2007年04月30日

プリメーラ、メーター修理。

4月4日、水曜日。

朝から車を預かりに行きます。
先日、車検を終わらせたプリメーラUKです。
今日は所沢ナンバーから湘南ナンバーへの住所変更の手続きです。
まず車を預かると、次に警察署へ車庫証明を取りに行きます。
車庫証明を受け取ると、ちょっと午前中の登録に間に合わなそうなので、寒川の工場へ寄りました。

先に頼まれていた修理を済ませてしまいましょう。
修理はタコメーターが動かないので、メーター交換です。 中古のメーターを買ってあります。
7040401s.jpg

中古のメーターはとてもきれいなメーターASSYなので、そのまま付け替えました。
タコメーターや時計などちゃんと作動するか確認します。
良く見ると、ABSのランプが点きっ放しです。 おかしいな。
古いメーターを良く見ると、ABSランプの位置は駐車ブレーキのランプになっています。 気が付いて駐車ブレーキを戻して見ると、ABSのランプが消えました。
7040402s.jpg

良く比較すると他にも違うところがあります。
これでは危険です。 タコメーターだけを交換できないでしょうか。 分解してみます。 タコメーターの形状もちょっと違うみたいですが、交換は出来そうです。
7040403s.jpg

うまく交換できました。 
久しぶりに来たこの工場では、社長は忙しそうです。 一緒にお昼を食べると、またすぐに作業を始めていました。
7040404s.jpg

さて、次は番号変更です。 湘南陸事へ行きました。
7040405s.jpg

登録は空いていたので、すぐに湘南ナンバーが付きました。
7040406s.jpg

帰り道に納車して、自分の車で帰って来ました。

帰ってくると、P30の排ガス対策です。
今日、工場で排ガステスターを借りてきました。
これでCO,HC濃度が測れます。
負荷を掛けているときは判りませんが、アイドリングや空吹かしなどは測定できます。
とりあえず、アイドリング時のガス濃度です。 CO値1.1%はちょっと大きいですね。
7040407s.jpg

キャブを分解して、ジェットを交換します。
7040408s.jpg

昨日バイク屋さんで買ったジェットのセットから良さそうなジェットを取り出し、交換して見ます。
7040409s.jpg

アイドルCO値が0.09%まで下がりました。 これで効果がありそうです。
7040410s.jpg

もう少し試して見れば、なんとなく傾向も判るでしょう。

よしよし。

posted by ペプシマン at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルボ修理、名義変更。

4月3日、火曜日。

午前中預かった車はボルボです。 940エステートです。
珍しい色ですがきれいな色ですね。
7040301s.jpg

ブレーキ鳴きするそうです。 フロントブレーキパッドが減っていました。 と言うか、まるで残っていませんでした。
7040302s.jpg

運転席の窓が動いたり、動かなかったりするそうです。
どうもパワーウインドウスイッチが悪いようです。
スイッチを分解してみましょう。
7040303s.jpg

一つずつに分解できそうです。 調子の悪いスイッチをあまり使わない窓のスイッチと入れ替えるのが良いかもしれません。
7040304s.jpg

さらに分解してみると、接点が真っ黒に焼けていました。
ヤスリで磨くと、すっかり調子よくなりました。
7040305s.jpg

お昼過ぎに納車しました。
一旦家に戻ると、犬の親子は昼寝していました。
仔犬は親犬にいつも甘えています。 今日も顔を擦り付けて寝ていました。
7040306s.jpg

写真を撮ると目を覚ましました。 親子良く似ています。
7040307s.jpg

午後からは横浜の車検場へ行きました。
名義変更だけですが、ナンバーが変わるので持込です。
雨が降ってきました。
7040308s.jpg

やはり4月になってすぐなので登録の窓口も空いています。
7040309s.jpg

ナンバーを取り付けて封印をしてもらうと、帰り道です。

一旦帰って、車を返すと、自分の車でバイクの部品屋さんへ行きました。
3度ほど部品屋さんと家を往復して、キャブのジェットを何種類か買いました。
7040310s.jpg

これでP30のガスが落ちると良いのですが。

さて、明日もがんばりましょう。

posted by ペプシマン at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4月初日、転勤です。

4月2日、月曜日。

朝預かった車で車検場へ向かいます。
車は日産ブルーバードです。
点検を済ませて湘南の車検場へ。
7040201s.jpg

車検場は4月になって空いているのかと思いましたが、案外並んでいます。
7040202s.jpg

順番が来ると、見かけない検査員です。 どちらからいらしたのですか。 と聞くと千葉県の検査場に先月(先週)まで居たそうです。

検査後に確認すると、3月末で入れ替わった結果、以前からいた検査員、検査官は3人くらいしか残っていません。
また顔を覚えるのにしばらく掛かりますね。

検査合格後、次のところへ向かいます。
相模の車検場の近くにある工場で預かる車はトミーカイラZZと言う車です。 実は書類の不備で今日は検査を受けることが出来ませんでした。

車検に向けて車のチェックだけしておきます。
フロントフードを開けたところです。 パイプフレームです。
最低地上高を確認しておいて下さい。
7040203s.jpg

車台番号はフレームに打刻されていました。
7040204s.jpg

リヤのGTウイングは寸法を測定します。 幅方向は車両の最外側から165mm以上入っていることが決まりです。 
これは車検証の全幅から330mmを引いた寸法とウイングの幅を比較すればわかります。 もちろんこの車は適合です。
7040205s.jpg

車は大丈夫そうです。 書類待ちで、また後日来ます。
せっかくここまで来たので、新しく作り直された相模陸事の検査コースを見に行きます。
とてもきれいになっています。
7040206s.jpg

