンボールで塞いで暖めました。
120913s.jpg

油温計の針が半分より上の状態で、油量計の針とタンクのレベルゲージを見ながら適量になるまでオイルを足していくそうです。
120915s.jpg

10リットル位入りました。
120914s.jpg

ほぼ完成です。 クーラーガスがまだ足りないですが、買って来ないともう使い切ってしまいました。
120916s.jpg

今日はここまでです。

来週からとても忙しそうです。 頼まれている仕事を紙に書き出してみたら30項目以上あります。 車検だけでもも10台以上あります。 これからさらに増えていくでしょう。 年内に終わるでしょうか。 よく年越し整備になる年があります。 今年は乗り切れるでしょうか。 

がんばりましょう。






posted by ペプシマン at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コルサ、E320カブリオレ、車検。

12月8日、金曜日。

朝、第三京浜のパーキングで目を覚ましました。
今日も寝すぎて、ETCの深夜割引の時間帯を過ぎてしまいました。
120801s.jpg

急いで帰って、すぐに昨日の夜の続きの作業をします。
E320カブリオレのタイロッド交換です。 最後の左側のタイロッドを外して、長さをだいたい合わせて取り付けです。
120802s.jpg

右側のタイロッドです。
120803s.jpg

センターロッドとステアリングダンパーです。 これは良くなりそうです。
120804s.jpg

左側のタイロッドも取り付けてタイヤをつけて、車を下ろします。
その場でハンドルを切ってみると、以前のゴトゴト音はしなくなりました。とてもよいです。 ダンパーが効くようになってハンドルが重くなるかと思ったのですがあまり変わりません。 多分路面からのキックバックが少なくなるのでしょう。 走ってみるのが楽しみです。

そこまでで中断、車検の車を預かりに行きます。 トヨタのコルサです。
急いで点検を済ませて車検場へ走ります。
時間ぎりぎりで、午前中の検査に間に合いました。
120805s.jpg

またまた急いで帰って、オイル交換をして、納車です。
120806s.jpg

今日は金曜日なので、ベンツのカブリオレも今日中に車検を受けておきたいです。 朝、タイロッド類は替え終ったので、時間さえ間に合えばOKです。 まだ大丈夫です。 がんばって書類を書き上げて、車検場へ走ります。

テスター屋さんで念入りにサイドスリップ調整をして、ハンドルセンターも合わせました。 これがあるので車検前にタイロッド類を替えておきたかったのです。

16:00夕方ぎりぎりでベンツの車検も無事間に合いました。 ただ急いでいたので写真は撮り忘れました。

遅い昼食を食べながら帰ってきました。
やっと一息です。

帰ってから作業の続きです。
E320カブリオレはアンダーカバーを外すと、結構オイル漏れがあります。 ATオイルクーラーのホースから滲んでいます。 
120807s.jpg

ホースのカシメの部分から漏れているようです。
120808s.jpg

ホースを替えようかと思ったのですが、今日はお風呂に入って寝たいので明日替えることにしました。

お疲れ様でした。 


posted by ペプシマン at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタッドレスタイヤは早くも品薄です。

12月7日、木曜日。

朝一番は、タイヤ屋さんに行きます。
ハイエースのタイヤ交換です。

スタッドレスタイヤに組替えです。 以前にタイヤ屋さんに電話で確認したときの話です。
ハイエースのバン用のスタッドレスタイヤですが、種類と見積もりもらえますか。 と言うと、すみません、ハイエースのバンのスタッドレスタイヤは品薄で、種類を選ぶ余地はありません。 しかも、在庫はあと一台分のみで、これが売れてしまうと、年内の入荷はもうありません。 次、いつ入るかもわかりません。 と言います。
お客さんに話をすると、見積もりは良いから、そのタイヤを確保しておいてください。 と言うので、取っておいて貰いました。

今日、やっと組替えです。 これが最後の1セットのタイヤです。 BSの新製品です。
120702s.jpg

早速、組替えてもらって、帰って来ました。
120701s.jpg

次は、ポルシェの修理です。 永いこと待っていたエアコンのエバポレーターが本国ドイツから届きました。
早速交換です。 古いエバポレーターを外しました。 ひどく錆びている上に、エバポレーターの吸い込み側には21年分のごみがべっとりと付いています。 これではたとえエバポレーターが冷えていても、風量が上がらずに冷却性能も上がりません。
120704s.jpg

新品と比較です。 形状は同じです。 とてもきれいです。
120703s.jpg

エバポレーターの入る部屋の中も清掃しておきましょう。 またごみが詰まってしまったらまた冷えなくなってしまいます。
120705s.jpg

ブロワーファン一体のケースに入れて、車体に収めます。
120706s.jpg

ダクトも穴あきなので、新品にしました。
120707s.jpg

やっと完成間近です。
120708s.jpg

ここで、作業中断して、車の引取りです。
横須賀の芦名です。 預かった車はベンツのW124のカブリオレです。
かなり珍しい車です。 最近W124は稀少車に良くめぐり合います。
120709s.jpg

部品もたくさん預かってきました。 修理項目は結構あります。
まずは足回りの部品交換から始めます。
ジャッキで持ち上げて下回りを見て気づきました。 カブリオレだけのボディ補強材が斜めに入っています。前後とも補強の骨が入っていました。
120710s.jpg

タイロッド左右とセンターロッドを交換します。 古くなるとなかなか外れません。 苦労して、やっと右側のタイロッドとセンターロッドが外れました。 ステアリングダンパーも外せました。
120711s.jpg

ステアリングダンパーは見た目は多少オイルが滲んでいる程度なのですが、スカスカになっています。 ダンパーの感覚はゼロです。 5万キロ代の走行距離でもダンパーが抜けてしまう車もあるのですね。 やはり10年の年月で何が悪くなるかはわからないものです。

