2007年10月28日

シトロエン2CV修理。

8月12日、日曜日。

日曜日ですが今日はお休みせずに働きましょう。
今日の車はシトロエン2CVです。
7081201s.jpg

製造年式から言うと、この車はシートベルトは必要ありません。
しかし、お客さんの希望でシートベルトを付けることになりました。
まず、シート自体がオリジナルではなく、国産の軽自動車のシートに既に交換されています。 なので、シートベルトの差し込み部分が残っています。
7081202s.jpg

今回取り付ける2点式のシートベルトです。
7081203s.jpg

アンカーボルトを利用して取り付けました。
7081204s.jpg

次は右ドライブシャフトの修理です。
7081205s.jpg

シャフトの取り外しは難しいです。 国産車のようにストラットタイプのサスペンションではないので、ハブを外側に動かすにはキングピンを抜かなければいけません。
7081206s.jpg

ミッション側を動かして、シャフトを外しました。 特注品のドライブシャフトです。
7081207s.jpg

アウター側のCVジョイントのキットです。 
7081208s.jpg

品物サイズを確認して交換しました。
7081209s.jpg

グリスを入れなおして組み替えしました。
7081210s.jpg

新品は気持ち良いですね。
7081211s.jpg

反対側のシャフトもエンジンを持ち上げながら外しました。
7081212s.jpg

こちらはインナー側のブーツ交換のみです。
7081213s.jpg

シャフトを分解して交換します。
7081214s.jpg

新しいグリスを入れて組み上げます。
7081215s.jpg

取り付けを済ませると、他の整備もしてしまいましょう。
グリスポイントが幾つかあります。
7081216s.jpg

エンジンオイルも交換しましょう。
7081217s.jpg

これで完成。 明日はオーナーさんが長野県まで走るそうです。 無事に着けるでしょうか。

次はボルボです。 240エステートです。
7081218s.jpg

クーラーガスチャージです。 さすがにこの時期、暑さには勝てません。
7081219s.jpg

その他、事務仕事を幾つか終らせ、夜になりました。
さて、出発です。
車に荷物を積み込んで、妻と子供と犬を2匹積み込むと出発です。
皆さんすみません。 明日から夏休みです。
7081220s.jpg
行ってきまーす。

posted by ペプシマン at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガス検準備。

8月11日、土曜日。

今日はFIAT P30号のガス検準備です。
P30号は4回目の排ガス試験を受ける為の準備です。
今回は触媒を新品に交換します。
7081101s.jpg

排ガス浄化装置としての触媒には大きく2種類あります。
酸化触媒、三元触媒です。 

酸化触媒はCO,HC,NOxの有害ガスの内、CO,HCは浄化できます。 しかし、NOxを低減させるにはEGRや二次空気導入などの装置が別に必要です。 今ではほとんど使われません。

一方、三元触媒は上記三要素を低減できるのですが、空燃比が理想空燃比に近い時にのみ性能を発揮できます。 よって、O2センサーを使って常に細かく燃焼を制御する必要があるのです。
現在の車はほとんどこの方式です。

さて、P30号につけていた三元触媒は高年式のPANDAの触媒ですが、中古品でした。 もともとO2センサーなどないP30号は三元触媒は本来の実力を発揮できないのですが、経年劣化による性能低下も考えられます。 やはり触媒は新品に限ります。

触媒はEXHマニホールド直後のこの位置に付けています。
7081102s.jpg

一旦外して、用意した新品の触媒と大きさを比較します。
ほとんど同じ大きさです。
7081103s.jpg

まず、触媒の前でパイプをカットします。
7081104s.jpg

そこに新しい触媒を繋げて位置を決めます。
7081105s.jpg

位置がずれないようにパイプを点付け溶接で仮止めします。
7081106s.jpg

車から取り外して全周溶接します。
7081107s.jpg

車に取り付けてブラケットで固定します。
7081108s.jpg

触媒後のパイプも点付け溶接で仮付けしてから、もう一度車から取り外して溶接します。
7081109s.jpg

これで完成。 なかなか上手く出来ました。
やはり溶接機が良いと上手く出来るものですね。
7081110s.jpg

今回はキャブのジェット替えて少し濃い目にセッティングを変更しました。
7081111s.jpg

それでもポータブルの測定器による排ガス測定ではCO,HCはほとんど出ていません。 
7081112s.jpg

今度は上手くいくでしょう。 試験日は8月21日です。


posted by ペプシマン at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIAT納車。

8月10日、金曜日。

今日は先日予備検査を取得したFIATの登録、納車で千葉に行きます。
朝8:00、レンタカー屋さんで車載車を借りました。
車を載せると横浜横須賀道路から首都高へ向います。良い天気です。
絶好のドライブ日和ですね。
7081001s.jpg