そして、検査の受付を見に行くと、先週まで湘南の陸事にいた検査官が不慣れな感じで座っています。 今度はここですか。と尋ねると、うれしそうに、ここにも来る事があるのかといいます。 来週もまた来ると言うと、またよろしくと少しうれしそうでした。

さて、急いで帰りましょう。
戻ると、もう夕方です。 ブルーバードは急いでオイル交換です。
7040207s.jpg

車を返して、次に預かった車はベンツです。190E2.3です。
7040208s.jpg

時々エンストするそうです。 先日はエンスト後始動不能になり、JAFに来てもらったら、すぐに掛かって帰ってきたそうです。 次に止まったときは駅前で信号待ちのときだそうです。
すぐにまた始動できたのでよかったと言っていました。

この車のエンストと言えば、燃料ポンプかポンプリレーです。
多分この車もポンプリレーが悪いのではないでしょうか。
リレーはバッテリーの後ろ側、カバーを外したところにあります。
7040209s.jpg

外して、分解して、半田の浮きを調べます。 良くわかりません。大抵エンストする車は目で見て判ります。
7040210s.jpg

いつもの通り、半田を盛り直して、組み付けました。
7040211s.jpg

その後、しばらく走ってみました。
すると、止まりました。 危なく帰ってこられなくなるところでした。 原因はポンプリレーではありませんでした。
エンストしたときに、ポンプの音を確認すると、ポンプの音は聞こえました。 原因は燃料系ではないかもしれません。

ディストリビューターを確認します。
7040213s.jpg

ローターやキャップは問題ありません。 まだ5万キロくらいしか走っていません。
7040212s.jpg

これはじっくり調べないと判りません。
今日は深夜になってしまい、時間切れです。 
また後日がんばりましょう。

posted by ペプシマン at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルボ240スターターモーター交換

3月31日、土曜日。

午前中の仕事はボルボです。 240ワゴンです。
7033101s.jpg

スターターモーターの不具合です。
取り外しは下側からです。
7033102s.jpg

部品はリビルト品を準備しておきました。
比較です。 形状は同じです。
7033103s.jpg

リビルトはドイツで行われたと書いてありますね。
7033104s.jpg

取りつけ後、もちろん直りました。 外した部品は部品屋さんへ
返却です。 

その後、P30号の排気管の続きです。 取りつけ部が足りません。
ブラケットを溶接します。 
7033105s.jpg

これで排気管が垂れ下がらずに済みます。 
7033106s.jpg

もう一箇所ブラケットを付けたいのですが、今日は時間切れです。 部品製作は時間が掛かります。 出来たものどうと言うものではないのですが。

お疲れさん。
posted by ペプシマン at 17:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポロ修理。

3月30日、金曜日。

今日は出張で修理です。 VWポロです。
先日、ディーラーさんで診断してもらった結果、スロットルボディが悪いようです。 もう一つ水温センサーにもエラーが出た記録がありました。
7033001s.jpg

スロットルはエンジンの後ろ側です。
7033002s.jpg

部品は新品です。比較です。 その後、水温センサーも交換しました。 クーラントを補充して完成です。
7033003s.jpg

結果はGOOD。 すっかり直りました。

工場に入っていた車を見せてもらいました。
あまり見ない車でTVRです。
7033004s.jpg

グリフィスと言う車でしょうか。
V8エンジンの排気は一度前方向へ導かれています。 手前の排気管を間違えて触ると火傷します。
7033005s.jpg

室内はかなり手作り風です。 大きなエンジンでかなり速いらしいです。
7033006s.jpg

今日の仕事はこれだけでした。 
その後、世田谷まで走って、いつもの車の本屋さんで勉強です。
軽く2時間半は立ち読みさせていただきました。

さあ、帰って寝ましょう。
posted by ペプシマン at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排ガス対策

3月29日、木曜日。

今日は、本当なら朝早くから電車で出かけるはずでした。
しかし、昨日の結果で行く必要がなくなりました。

今日の仕事は対策のやり直しです。

P30号はもっとCO値を下げる対策をしなければいけません。
7032901s.jpg

まずはプラグを点検してみましょう。 CO値が大きかったと言うことは燃料が濃かったと言うことでしょうか。 ならばプラグが黒くなっているのでしょうか。
抜いて点検してみましたが、行く前に新品にしたプラグはとてもきれいに焼けています。 
7032902s.jpg

キャブのジェットの番手を落とせばよいのでしょうか。 メインジェットは110番です。 このキャブのジェットなど手に入るでしょうか。
7032903s.jpg

触媒の位置にも問題がありそうです。 触媒は温度が上がらなければ効果を発揮しません。 エンジンを掛けてマフラーを触ってみると、この位置では手で触れるくらいしか温まりません。 
効き目の程は判りませんが、触媒を前に移設した方が良いでしょう。
7032904s.jpg

切り継ぎを繰り返して、板金屋さんで溶接機を借りながら触媒の位置を前に移設しました。
7032905s.jpg

車に取り付けるとこの位置です。 エンジンからすぐに位置です。これ以上前には付けられません。
7032906s.jpg

下から見てもここしか付けられません。 振動吸収の蛇腹は触媒の後ろに移設しました。
7032907s.jpg

一日掛かりましたが、なかなか良く出来ました。(またも自画自賛)

さて、今度は上手くガスが落ちるでしょうか。 何しろこの車は排ガス規制などはまるで考えていなかった時代の車です。 走りやすい力を如何に出すかと、せいぜい燃費のことくらいしか考えて作っていないのです。  あとから排ガス対策と言われても難しいのかもしれません。 

もっと勉強が必要です。
posted by ペプシマン at 17:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガス検1日目。