深夜になってしまって、あまり大きな音も出せないので今日は左側は諦めました。

そのあと、ハイエースを納車に行きました。東京の中野です。
また23:00ごろになってしまいました。
帰り道は入れ替えでトヨタのRAV4を預かりました。

いつものように第三京浜のパーキングで寝てしまいました。
なんて寝心地の良いパーキングエリアなのでしょう。

また明日がんばりましょう。
posted by ペプシマン at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カローラワゴン納車。

12月6日、水曜日。

今日の車検は、先日自動車オークションで買った車です。
昨日、市役所で仮ナンバーを借りてきました。

朝のうちに、バッテリーとワイパーブレードを新品に交換すると出発です。
まずは印鑑証明と委任状を貰いにお客さんの家へ向かいます。
横須賀市の浦賀です。 書類を貰うと、そこから横浜の車検場へ向かいます。
車検場はちょっと混んでいます。
120601s.jpg

検査、登録、納税、ナンバー取りつけ、封印と済ませると車検場を後にします。

近くの工場へ行きます。
ジャガーのETC付けと、シトロエンCXのオイル交換です。
120602s.jpg

リフトを借りて、オイルフィルターを交換します。 外しにくい位置です。
そして、オイルをドレンプラグから抜きます。
120603s.jpg

指定のオイルは20W−50というかなり硬いオイルです。 4リットル少し入りました。
120604s.jpg

シトロエンは油量のメーターが室内に付いています。 メーターとエンジンのレベルゲージを見ながらオイル量を調整します。

暗くなる頃に終わらせて、帰ります。 帰り道にカローラのお客さんに電話を掛けて、今から納車に行きたいと連絡します。
20:00過ぎに浦賀へ納車です。
お客さんの家に着くと、ETCとカーナビを今まで乗っていた車から移設して欲しいと言います。 
カーナビの取り外し、取り付けなんてそんなに簡単なものではありません。
セットアップはできませんでしたが、家の前で場所を借りてETCだけ付け替えました。

カーナビは外しておきます。といって、下取り車に乗り換えて帰ってきました。 
帰ってきてからカーナビの取り外しです。  外すほうはまだ簡単です。
しかし、今のカーナビはテレビアンテナや車速信号、バックランプ信号、バッテリー電源やACC電源など配線が大変です。
その他にパネルの取り外しやチューナーユニットの取り外し、ディスプレーの取り外しなどもあります。
120605s.jpg 

TVアンテナ以外は取り外して、純正のカーナビを取りつけ、今日はおしまいにしました。
1:00AMくらいになってしまいました。
おやすみなさい。
posted by ペプシマン at 18:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンツ修理、上手くいきません。

12月5日、火曜日。

車検の車を引き取りに行きました。
今日の車はスズキアルトです。

点検を済ませて、車検場へ行きました。
今日は湘南の軽自動車検査協会です。
午前中に終了しました。
120501s.jpg

その後、牛丼屋さんで昼食を済ませて、二の宮へ向かいました。
昨日、イグナイターとトランジスターを組替えたベンツのECUを取り付けるためです。
W124のE220です。 とても珍しい4気筒エンジンの車です。
120502s.jpg

ECUはバッテリーの奥に付いています。 6気筒エンジンと同じ位置です。
とりあえず配線カプラーだけ繋いで試してみます。
120503s.jpg

さて、エンジン始動です。 
キュルキュル・・ブォーン・・。 掛かりません。 
初爆はあるのですが、続きません。 何度やってもだめでした。
点火系を確認してみます。 プラグには4本とも火は飛んでいます。
修理は成功しているように思えます。
エンジンの掛からない状況はこのE220にC200のECUをつけたときと同じです。
初爆だけあるので、盗難防止装置が効いているときのような感じです。

良く考えて見ます。 今の状態はE220のECUにC200のイグナイターの基盤とトランジスターを2つ移植した状態です。いつもの修理と同じです。
エンジンが掛からなくなる可能性があるとすればロムを一度外して、C200のECUに取りつけたことが関係あるのでしょうか。
新品のECUを買ったときにはまずECUの中に車台番号やAT/MTの違い、触媒の有無などを書き込んでから取り付けるようです。 書き込んであったデータが消えてしまったのでしょうか。

ひとまず、これ以上現車でどうにもならないので、車を離れて、いろいろ調べます。 電話で詳しい人にいろいろ聞きますが、ECUを修理した人はいないし、ロムを外してまた付けた時、内容が消えてしまうかどうかも判りません。
残念ですが、今日はここまでです。ECUを外してまた持ち帰ります。
帰ってから、また調べます。 以前買ったベンツの技術資料のWIS(Workshop Information System)で調べます。 とても使いにくい資料ですが、2時間くらい調べました。 判ったことはとにかく、ECUを付け替えたらディーラーの機械と繋いでコーディング(coading)するということです。
コーディングとはコードを打ち込むと言うことで、例の車台番号他のデータを書き込むことです。 今のECUのコーディングをし直せばよいのでしょうが、車とセットでディーラーに持ち込まなければなりません。
もう一つ判ったことは、CクラスやW124の最終型の一部などはリモコンキーによる開錠を正常にしないとエンジンが掛からなくなる(初爆のみ)機能がある事です。 鍵がジャックナイフ形になって、緑と赤の表示ランプが付いてからの車です。
車が近くにあればもっといろいろ試せるのですが、また調べてやってみるしかありません。

すっかり時間を使ってしまいました。
車検に行ったアルトの整備は暗くなってしまってからです。
オイル交換など急いで終わらせます。
120504s.jpg

納車はずいぶん遅くなってしまいました。 すみません。

今日は車が治らず残念でした。 またがんばりましょう。


posted by ペプシマン at 17:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。