都内の首都高の渋滞は相変わらずです。 
7081002s.jpg

お昼前に習志野の車検場へ到着しました。
7081003s.jpg

午前中に登録を済ませ、新しいナンバープレートが付きました。
7081004s.jpg

車検場には先日まで近くの陸事にいた検査官がここの配属になっていて、少し話をしました。 
ここの陸事は案外台数が多くて忙しいそうです。

さて、お客さんの所へ向いましょう。
ここからはちょっと遠いです。

車検場から2時間以上掛かってお客さんのお店に到着しました。
自動車の販売店をしているお客さんのお店に車を下ろすと、少し話をして、帰ってきました。
7081005s.jpg
レンタカーを返却する時間に間に合わなくなってしまいます。

帰り道がまた混んでいます。
7081006s.jpg

レンタカー屋さんに電話して、他の営業所に車を返すことにしてもらいました。
少し時間が出来たので、新横浜の会社に寄って、車を運んで帰る事にしました。
ベンツC200を車載車に載せてレンタカー屋さんに車を返すとベンツに乗って帰ってきました。

その晩の内にベンツも納車してしまいました。
よく走った一日でした。
posted by ペプシマン at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2CV点検。

8月9日、木曜日。

今日はシトロエン2CVの点検です。 国産軽自動車のコンポーネンツを組み込んだ改造車です。
この車は今までに何度も登場しています。
欄外の検索語句の所に「シトロエン」と入れて検索ボタンを押すと過去の記事が出てきます。
7080901s.jpg

夏休みに遠乗りしたいので点検して欲しいとの事です。
部品調達のために早めに点検しておきましょう。

まず、右側のドライブシャフトから音が出ています。
ハンドルをいっぱい切って発進すると「カラカラ」と音が出ます。
ドライブシャフトは長さを変更した特注品なので、アウター側のCVジョイントのみ交換します。
7080902s.jpg

左側のドライブシャフトはインナー側のブーツに穴が開いています。
7080903s.jpg

部品を調べて部品屋さんに注文に行きました。
posted by ペプシマン at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VW、三菱、ベンツ、ボルボ。

8月8日、水曜日。

まずはバナゴンの修理です。
電動ファンのレジスターが2つ新品部品が来ました。
7080801s.jpg

ヘッドライトの下に付いてます。交換です。
7080804s.jpg

雨上がりにエンジンが掛かりにくい原因だったディストリビューターのキャップとローターも新品に替えました。
5気筒エンジンです。
7080802s.jpg

7080803s.jpg

そして納車に行きました。

次はミラージュディンゴのファンベルト交換。
これはお客さんのガレージで終らせました。
7080806s.jpg

その次は、トヨタノアのETC取りつけです。 これも出張して終らせました。

ベンツのブレーキパッド交換です。
7080807s.jpg

パッドはペラペラに減っていました。
7080808s.jpg

最後はボルボのリヤパッド交換です。
7080809s.jpg

欧州車はブレーキパッドの減りが早いですね。 
7080810s.jpg

7080811s.jpg

今日はこれでお終い。
posted by ペプシマン at 18:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIAT予備検

8月7日、火曜日。

今朝は、まず、FIATのエアコンガスチャージです。
エアコン付き?です。
7080701s.jpg

次は、アルファロメオ164クワドリフォリオのエアコン修理です。
高圧の配管ホースが擦れて、そこから破裂しました。
部品は国内欠品なので、今回は取り外して現品修理します。
7080702s.jpg

その次にお伺いしたのは三菱ディンゴのお客さんです。
ベルトの部品交換が必要です。 部品注文しておきます。
7080703s.jpg

昨日のバナゴンはエアコンの圧力スイッチが入荷したので取り付けました。 スイッチの下に圧力弁があるのでスイッチ交換はガスが抜けなくてやり易いです。
7080704s.jpg

もう一台出張修理でボルボです。 先日、車検の時にインテークダクトが擦れて穴が開いているのに気付いた部分です。
7080706s.jpg

新品に交換しました。
7080705s.jpg

午前中に頑張ってここまで終らせました。
午後からは車検です。
車は国産エンジンに換装されたFIATです。
メーター類も国産部品になっています。 エンジンだけでなく、コンピューターやメーター類も連動しているのですべて一緒に移植されています。
7080707s.jpg