3月28日。 水曜日。

朝、8時に出て今日はP30号で走ります。
向かう先はガス検所です。 本当は研究所です。

途中で車の重量を公的な計量屋さんで測って行く決まりですが、何年ぶりかで行ってみると、計量屋さんは無くなってしまっていました。 電話で確認すると、ちゃんと測ってあるのなら要らないと言うことです。 先日測ってもらっておいて助かりました。

13:00からの試験の約束だったのでゆっくり走っていったのに午前中には着いてしまいました。
ここです。
7032801s.jpg

元気に走って到着しました。 2日間がんばりましょう。
7032802s.jpg

ここでは、こんな車も良く見ます。 何しろ'75年製くらい以降の並行輸入車は必ず通る検査場なのですから。 この車は後日、陸事でも見かけました。
7032808s.jpg

試験場はシャッターが閉められていますが、この中でそれぞれ試験が行われています。
7032803s.jpg

今回P30君が受験するのは10・15モード試験と11モードの試験です。
10・15モード試験はエンジン暖気後、アイドリング-加速-20km/h定常-減速-加速-40km/h-加速-70km/h-減速などのモードを3セット走行して排気ガスを全量採取します。 その中のCO,HC,NOxの3成分を分析測定して規定値以下であれば良いです。
11モードは次の日まで車を定温室に保管して、エンジン冷気状態から始動してすぐに11モードの走行をします。 やはり、全量排ガスを採取して上記3成分を測定します。

今日はまず、10・15モードの試験です。合格しないと明日の11モード試験には進めません。

さて、順番が来ました。 まずはリフトに車を載せて、排ガス低減装置の確認です。 今回の追加装置は触媒コンバーターです。
位置を確認すると試験室へ車を入れます。 いよいよ始まります。
車をベルトで固定して、点火や温度計測の測定器を取り付けます。 車の下のローラーは車重によって決まっているフライホイール負荷を与えられます。
まずは時速70km/hで10分間の暖気運転です。
7032804s.jpg

計測用の機器類です。
7032805s.jpg

計測室から見守ります。 運転は画面を見ながら試験場の方が行います。 私は室内でプロッターを見ながら結果を待ちます。
測定開始前にCO値がかなり出ていたので自分の工具で時間をもらって調整しました。 
7032806s.jpg

そして約2時間後。  
結果はNGでした。 CO値が測定限界を超えてしまい、モードを最後まで走りきることなく終わりになってしまいました。 
途中で何度か時間をもらい調整をしたのですが、やはりだめでした。 
顔を洗って出直します。 車を試験室から出しました。
試験室には次の車、左ハンドルのスカイラインクーペ(?)が入って行きました。
7032807s.jpg

残念ながら、今日は帰ります。 
本当なら今日は車をここに置いて電車で帰るはずだったのですが、車は対策のやり直しです。

渋滞にはまりながら元気なく返ってきました。
残念。 試験は払い込んだお金で3回まで受けられます。
次回がんばりましょう。





posted by ペプシマン at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

スカイライン車検、ポロ修理。

3月27日、火曜日。

今日の車検はスカイラインです。
R33というタイプのスカイラインで、2500ccの4ドアモデルです。
下回りを洗浄してから横浜の車検場へ向かいました。
途中のテスター屋さんで調整をして、ナンバー球の球切れを交換しました。
7032701s.jpg

横浜の車検場も3月末でかなり混んでいます。 車を置く場所もなかなか見つかりません。
この時期だけ場内整理のガードマンが大勢雇われて入っているのですが、車で毎日来ている人たちのほうが慣れています。 急に雇われたガードマンで、返って混乱しています。
7032702s.jpg

かなり並びましたが、何とか午前中に検査を終了しました。
7032703s.jpg

そして、近くの工場へ修理を頼まれ寄りました。
車はVWのポロです。
アイドリングが安定しません。 アクセルペダルを踏むと、ペダルがブルブルと震えます。 何か、オートクルーズのアクセルペダルがひとりでにスピードを調整しているような動きです。
7032704s.jpg

VWディーラーの後輩に電話で聞いてみると、スロットルボディが悪いのかもしれないと言います。
とりあえず、エンジンカバーを外し、スロットルを調べてみます。
7032705s.jpg

エンジンを掛けると、スロットルのバタフライがパタパタとモーターでひとりでに動きます。 アイドリングの制御が上手くできないようです。 しかし、どうしてこうなるのかが判りません。
見ていても電子制御はわからないので、無理を言って、ディラーさんの機械に繋いでもらうことにしました。

第三京浜を走って、後輩のいるVWディーラーさんへ向かいました。 アイドリング以外は至って好調です。
ディーラーさんの工場は車でいっぱいでした。後輩のサービスマンもとても忙しそうです。
7032706s.jpg

ポータブルの診断機を繋いで、調べてもらいました。
結果は、水温センサーのエラーとスロットルボディの不具合のようです。 やはり、診断機は偉大です。 こんなの部品交換でもしてみないと絶対に判りません。 助かりました。 おまけにコーヒーご馳走様でした。 
7032707s.jpg
また、新横浜まで帰ります。

スロットルボディの部品代は7万円です。 試しに替えてみるなんてできない金額です。 でも、お客さんに了解はもらえたようです。 部品が入ったらまた来ます。
車を返して、スカイラインに乗り換えて返ってきました。

スカイラインはその後、点検をして、伝票を作って、夜までに納車しました。

いよいよ年度末ですね。 車検場の一年で一番混む時期です。
しかし、私は今年度の車検は多分今日でお終いです。
あと3日間はもう行きません。
皆さんがんばってください。

私はガス検がんばります。



posted by ペプシマン at 23:09| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アトレーセブン車検。