湘南の車検場は今日は空いています。 FIATは以前に予備検査を取得してありました。 しかし、3ヶ月間の期限を過ぎてしまって登録をしなかったので、今回は再予備検を受けに来ました。
7080708s.jpg

検査場が空いていたので短時間で終了しました。
7080709s.jpg

帰り道の江ノ島付近です。 今日は年に一度の花火大会の日なので、まだ夕方なのに道の両側に人が増え始めています。
車の台数はまだあまり増えていません。 
7080710s.jpg
早く通過してしまいましょう。

帰ってきてからは車を洗って納車の準備をして、今日はお終いです。
 





posted by ペプシマン at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

バナゴン、ポロ整備。

8月6日、月曜日。

朝はFIATの修理です。 国産エンジンに換装されたFIATです。
7080601s.jpg

燃料を満タンにしてもメーターが上まで上がらないようです。
フロートの調整をしてメーターを合わせました。
7080602s.jpg

次に預かりに行ったのはフォルクスワーゲンバナゴンです。
7080603s.jpg

雨の日に始動性が悪いそうです。 今日はとてもよい天気なので一発でエンジンは始動しました。
こういう車の原因追求はジョウロに限ります。
水をかけてエンストする場所を探します。
7080604s.jpg

思ったとおりディストリビューターに水をかけるとエンジンがブルブルっとなりました。 原因はこの辺です。
7080605s.jpg

バナゴンはもう一箇所別の修理です。 
エアコンのプレッシャースイッチが壊れて、そこから冷媒が全部抜けてしまいました。
7080606s.jpg

このプレッシャースイッチは以前にも他のVWでも壊れたことがありました。
内部からの圧力で内側から破裂してしまいます。
7080607s.jpg

プレッシャースイッチは取り外すとそこに弁があって冷媒は漏れなくなります。 低圧の配線を直結してスイッチを外すと冷媒を充填してエアコンの利きを確認しました。

エアコンは効くようになったのですが、ファンが回りません。 
電動ファンが回らなければ高圧側の圧力が異常に上がってプレッシャースイッチが壊れるかもしれません。
なぜファンが回らないのか確かめた方が良さそうです。
まずはファンリレーから調べます。
7080608s.jpg

リレーの仕組みから考えると3段階にファンスピードが変わるようです。
しかし、ロースピードのリレーを直結してもファンが回りません。
どこかにレジスターがある筈です。
ヘッドライトの下に見つけました。
7080609s.jpg

レジスターの抵抗値を測ると断線しています。
やはりこの部品の不良がプレッシャースイッチの破損に繋がったのかもしれません。
7080610.JPG

よーく観察すると見えるところで断線していました。
7080611.JPG

プレッシャースイッチの他にレジスターも部品注文が必要です。
しかし、もう部品屋さんは閉まってしまいました。
ここまでずいぶん時間が掛かりました。

21:00過ぎですが、もう一台車を預かりに行きました。
VWのポロです。
以前からいろいろ頼まれていました。
時間が出来たら作業しますと言っていました。 待っていたって私に暇な時間は出来ません。
7080612.JPG

まずはワイパーブレードの交換です。
湾曲したブレードなので専用品です。
7080613.JPG

リモコンのキーレスユニットの取り付けです。 ゴルフと違って配線が難しいです。
7080614.JPG

随分時間が掛かって23:00過ぎに車を返しに行きました。

時間ばかり掛かる一日でした。




posted by ペプシマン at 22:56| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古いスカイラインのリフレッシュ。

8月5日、日曜日。

今日は日曜日ですが、休めません。
もう一ヶ月以上預かっている車があります。
暇が出来たら作業しますよと言ったのですが、一向に暇など出来る様子がありません。 
お休みを返上して作業するしかありませんね。
嫌いな仕事ではありませんが、私だって本当は休みたいです。

さて、頑張りましょう。
このスカイラインは古いです。昭和46年製です。
7080501s.jpg

クラッチ交換です。 ミッションを下ろします。
古い車の仕組みです。 クラッチカバーやディスクはミッションに付けて下ろすタイプです。
7080502s.jpg

左上のクラッチディスクは当時物らしい新品です。
7080503s.jpg

古いディスクはもうリベットが出てしまっていました。
7080504s.jpg

厚みが大分違います。
7080505s.jpg

カバーには案外新しそうなダイキンのマークが付いています。
7080506s.jpg
クラッチカバーはそのままで組み上げました。

次はスターターモーターです。
これはお客さんが持っていたスペアパーツを先に電装屋さんで修理してあります。
しかし、形状が違って取り付け出来ませんでした。
7080507s.jpg