3月26日、月曜日。

今日も車検が一台あります。
ダイハツのアトレー7と言う車です。
軽自動車のダイハツアトレーをスライドドア以降をストレッチして伸ばした、当時もっとも小さい7人乗り車です。
7032601s.jpg

走行距離もあまり多くなく、年式も比較的新しい車なので、湘南の陸事にて、午前中に継続検査を終了しました。

多少整備項目があります。 お昼を食べてからはじめました。
あれ、エンジンはどこにあるのかな。
7032602s.jpg

椅子の下にありました。 ベルトを2本交換しました。
7032603s.jpg

エンジンオイルとフィルターも交換です。
7032604s.jpg

伝票を作って納車に行きました。

夕食後、P30君のガス検準備です。
今日は仮ナンバーを付けて、試走をして見ます。 ガソリンを入れて、仲間のガレージまで走りました。

リフトを借りて上げています。 触媒前後から排気漏れしていないか確認します。
7032605s.jpg

そして、何をするかと言えば、体重測定です。
ガス検は車重によって走行モードの負荷を変えます。
車検時に重量ランクが合っていないと試験結果は無効になってしまいます。

4つのタイヤの下に計測器を入れて、リフトを降ろします。
7032606s.jpg

これが測定器部分です。
7032607s.jpg

ここに重量が表示されます。 一輪ごとに数字が出ます。
レース車両を作る人が使うとても高価な機械です。
この車は合計およそ650kgでした。
7032608s.jpg

ちょうどそこに現れた、日本一有名な青いジャパンも体重測定してみました。
7032609s.jpg

車内に荷物や工具を積んだままですが、結果はほぼ車検証どおりの重量でした。
7032610s.jpg

夜2:00AMごろまで話をして、帰って来ました。
車は意外と良く走ります。 調子が良いことが何よりです。
ガス検、がんばりましょう。




posted by ペプシマン at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガス検準備。

3月25日、日曜日。

今日はお休みの日曜日なのですが、昨日早寝してしまったので、ちょっと反省して、今週のメインイベント、Panda 30(以下P30)のガス検の準備をします。
ガス検とは、公的機関による排気ガス試験のことで、昭和50年の排気ガス規制適用後の並行輸入車を国内で登録する際、試験結果通知書の提出が義務付けされているものです。
つまり、公的機関に車を持ち込み、排気ガス試験を受けて、合格した通知書を持って陸運局へ来なさいという決まりなのです。
ちなみに試験代金は\191,100です。 もう払ってしまいました。

このP30は昭和55年製なので、検査結果が必要です。
7032501s.jpg

もともと全く排気ガスの浄化など考えてもいなかった車です。何も対策をしないでどの程度の実力があるのか全くわかりません。
先日、マフラーに触媒を取り付けました。 これだけで充分な排ガス浄化ができるのでしょうか。

点火時期も排ガスには大きく影響します。
現状を確認しましょう。
タイミングライトで測って、0度に合わせました。 走りよりも、排ガス優先の点火時期ですです。
7032502s.jpg

点火が悪いと排ガスは汚くなります。 プラグは新品に交換しました。
7032503s.jpg

ディストリビューターはありません。 プラグコードなどは大丈夫そうです。
7032504s.jpg

小さなシングルキャブの付いたエンジンです。あまりパワー優先のエンジンとは思えないので、それほど排ガスは悪くはないのではないでしょうか。

吸気の夏冬切り替えはどちらに合わせたらが良いのでしょうか。
とりあえず、夏に合わせました。
7032505s.jpg

これで行って見ましょう。 こればかりは、実際に測定してみないとわかりません。
上手く行くと良いのですが。




posted by ペプシマン at 22:06| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜日、ひと段落。

3月24日、土曜日。

昨日、夜遅くなってしまって作業できなかったホンダFITのオイル、フィルターを交換します。
7032401s.jpg

ほかに悪いところもないので、伝票を作って納車しました。

次に、テールレンズ割れの車を修理します。部品は中古の部品を購入済みです。 マーク2ですね。
7032402s.jpg

今週はとても忙しかったので、今日は早めに終わらせて、家族を連れて温泉に入りに行きました。
子供達、風呂上りで夕食です。
7032403s.jpg

私も帰ってすぐに寝ました。
posted by ペプシマン at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初回車検3台。

3月23日、金曜日。

朝まず一台、ホンダFITを預かります。
その車でもう一台、日産セレナを板金屋さんへ預かりに行きます。
セレナを運転してもらい、2台で湘南陸事へ向かいました。
どちらも今回がはじめての3年目の車検です。 
さすがに3月の後半の金曜日で車検場は混んでいます。
7032301s.jpg

湘南の車検場ではこれ位車が並べば混んでいる方です。 まずはセレナです。
7032302s.jpg

やっと検査コースの入り口まで来ました。
国産新車の初回車検なら楽勝です。
7032303s.jpg

そして、もう一台、続けて受験します。 お昼近くになって少し空いてきました。
おや、前の車は英国車だな。 何でトランクがガムテープで閉じてあるのかな。
7032304s.jpg

もちろん、2台とも検査は合格です。 お昼を食べながらすぐに帰ります。
午後、もう一台、昨日の夜預かった車の検査があります。

ダイハツタントで、これまた新車からの初回車検です。
3月は新車の売れる時期なので、新しい初回車検の車が私にも回ってくるのでしょうか。 年間200台車検に車を預かっても新車から初回の車検の車はあまり私には回ってきません。 一日に3台も初回車検など初めてです。
7032305s.jpg