クラッチのレリーズシリンダーです。 お客さんのストックの新品に交換です。
7080508s.jpg 

クラッチのマスターシリンダーも新品に交換です。
7080509s.jpg

比較してみると、若干形状が違います。
配管の接続位置が違います。 
7080510s.jpg

しかし、この頃の車の配管はパイプ曲げが手曲げなので、すぐに曲げなおして解決です。
7080511s.jpg

オルタネーターも事前に修理してあります。 こちらは同じ形状です。
レギュレーターの内蔵されていないオルタネーターです。
7080512s.jpg

取りつけもOKでした。
7080513s.jpg

これで完成です。 
やはり夜になってしまいました。 今日中に納車してしまいましょう。 遅くなって済みませんでした。






posted by ペプシマン at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

船のエンジン、掛かりません。

8月4日、土曜日。

今日は車の修理ではありません。 
船の船外機の修理を頼まれました。 場所は大和市です。
7080401s.jpg

スターターモーターが回りません。 バッテリー電圧は充分です。
スターターリレーを直結すると、モーターが回転しました。
7080402s.jpg

ギヤがニュートラルの時のみスターターモーターが回るようにする安全装置が壊れていました。
7080403s.jpg

船側のコントロールレバーにもニュートラルの安全装置が付いているので、船外機のスイッチは直結してしまいました。

スターターモーターが回るようになったので、燃料を繋ぎ、エンジンを掛けて見ようとクランキングしました。
しかし、初爆がありません。
点火は大丈夫です。 キャブレターにガソリンを直接入れてみると、初爆がありました。 
キャブには燃料が来ているので燃料ポンプの不具合では無さそうです。

昨年から動かしていないので、キャブの内部が詰まってしまったのかもしれません。
外して分解してみましょう。 上下の2サイクル2気筒でツインキャブです。
クランク軸は垂直です。
7080404s.jpg

キャブレターはバイクの物とほとんど同じです。
7080405s.jpg
それでもエンジンは掛かりませんでした。

結局、エンジンの掛からない原因は、燃料タンクの燃料でした。
ガソリンではなくて、軽油が入っていました。
道理で白い煙がいっぱい出たわけです。

燃料を買いなおして入れ替えたら普通に始動できました。

船の船外機エンジンは海水を汲み上げて冷却するので地上でエンジンを掛ける場合、給水口から水を入れていないとオーバーヒートするだけでなく汲み上げポンプを破損してしまいます。
水道水で冷却しながらしばらくエンジンを掛けてアイドリングの調整をしました。

これで終了です。

一旦家に帰って、次は横須賀に向いました。
ベンツのエアコン不具合の診断です。
W124のE320です。 この年式だとコンピューターの診断が出来ます。
16Pのソケットに3色の診断ケーブルを繋げます。
黄色の端子は診断する部位によって差し込む場所が違います。
7080407s.jpg

そしてパソコンと繋げて、画面で調べます。
7080406s.jpg

しかし、不具合箇所は何も見つかりませんでした。 

今日はここまでです。


posted by ペプシマン at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

ルノー車検。バナゴン修理。

8月3日、金曜日。

今日の車検はルノーキャトルです。  おっと、キャトルじゃ無くてサンクだったようです。ご指摘ありがとうございました。
17万キロ走っていますが、とても状態の良い車です。
7080301s.jpg

ウインカーのレンズの色が薄くなってしまったので、塗料で上塗りして色を付けました。
7080302s.jpg

ヘッドライトの光軸調整はライト本体を外して行います。 すぐに外せる構造です。
7080303s.jpg

午前中に終らせて、午後は別の車です。
フォルクスワーゲンのバナゴンです。
冷却水漏れの修理です。 午後2:00頃始めました。
7080304s.jpg

エンジンルームには冷却水の配管が複雑に取り廻されています。
このプーリーはウォーターポンプです。
7080305s.jpg

お客さんは海外から冷却水関係の部品を段ボール箱一箱分買ってあります。 どれがどこの部品なのでしょうか。
7080306s.jpg

まずは見えるところから始めましょう。
ベルトを外してウォーターポンプの交換です。
7080307s.jpg

エンジンの手前側にウォーターポンプです。 左奥側にサーモハウジングや水温センサー、右奥側にラジエターへ行くジャンクションがあります。
7080308s.jpg

リザーブタンクやサーモハウジング、配管を外していきます。
7080309s.jpg

新しい部品と比較しながら外していきましょう。部品が多くてわからなくなりそうです。
7080310s.jpg

夜20:00くらいになってここまで外しました。
7080311s.jpg

さらにまた1時間経ちました。 もうこれで外す部品は無さそうです。
7080312s.jpg

今度は順番に組み付けです。 ガスケットをきれいに剥がして、ウォーターポンプ付近から組みつけていきます。
7080313s.jpg

7080314s.jpg

夜中の0:00ちょうどにFIATのお客さんが来ました。
7080315s.jpg

ドライブシャフトのブーツ交換です。 シャフトを外して、シャフトを分解してアウターブーツを交換しました。
7080316s.jpg
クーラーガスの補充もして、FIATは終了です。 夜中に来てもらってすみませんでした。

さて、バナゴンの続きです。
クーラントのタンクも新品にして、配管を繋ぎ、バンドを締めます。
7080317s.jpg

サーモハウジングも新品になりました。
7080318s.jpg

これでほぼ完成です。 後は冷却水を入れて、エアー抜きです。
7080319s.jpg

完成したのは4:00AM過ぎでした。 さすがにこれほど時間が掛かるとは思いませんでした。
水漏れ確認やエアー抜きのために30分ほど試乗をして、冷却水を規定量まで入れて完成としました。
5:30AMです。 すっかり朝になっていました。
7080320s.jpg

お疲れさんでした。 おやすみなさい。 グー。


posted by ペプシマン at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルボ、アルファード車検。

8月2日、木曜日。

今朝預かった車はボルボです。 850エステートです。
7080201s.jpg

点検をして、横浜の車検場へ向います。
7080202s.jpg

今日も車検場は月初で空いています。 なぜか今日はいろいろなフェラーリを見かけました。
7080203s.jpg

7080204s.jpg

7080205s.jpg

7080206s.jpg
どれも乗ってみたいものですね。
車検は順調に終了です。


東戸塚まで戻って、車を入れ替えます。
今度の車はトヨタのアルファードです。 トヨタの大きなミニバンです。
しかし、車検場に来ると、もっと大きなバンが止まっていたので、並べると一番小さいです。
7080207s.jpg

この車も順調に車検終了して、すぐに納車に行きました。

ボルボに乗り換えて、帰ります。
7080208s.jpg

TRACS、ABSの警告灯が点きます。 
7080209s.jpg

エンジンルームのABSユニットが悪いとよく警告が誤作動してしまいます。
ユニットの基盤の半田浮きが原因です。 しかし、この車のユニットは基盤が取り外しできない年式でした。
7080210s.jpg

奥の方に基盤は見えましたが、修理は出来ませんでした。
7080211s.jpg

インテークのダクトに擦れて穴が開いているのを見つけました。
スロットルとエアフローセンサーの間なのでこれはいけません。
ビニールテープで暫定対策しました。
7080212s.jpg

そこに別のお客さんが来ました。
シトロエンの2CVです。
バッテリーが上がるそうです。
7080213s.jpg

バッテリー端子やヒューズは問題ありません。
7080215s.jpg

オルタネーターの配線が良くありません。 端子とのカシメが良くないです。 新しい丸端子に交換して、半田付けしました。
これで大丈夫です。
7080214s.jpg

またボルボの続きです。
この年式は850でも自己診断が出来ます。
検査端子に配線を挿し込み、ボタンを押すと、赤色LEDで悪い部分を点滅回数で教えてくれます。
7080216s.jpg
特に問題は無いようです。

後はオイル交換して、納車です。
7080217s.jpg

遅くなってしまってすみませんでした。






posted by ペプシマン at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

BMW318車検。

8月1日、水曜日。
やっと8月になりました。

朝一番に見に行ったお客さんは逗子市の方で、車はワゴンRです。
7080101s.jpg

オートマチックのトランスミッションが滑るそうです。 上り坂でエンジン音は上がるのにスピードが出ないそうです。
良くある壊れ方です。
車速センサーが壊れている場合とミッション内部が壊れている場合があります。 ATオイルが減って滑る場合もあります。
ATミッションは年式で3種類ある様です。 写真を撮って、中古ミッションも探して見ましょう。
上から刺さっている丸型のが車速センサーです。
7080102s.jpg