今度は横浜の軽自動車検査協会へ向かいました。
ここがまたとても混んでいます。 敷地内に車が入りきれず表の道で入場制限をしています。 やっと敷地内に入れました。
7032306s.jpg

受付を済ませて、車を検査コースに並べます。
検査コースの入り口は遥か向こうです。 ゆっくり待つしかありません。
7032307s.jpg

とても時間は掛かりましたが、車は何も問題なく検査は軽く終了しました。 なんだかいつもと違う意味で疲れました。

さて、帰り道に近くの工場へ寄りました。 修理を頼まれていました。 ウインカーが点滅しないと言うアウディTTの修理です。
7032308s.jpg

車も何も見ないうちにウインカーリレーを注文しました。
多分間違いないでしょう。
さて、どこに付いているのかな、どんな形状の部品かな。
箱から取り出してびっくり。 こんな形状でした。
7032310s.jpg

ハザードスイッチの後ろにスイッチと一体になっているのでした。 確かにウインカーが作動するときこの辺でカチカチ言います。
さて、どうやって交換するのかな。
7032309s.jpg

スイッチ類の下側に付いているラジオを外して、下側からアプローチするとありました。 ASSYで後ろ側に抜けました。
7032311s.jpg

交換して、これで直ったでしょうか。 ばっちりです。 大抵こんなものでしょう。 部品代が7千幾らだったので違う原因だったら大変ですが直ってよかったです。

工場を出て、そのままタントを納車に世田谷に向かいました。
もう夜になってしまいました。 第三京浜の多摩川の橋の上で渋滞しています。 
このタントという車ははじめて乗りましたが、メーターやカーナビの取り付けが未来の車みたいでかっこ良いですね。 軽自動車も大したものです。
7032312s.jpg

車を納めて、自分の車で帰ってきました。
フィットの納車は今日できなかったので明日にしてもらいました。
今日も良く走りました。
お疲れさん。
posted by ペプシマン at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

納車。

3月22日、木曜日。

今日は、お昼に約束があるので、急いで午前中に車検を一台済ませてしまいましょう。

預かった車はスカイラインです。 R35と言う新しいスカイラインです。 初めての車検の車です。
点検をしてから、湘南の陸事へ向かいました。

急いですべて終わらせ、帰り道です。 急いでいたのと、あまりにも車検が順調だったので、車検場で写真を撮るのを忘れました。 やはり、新車は良いですね。

帰り道の写真です。
7032201s.jpg

車はすぐに納めてしまいました。

午後来るお客さんが来てくれたのは17:00ごろでした。
とても道が混んでいたそうです。
先日新規予備検を取得した車の引き取りに来てくれました。
7032202s.jpg

これからまた、すぐ名古屋にお帰りになるそうです。 食事に誘ったのですが、お帰りになるそうです。
今度ゆっくりおいで下さい。 お疲れさまです。

私は、車が無事に納車できたので、ひと段落着いた感じです。

お客さんがお帰りになった後、明日の車検の準備です。
明日も上手く3台車検をこなしたいです。
夜のうちに、世田谷まで車を預かりに行きました。

明日もがんばりましょう。
posted by ペプシマン at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マフラー製作。

3月21日、水曜日。

春分の日でお休みの日です。
車検場もお休みなので、今日はお家の仕事です。

Panda の整備をしましょうか。
排ガス試験を受けなければいけないこの車は、まず何より、触媒を取り付けなければいけません。
7032101s.jpg

空冷二気筒のこの車は、エンジンは前に積まれていますが、基本的にはチンクのエンジンの排気量アップ版です。
今付いている排気管には触媒はなく、まっすぐです。
7032102s.jpg

床下の良さそうな位置を探します。
7032103s.jpg

ここを切って、触媒を入れます。 以前から準備してあった高年式のpandaの触媒です。
7032104s.jpg

板金屋さんで溶接機を借りて、自分で溶接しました。
7032105s.jpg

取りつけはこんな感じです。 大変良くできました。まるで純正装着のようです。 自画自賛です。
7032106s.jpg

片付けて、部屋に入ると家族はもう寝ていました。 
犬も良く寝ています。 仔犬は甘ったれなのでお母さんにくっ付いて寝ています。
7032107s.jpg

お疲れさんでした。




posted by ペプシマン at 03:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3台車検。

3月20日、火曜日。

今日は車検を3台こなさないといけない日です。
ちょっと早起きして、昨日から預かっているプリメーラUKで妻と一緒に車を預かりに行きます。

預かった車は日産のウイングロード赤です。 妻に運転してもらい、2台で平塚の湘南陸事へ向かいます。
午前中に2台とも片付けてしまいましょう。
まずはウイングロードです。
7032001s.jpg

こういう日に限って車検場は混んでいます。明日が祭日な影響もあるかもしれません。 
検査コースに並んでいると、隣の新規検査コースにはキャンピングカーが4台並んでいました。 だんだん暖かくなってくると、彼らのシーズンですね。
7032002s.jpg

この車の横でびっくりしたのは、この張り出したウインカーです。
キャビンより後ろのキャンピング設備が幅広なので、巻き込み防止のためにサイドマーカーとサイドミラーが見やすく出っ張っているのです。 何とか言う名前のサメのことを思わず思い出しました。
7032003s.jpg

ウイングロードは難なく終了して、次はプリメーラUKです。
7032004s.jpg

これも特に何もなくお昼ぎりぎりに終了しました。
妻にはウイングロードでそのまま帰ってもらって、私は昨晩運んだ車のところへ向かいます。
ビックマックセットを食べて、午後一番に車検場へ向かいます。
15分くらいの距離ですが、その間に、昨晩は正常に動いていたスピードメーターが動かなくなってしまいました。
これはいけません。
車検場の近くのテスター屋さんにまず寄ります。
ヘッドライトの光軸を調整してもらっています。 今回の車は光量は大丈夫そうです。
7032005s.jpg