次に伺ったお客さんはトヨタのアイシスです。
中古のサブウーハーを手に入れたそうで、取り付けです。
7080103s.jpg

サブウーハー用の出力端子があるか本体を外して、配線の確認をします。
7080104s.jpg

しかし、トヨタ純正カーナビなので余計な配線は何一つありません。余ったカプラーは一つもありません。
7080105s.jpg
スピーカーの線から分岐する取り付けになりそうです。 取り付けは後日行うことにしました。

次に車検の車を預かります。
この車は事前に点検してきたので、そのまま車検場へ向いました。
今日は横浜の車検場へ来ました。
7080106s.jpg

月初めで車検場はほとんど車がいません。 ガラガラです。
7080107s.jpg

すぐに車検が終ったので、近くのお客さんの所へ車を見に行きます。
先日納車したばかりのフェアレディZ31です。
7080108s.jpg

エアコンのガスが白い煙と共に一気に抜けてしまったそうです。
どこか配管が破裂したようです。
ガスを少し注入してみると、シューーシューという音がして、ガスが漏れています。 高圧の配管が破裂しています。 部品交換が必要です。 注文して後日交換に来ましょう。 やはり電動ファンがちゃんと回っていなかったので高圧側の圧力が異常に上がってしまったのでしょうか。
7080109s.jpg

車検のBMWで帰ります。
オイル交換をしたのでメーター内のサービスインジケーターをリセットしなければいけません。
BMWのサービス端子はエンジンルームです。 丸型の大きなカプラーです。
7080110s.jpg
7080111s.jpg

パソコンに繋げる診断用のコンピューターを繋げてみましたが、上手くいきません。
7080112s.jpg

昔から使い慣れたリセット用のツールでリセットしました。
7080113s.jpg

BMWを納車して、アストロを見に行きました。
7080114s.jpg

KEYがOFF−ON−STARTより先に回ってしまって戻りません。鍵も抜けません。
7080115s.jpg
ちょっとハンドル等を外して調べましたが、かなり分解しないと悪い部品はわからないようです。 アメリカの車は鍵の付近はとてもガードが固く、ちょっとの分解ではシリンダーまで行き着けません。
2時間くらいやってみましたが、出直すことになりました。

帰って、シトロエンクサラのETC取り付けをして、今日はお終いです。 
お疲れさん。







posted by ペプシマン at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

ティーノ車検、BMW修理。

7月31日、火曜日。

今日も車検です。 東戸塚で預かった車に乗って、横浜の車検場へ向いました。
車検の他に廃車の手続きもしなければいけません。
今日で月末なので、月割りの自動車税は、今日廃車にするか、明日廃車にするかで還付される金額が違ってきます。
外したナンバープレートと書類一式を持ってきました。
7073101s.jpg

車検で預かった車はニッサンティーノという車です。
7073102s.jpg

メーターはホワイトメーターで何か複雑なデザインです。
7073103s.jpg

車検は無事に終了して、寄り道無しでまっすぐに納車に向います。
このメーター内部には、ECOと言う緑色のランプがあって、アクセルの踏み方がゆっくりだと点灯します。 これをなるべく長く点灯させながら走る癖を付けると、燃費優先のアクセルの踏み方が身に付きそうです。
7073104s.jpg

今までに何度もお世話になってきた東戸塚のYHさんは来月半ばで閉店だそうです。
お店の方にもずいぶんお世話になりました。 ありがとうございました。
7073105s.jpg

さて、ゆっくりはしていられません。
帰ってから修理の車が待っています。
BMWの840です。
7073106s.jpg

パワーステアリングのオイル漏れです。 配管の途中何箇所からかオイルが漏れています。
まずは高圧チューブの交換です。
7073108s.jpg

次にラジエター近くのP/Sオイルクーラー前後のホースを替えます。
7073107s.jpg

こんな部品でもBMW純正部品です。 マークが付いています。
7073109s.jpg

ホースバンドも4つ新品にしました。 これで大丈夫です。
7073110s.jpg

ここまで終らせて、今日は仕事は終了です。

この後、いつもお世話になっている部品屋さんの社長のお葬式があったので、お焼香に行きました。
生前はずいぶん可愛がってもらいました。
安らかにお休みください。 合掌。

posted by ペプシマン at 02:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オデッセイ、シトロエン。

7月30日、月曜日。

今日の車検はまずホンダのオデッセイです。
朝、車を預かると、横浜横須賀道路で横浜陸事に向います。
今にも雨が降り出しそうな真っ黒な雲が出ています。
7073001s.jpg

車検場は小雨が降っています。 雨がひどくならないと良いのですが。
急いで受付を済ませて車に乗り込み、検査コースへ向います。
7073002s.jpg

車に乗って検査コースに入ると、急にものすごい雨が降ってきました。
まさにバケツをひっくり返したような豪雨です。
7073003s.jpg

車検場の屋根の排水管の容量を超える雨量で、バイクの検査コースあたりは滝のように水が内部に流れ落ちています。
7073004s.jpg

車の検査は無事に終了して、新しい車検証を受け取ると、新横浜の工場へ向いました。

ここで車を入れ替えて午後の車検です。
車はシトロエンのエグザンティアブレークです。
7073005s.jpg

フロントのブレーキパッドを交換してから車検に行きます。
この車はフロント側にパーキングブレーキも付いています。
7073006s.jpg

パッドはぺらぺらに擦り減っていました。
7073007s.jpg

午後の車検場はすっかり雨も上がって、暑いくらいでした。
7073008s.jpg

新規登録なので検査合格の後、新しいナンバーを付けて封印をしてもらってから帰ってきました。
7073009s.jpg

新横浜にシトロエンを納めると、オデッセイに乗り換えて、帰ってきました。

その後、オデッセイも納めて、今日は終了です。
お疲れさん。



posted by ペプシマン at 01:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F6A、770cc仕様です。

7月29日、日曜日。

今日はお休みの日なのですが、ちょっとだけ他の人の仕事を手伝いに(邪魔しに)行きました。

スズキのワゴンRのエンジンを換装しています。
エンジンを降ろすまでは2時間くらいでした。
7072901s.jpg

降ろしたエンジンからトランスミッション、補器類、ドライブプレート、シリンダーヘッドなどを外して再使用します。
7072902s.jpg

左側のシリンダーが次に使うものです。
7072903s.jpg

F6AエンジンにK6Aのピストンを組み込んだ770cc仕様です。
7072904s.jpg

ここまででお昼ご飯です。 
ご飯をご馳走になって失礼しましたが、その日のうちに積み替えを終らせ、自走して帰ったそうです。 
お疲れ様でした。
posted by ペプシマン at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Z31エアコン修理、納車。

7月28日、土曜日。

今日は長く預かっているフェアレディZのエアコンの修理をします。
エバポレーターからガス漏れしています。
7072801s.jpg

エバポレーターは助手席のグローブボックスの奥に付いています。
7072802s.jpg

エバポレーターを取り出すまでに1時間以上掛かりました。 とても苦労しました。
7072803s.jpg

外したエバポレーターは漏れたガスとオイルでベタベタです。 さらにそこに付いた埃で風も流れないほど詰まっています。
7072804s.jpg

ケースを分解して、内部のエバポレーターを交換しました。 新品は欠品だったので、中古部品です。
これなら風量もずいぶん増えることでしょう。
7072805s.jpg

クーラーガスのチャージバルブコアも新品に交換しました。
7072806s.jpg

すべて組み上げて、真空引きをして、ガスチャージしました。
ファンを回すととても冷たい風が出ます。 風量も充分です。
やっと完成です。コンデンサーファンが2つの内1つしか回らないのが気になりますが、これで良いのでしょうか。

伝票を作って、お客さんに連絡をして、夜になってから納車に行きました。
横浜横須賀道路、横浜新道、第三京浜と走って行きました。
エアコンは絶好調です。
7072807s.jpg

長く掛かってしまったことを謝って、自分の車に乗り換えて帰ってきました。
この車は3ヶ月も預かってしまいました。 しかし、もっと長く預かっている車も何台かあります。 
どんなに頑張っても、体は一つ、腕は2本です。仕事量には限界があります。 悪しからず。 
posted by ペプシマン at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車検が無い日も、いろいろ仕事はありました。

7月27日、金曜日。

今日は金曜日なのに車検場へ持ち込む車がありません。
平日に車検に行かないのは1ヶ月以上ぶりです。 6月中ごろにガス検で車検に行かなかったのが最後でした。
たまった仕事は山ほどあります。 いくつ片付けられるでしょうか。

まずはオペルヴィータのお客さんを尋ねます。 エアコンのガスチャージです。
7072701s.jpg

次のお客さんもガスチャージです。 グランドチェロキーのお客さんを尋ねました。
7072702s.jpg

家に戻ってお客さんの対応です。 来てくれたのは保険屋さんです。
マリンジェットの保険に加入します。 いろいろ説明を聞いて、印鑑を押してお金を払いました。 年額で3万6千円くらいです。 
7072703s.jpg