場所を借りて、スピードメーターケーブルを調べます。
7032006s.jpg

後ろをジャッキアップして、ミッション側の取り付け部を調べます。
7032007s.jpg

後輪を空回りさせて、ケーブルを抜き差ししながら調べていると、またメーターが動き出しました。
7032008s.jpg

動いているうちに検査場へ行ってしまいましょう。
7032009s.jpg

輸入新規の検査はいつものように苦労することなく、今回は至ってスムースに終了しました。 この手の古い車は、車検場へ来てから苦労することが多いのですが、今回はとても順調に終了しました。
予備検査証が発行されるのを待ちながら、新しい案内が出ていたのでもらって読みました。
4月から、新規、継続検査の検査項目がまた増えるようです。
さらに検査時間が長くなって、車検場が混むのでしょうか。
7032010s.jpg

今回、大きな変更点の一つが、社外品のマフラーを付けている車は、全車音量の測定をして判断することです。
これは案外苦労するかもしれませんね。
測定方法は排気管の後方50cmに測定器を置いて、エンジン最高回転の75%の回転数で数秒間測定する方法です。
基準値は乗用車ではリヤエンジン車で100dB、それ以外の車で96dB以内です。

さて、予備検証が発行されて、車を入れ替えると、プリメーラで帰ります。

戻ると、ウイングロードの整備、プリメーラの納車と済ませて、また夜中にFIATを取りに行きます。
帰り道に、気にしながらスピードメーターを見ていましたが、順調に作動していました。
先程の症状は何だったのでしょうか。

まあ、とにかく今日は3台終わってほっとしました。
お疲れさん。




posted by ペプシマン at 03:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイパー修理、どうなることか。

3月19日、月曜日。

久しぶりに日記を続けましょうか。

朝一番に藤沢まで車を預かりに行きました。
日産プリメーラです。 しかし、英国生産の5ドアのプリメーラです。
7031901s.jpg

車検は明日受ける予定です。今日は準備です。
エンジンオイル、フィルターを交換します。
7031902s.jpg

今日、車検に行けない最大の理由はこれです。 フロントガラスが割れています。 割れは30-40cmくらいの長さで横に伸びています。
7031903s.jpg

ガラス屋さんに相談して、金額見積もりしてもらいました。
もう古い車なので、純正の新品のガラスではなくて、中国製か何かの安い社外品でお願いしたいのですが、と調べてもらいました。  しかし、返事は意外にも、純正ガラスしか無いと言うのです。9万円です。  プリメーラのガラスで、社外品が無いのですか。 と聞き直すと、この5ドア車だけ、ガラスが違うと言うのです。
仕方なく、中古部品を検索してもらいました。 すると、ありました。 4分の1以下の値段です。 早速送ってもらいました。
岩手から来ました。
7031904s.jpg

ガラス屋さんに入れ替えに来てもらいました。 これはガラスを外した状態です。
7031905s.jpg

入れ替えはすぐに終わりました。 貼り付けガラスなのですぐに動かすのは良くないので、その場に置いて動かさないようにしました。 助手席のドアトリムが剥がれているのを修理して、この車はお終いです。
もう一台の車の、車検準備です。

Nuova500SPORT と言う大変貴重な車です。 先日のクローズドルーフに続いて、こちらはオープンルーフです。 1959年製です。
7031906s.jpg

国内仕様に改善する項目が幾つかあります。
前後のナンバープレートのステーを日本の規格のものに交換です。 後写鏡も取り付けなくてはいけません。 非常用信号具や操作系の表示も必要です。 灯火類も確認しておかないと、5年間動かしていない車では不安です。
7031907s.jpg

おっと、ワイパーが動きません。 スイッチでも悪いのかな。
フロントフードを開けると、すぐにスイッチの裏側が見えます。
ヒューズボックスには電気が来ています。 その線をたどってスイッチを調べるとちょっとおかしいです。 嫌な予感がしました。 ヒューズボックスから来た電源の線のギボシ端子がスイッチに刺さっていないのです。それも、ギボシ端子がビニールテープで絶縁されて、わざとスイッチから抜いてあるような様子なのです。 
絶縁テープを剥がして、正規の位置に差し込んで見ました。 やはり、思ったとおり動きません。 これは他に動かない原因があるのでわざと線を挿さずに絶縁してあるのに違いありません。
これはまずいです。 木曜日までに検査を終わらせる約束です。 水曜日が祭日なので、火曜日の明日検査を終わらせなければいけません。 今日中に解決するでしょうか。 不安になりました。
7031908s.jpg

まずはスイッチの点検です。 とても判りやすい仕組みなので、テスターで調べればすぐに正常に作動していることが判りました。
7031909s.jpg

次はワイパーモーターです。 これが壊れていたら、今日中に修理は無理です。 代わりの部品を探さなければいけません。
それにしてもレストアは完璧ですね。 こんなメーターの裏までピカピカです。
7031910s.jpg

ワイパーリンクとモーターをセットで車から外して、直接電源を入れて見ます。 しかし、無情にもモーターはピクリとも動きません。 
7031911s.jpg

ここまで来たら、モーターも分解するしかありません。
まずは、定位置で止まるためのオートストップの接点から調べます。 バッテリーとテスターで調べますが問題ないようです。
いよいよモーターを分解します。 これはもう無理かもしれないな。 と半分諦めながらも全部分解してみました。
7031912s.jpg

この車は、イタリアでレストアされて日本に来た車です。 モーターを分解して驚いたのは、モーターのブラシが新品なのです。 他のベアリング等も新品です。 ここまでレストアされたのにどうして動かないのでしょう。 コイルもすべて導通を確認したのですが、OKです。 良くわからないまま、一旦組み立てました。 もう一度電源を繋いで見ると、一瞬ぶるっとモーターが動きました。 その後は動かないのですが、これは生きています。
やる気が出てきました。 もう一度分解して、良く調べます。 ブラシは新品です。 相手側のアーマチュアもきれいになっていますが、どこかに動かない原因があるはずです。 ブラシの先端をヤスリ掛けして、接点側も磨いてみました。 すると、また少し動きました。 今度は棒やすりで接点をがりがり磨きました。
すると、モーターは動くようになりました。 2時間掛かりましたが、原因はここでした。 下手にモーター内部の部品をすべて新品に交換したので接点の接触が悪くて動かなかったのでしょう。
レストア職人さんは車にすべて組み込んだ後、モーターが回らなかったので、いろいろ調べた結果解決できずに配線を抜いてしまったのでしょう。 
さあ、動いてよかった。 車にモーターを組み付け、ワイパーブレードも取り付けます。
これで雨が降ってもOK。 他の電装品はすべてOKです。 車検の準備ができました。
7031913s.jpg

さて、明日は大変です。 水曜日が祭日なのを忘れて車検の予定を入れてしまったので、明日この車を含めて、3台終わらせないといけません。 
夜のうちにこの車を平塚に運んでおくことにしました。
明日の昼間に車検場に向かう途中でエンコされたら堪りません。
7031914s.jpg

帰ったら1:30AMでした。 急いで寝ないと明日は忙しいぞ。




posted by ペプシマン at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

ボートショー見学

3月18日、日曜日。

今日は家族を連れて、横浜で開催されているインターナショナルボートショー2007を見に行きました。
7031801s.jpg

お昼過ぎに着いたのであまり時間がありません。
まずはラムアソシエーツさんのブースへ行って、差し入れを置いて、荷物を置かせていただきます。
少し見て回ります。

ホンダのブースにきれいな木の船がありました。 古い船かと思えば新艇です。 
7031802s.jpg

船型は最近の船の形です。 とてもきれいな船です。
7031803s.jpg

ボートトレーラーの国内最大手ソレックスのブースです。
トレーラーの灯火類は車と同じでLED製の物が多くなっています。電力が少なくて球切れしないのでまさにボートトレーラー向けです。
7031804s.jpg

ボート用品やアクセサリーもたくさんあります。
7031805s.jpg

ちょっと変わったボルボのドライブです。
プロペラが前に向いています。写真で言うと、右側が前です。
ステアリングを回すと、プロペラより後ろで舵が切れるので、すごく小回りが利くそうです。 船にはまだまだ新アイディアの余地があるのですね。
7031806s.jpg

船の模型をたくさん飾っているブースです。 すべてラジコンで操作できる走る船です。 実に良くできていました。
7031807s.jpg

これは、プレジャーボートの最高級、リーバ アクアラマの模型ですね。 車で言うとロールスロイス コーニッシュでしょうか、いやイタリア製だからフェラーリ デイトナかな。
7031808s.jpg

子供はやはり大きな船に乗りたがります。 ヤマハの船です。
7031809s.jpg

今年から会場を横浜に移したので、大きな船は海の上に浮かんで展示しています。 海外の大きなボートショーのようです。 規模は小さいですが。
7031810s.jpg

50フィートクラスの船には皆立派なベッドルームが備わっています。 波の音をちゃぷちゃぷ聞きながらこんな船でゆっくりしてみたいものです。
7031811s.jpg

外はちょっと寒いですが、やはり船は水の上で少し揺れた方が船らしいですね。 十分楽しみました。
7031812s.jpg

閉会になるまで遊んでいて、ちょっとだけ片付けを手伝うと、お礼を言って帰ってきました。
皆様本当にお疲れ様でした。


posted by ペプシマン at 01:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンツパワーステアリングオイル漏れ修理。

3月16日、金曜日。

今日の車検の車は車検場に近い茅ヶ崎にある車です。
自分の車を置かせてもらい、乗り換えて車検場へ向かいます。
車は日産のバネットです。
かなりスパルタンな外装ですが、車検には問題ありません。
7031601s.jpg

反対側もちょっと角が丸くなっています。全幅が広がっていなければOKです。
7031602s.jpg

それよりも、キャブレターの調子が良くありません。 暖気が済むとアイドリングが安定しません。
テスター屋さんで調整します。 キャブレターはちょうど作業のしにくい場所に付いています。 調整用に小さなサービスホールがありました。
7031604s.jpg

スモールライトも点きませんでした。 これは接触不良でした。
7031603s.jpg

これで何とかOKです。
検査は無事終了しました。

車を返して、その近くのお客さんのベルト交換に行きました。
BMWの318です。 6気筒の収まるエンジンルームに4気筒エンジンなのでとても作業性は良いです。 すぐに終了しました。

帰ってから、先日から預かっているベンツのオイル漏れ修理です。
7031605s.jpg

パワーステアリングのホースからオイルが滲んでいます。
7031606s.jpg

低圧側のホースです。 新品に交換です。
7031607s.jpg

もう一本も新品に交換します。
7031608s.jpg

バンドを締めて、純正オイルを補充します。
7031609s.jpg

もう一つ、エンジンオイルとオイルフィルターを交換します。
7031610s.jpg

これでOKです。
伝票を作って納車に行きました。

今日はお終い。 お疲れさんでした。



posted by ペプシマン at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

チェイサー、バネット車検2台。

3月15日、木曜日。

朝、預かった車はトヨタのチェイサー。
横浜陸事へ向かいました。

今日は陸事の近くに、370店舗お店の入った大型ショッピングモールが開店するという事前情報があったので、無事に陸事までたどり着けるか心配でした。

確かに、道にはプラカードを持った案内の人たちが何人かいました。 けれど、予想していた渋滞には全く出会わずに車検場に到着しました。
7031501s.jpg

2階の窓から覗いてみましたが、場内もそれほど混んではいません。
さっさと終わらせて帰りましょう。
7031502s.jpg

検査を終わらせ、お昼前に陸事を出発すると、反対の車線が混み始めています。 良く考えれば、ここへ来た時間にはまだお店は開店していなかったはずだ。 混むのはこれからですね。