次は板金屋さんの工場でジャガーのXtypeでETCの取りつけです。
7072704s.jpg

もう一台、イプサムにもETCを取り付けました。

そして、次に預かりに行った車はマスタングです。
7072705s.jpg

バッテリーを交換しようと思ったら端子が真っ青です。 高校生の化学の記憶では青色は銅イオンの色でしたね。
7072706s.jpg

端子を磨いていくと、やはり銅が出てきました。
7072707s.jpg

バッテリーは新品交換です。
7072708s.jpg

エンジンオイルも交換しました。
7072709s.jpg

7072710s.jpg

伝票を作ってマスタングを納めに行きました。

今日はこれでお終いにしました。
やり残しはまだたくさんありますが、よく頑張りました。

posted by ペプシマン at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

ファンカーゴ車検。

7月26日、木曜日。

昨晩預かった車はトヨタのファンカーゴです。
今日は横浜の陸事に持ち込みました。
7072601s.jpg

今日も車検場は混んでいます。
そして、とても蒸し暑いです。 途中で10:15の休み時間になってしまいました。
7072602s.jpg

前に並んでいる車や、3台前の車も暑さに我慢が出来なくなったようです。
7072603s.jpg
2台前の車もエアコンなしなのでしょうか、暑そうです。ドライバーさんは車から降りてしまいました。

お昼前には車検は終了して、車検場を後にしました。

次に寄った工場で見た車はちょっと哀れな姿です。 かなり錆びていて、修復するほどの車ではなさそうです。部品もかなり欠品しているようです。
7072604s.jpg

何気なくエンジンルームを見ていてびっくりしました。 何と本物です。 車台番号もエンジン番号も確認し直してしまいました。 熱線入りのリヤウインドーだったのでまさかと思いました。
本物のGT−Rです。 これは修復する価値が充分あります。 
部品は何とかなるでしょう。 よくぞ残っていてくれました。
7072605s.jpg

スーパーカーはいつ見てもかっこ良いですね。 パンテーラですね。
7072606s.jpg

このタイヤの迫力がたまりません。
7072607s.jpg

さて、ファンカーゴで帰って、整備です。
その後、伝票を作って納車しました。

お疲れさん。





posted by ペプシマン at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アコードワゴン車検。

7月25日、水曜日。

今日の車検はホンダアコードです。
朝預かって来て、点検します。
7072501s.jpg

下回りを点検すると、ドライブシャフトからグリスが飛び散った後があります。 ブーツ切れかと思ってよく調べると、ブーツは破れていません。 ブーツの大径側のバンドが欠落してしまっています。
7072502s.jpg

部品屋さんでバンドだけ新しいものを買ってきました。
バンドを締めこんでカットする道具を使います。
7072503s.jpg

狭い隙間から新しいバンドを掛けました。 後は付近を清掃して終了です。
7072504s.jpg

湘南の陸事に持ち込んだのは午後になってからでした。
7072505s.jpg


検査は無事に終了して、暗くなる頃に納車しました。


posted by ペプシマン at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリメーラ、ボルボ。

7月24日、火曜日。

昨日預かった車はニッサンのプリメーラワゴンです。
点検をして、電話で部品注文をしてから車検場へ向います。
今日は良いお天気です。
7072401s.jpg

湘南の車検場へ行きました。
7072402s.jpg

おっと色付きの電球はいけません。 スモール球を透明なものに交換しました。
7072403s.jpg

月末近いので、検査コースも並んでいます。 隣のコースは新車のトレイルブレーザーです。 3台並んでいます。
7072404s.jpg

午前中で終らせて、急いで帰ります。 海岸線の道は海がきれいです。
7072405s.jpg

真っ青な海と空です。 気持ち良いですね。
7072406s.jpg

さて、午後はもう一台車検です。 今度の車はボルボです。
点検をしてから出発です。 クーラントは減っていないかな。
7072407s.jpg

午後の湘南陸事もまた混んでいました。
7072408s.jpg

夕方までかかって車検を終らせて帰りました。 板金修理の車を見に行ってから、プリメーラの整備をします。
7072409s.jpg

朝、注文したベルトを交換します。
7072410s.jpg

ブレーキフルードの交換などして、終了したのは21:00くらいです。
7072411s.jpg

伝票を作って茅ヶ崎に納車に行きました。
7072412s.jpg

今日も夜中の納車になってしまいました。
いつも遅くてすみません。

posted by ペプシマン at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。