急いで、逃げるようにして帰ってきました。

午後の車検はトラックです。 今日のトラックは工務店さんの車です。
おっといけない。 キャビン後ろの鳥居が延長してある。 
これはいけません。 車検証の寸法と比べてみると、やはり100mmくらい全高が高くなっています。 
7031503s.jpg
構造変更するか、元に戻すかです。

元に戻しました。
7031504s.jpg

さて、午後は横浜陸事には行きたくないので、湘南陸事に向かいました。
テスター屋さんでライトの光軸の調整中です。
7031505s.jpg

湘南の検査場は今日もあまり混んでいません。 のどかなものです。
7031506s.jpg

検査を終わらせ、車検場仲間とお茶を飲んでから帰ってきました。

帰ってきてから、サイドブレーキの調整ほか整備を終わらせ、納車です。

後から聞いた話では、やはり、午後から横浜陸事付近は大変な渋滞だったそうです。
私は朝から覚悟していた程時間に追われることなく終了したので助かりました。
今日は早寝できます。
posted by ペプシマン at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月03日

ボートショー準備

3月14日、水曜日。

今日の車検は漁師さんのトラックです。
砂浜でも走れるように4WDです。

昨日のうちにマフラーを溶接で直しておいてもらったので、すぐに車検場へ向かいます。 きっと混んでいる筈です。
7031401s.jpg

道は混んでいましたが、車検場はそれほどの混み方ではありません。 しかし、検査コースを出たのはお昼になる頃でした。
7031402s.jpg

車検場を出ると、新横浜の工場へ寄りました。
先週の金曜日に部品の製作をお願いしてあったのが、できたそうです。
私の部品の簡単なイラストから、すぐに材料を手配してくれて、作ってもらえました。 とても早いレスポンスに感謝します。
早速部品をトラックに載せて出発です。
7031403s.jpg

次に寄ったのは横浜みなとみらい地区のパシフィコ横浜展示ホールです。
明日から、ジャパンインターナショナルボートショー2007がここで開催されます。 今日は搬入準備日です。

会場は皆準備で大忙しです。 私が行ったRAMさん、ワンズさんのブースはほぼ準備が終わっています。
これは、アメリカのボートトレーラーの一流ブランド"EZ LOADER"社のボートトレーラーです。 3台展示します。
7031404s.jpg

私の作ってきた部品は、ボートトレーラーの部品です。 フレーム上面の滑り止めステップです。 トレーラーのフレームは他社も含めてほとんど2インチ(50.8mm)の角パイプです。 そこに被せるステップです。
手軽にカスタムできる簡単なアクセサリー部品です。
7031405s.jpg

今回の展示のボートはちょっと変わった船です。
アルミのポンツーンボートです。 船外機で走ります。
7031406s.jpg

前側から見た船底です。
7031407s.jpg

この船はスピードを出して走るのが目的ではありません。 湖や海に浮かべて、釣りやパーティーや、ジェットスキーチームの浮き桟橋にしたり、ダイビングチームの休憩場所などになります。
トレーラーに乗せて車で移動できます。 
幌屋根やトイレも完備しています。 運転席と客席です。
7031408s.jpg

この船の上から会場を見渡してみました。 まだ皆さん準備中です。 今晩一晩で準備を終わらせないといけません。
7031409s.jpg

私は途中で失礼して、一旦帰ります。 車の納車です。
車を納めてから、部品探しに買い物に走ります。
ボートショーに展示しているボートトレーラーの灯火類を点灯させるため、バッテリーとウインカーリレー、配線、バッテリー充電器を探します。 バイク用品店に、電球のワット数に拠って点滅回数が変化しないウインカーリレーがあるはずです。 閉店の時間を調べて、時間ぎりぎりの20:00にお店に行ってみたら、月に一回の定休日でした。 どうやって点滅させましょうか。 自動車用品店にも寄りましたがありません。 帰り道の仲間のガレージに寄ったら、なんとありました。 ちょっと違いますが、間欠ワイパーのリレーです。 調整式なのでこれで行けそうです。
バッテリー充電器も借りて、また急いでパシフィコ展示ホールへ向かいます。
ワンズの社長をホテルに迎えに行ってから0:00ごろにパシフィコ展示ホールへつきました。 深夜でもまだ準備している人たちが他にもいました。
借りてきた間欠ワイパーリレーとバッテリー新品、充電器、配線です。
7031410s.jpg

これでスモールランプとウインカー類が点灯、点滅するように簡単に配線を作りました。 何とか間に合いました。
7031411s.jpg

明日の準備はこれでお終いです。
7031412s.jpg

近くの友達のお好み焼き屋さんに一緒に行って、夕食を食べました。 1:00AM 過ぎでしたが、聞いてみると、社長は今朝3:00から起きて搬入準備をしていたそうです。 遅くまでつき合わせて申し訳ありませんでした。 明日、本番、寝坊しないでくださいね。
7031413s.jpg

社長をホテルまで送って、私も帰りました。

posted by ペプシマン at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。