2007年10月08日

ルノー車検。バナゴン修理。

8月3日、金曜日。

今日の車検はルノーキャトルです。  おっと、キャトルじゃ無くてサンクだったようです。ご指摘ありがとうございました。
17万キロ走っていますが、とても状態の良い車です。
7080301s.jpg

ウインカーのレンズの色が薄くなってしまったので、塗料で上塗りして色を付けました。
7080302s.jpg

ヘッドライトの光軸調整はライト本体を外して行います。 すぐに外せる構造です。
7080303s.jpg

午前中に終らせて、午後は別の車です。
フォルクスワーゲンのバナゴンです。
冷却水漏れの修理です。 午後2:00頃始めました。
7080304s.jpg

エンジンルームには冷却水の配管が複雑に取り廻されています。
このプーリーはウォーターポンプです。
7080305s.jpg

お客さんは海外から冷却水関係の部品を段ボール箱一箱分買ってあります。 どれがどこの部品なのでしょうか。
7080306s.jpg

まずは見えるところから始めましょう。
ベルトを外してウォーターポンプの交換です。
7080307s.jpg

エンジンの手前側にウォーターポンプです。 左奥側にサーモハウジングや水温センサー、右奥側にラジエターへ行くジャンクションがあります。
7080308s.jpg

リザーブタンクやサーモハウジング、配管を外していきます。
7080309s.jpg

新しい部品と比較しながら外していきましょう。部品が多くてわからなくなりそうです。
7080310s.jpg

夜20:00くらいになってここまで外しました。
7080311s.jpg

さらにまた1時間経ちました。 もうこれで外す部品は無さそうです。
7080312s.jpg

今度は順番に組み付けです。 ガスケットをきれいに剥がして、ウォーターポンプ付近から組みつけていきます。
7080313s.jpg

7080314s.jpg

夜中の0:00ちょうどにFIATのお客さんが来ました。
7080315s.jpg

ドライブシャフトのブーツ交換です。 シャフトを外して、シャフトを分解してアウターブーツを交換しました。
7080316s.jpg
クーラーガスの補充もして、FIATは終了です。 夜中に来てもらってすみませんでした。

さて、バナゴンの続きです。
クーラントのタンクも新品にして、配管を繋ぎ、バンドを締めます。
7080317s.jpg

サーモハウジングも新品になりました。
7080318s.jpg

これでほぼ完成です。 後は冷却水を入れて、エアー抜きです。
7080319s.jpg

完成したのは4:00AM過ぎでした。 さすがにこれほど時間が掛かるとは思いませんでした。
水漏れ確認やエアー抜きのために30分ほど試乗をして、冷却水を規定量まで入れて完成としました。
5:30AMです。 すっかり朝になっていました。
7080320s.jpg

お疲れさんでした。 おやすみなさい。 グー。


posted by ペプシマン at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルボ、アルファード車検。

8月2日、木曜日。

今朝預かった車はボルボです。 850エステートです。
7080201s.jpg

点検をして、横浜の車検場へ向います。
7080202s.jpg

今日も車検場は月初で空いています。 なぜか今日はいろいろなフェラーリを見かけました。
7080203s.jpg

7080204s.jpg

7080205s.jpg

7080206s.jpg
どれも乗ってみたいものですね。
車検は順調に終了です。


東戸塚まで戻って、車を入れ替えます。
今度の車はトヨタのアルファードです。 トヨタの大きなミニバンです。
しかし、車検場に来ると、もっと大きなバンが止まっていたので、並べると一番小さいです。
7080207s.jpg

この車も順調に車検終了して、すぐに納車に行きました。

ボルボに乗り換えて、帰ります。
7080208s.jpg

TRACS、ABSの警告灯が点きます。 
7080209s.jpg

エンジンルームのABSユニットが悪いとよく警告が誤作動してしまいます。
ユニットの基盤の半田浮きが原因です。 しかし、この車のユニットは基盤が取り外しできない年式でした。
7080210s.jpg

奥の方に基盤は見えましたが、修理は出来ませんでした。
7080211s.jpg

インテークのダクトに擦れて穴が開いているのを見つけました。
スロットルとエアフローセンサーの間なのでこれはいけません。
ビニールテープで暫定対策しました。
7080212s.jpg

そこに別のお客さんが来ました。
シトロエンの2CVです。
バッテリーが上がるそうです。
7080213s.jpg

バッテリー端子やヒューズは問題ありません。
7080215s.jpg

オルタネーターの配線が良くありません。 端子とのカシメが良くないです。 新しい丸端子に交換して、半田付けしました。
これで大丈夫です。
7080214s.jpg

またボルボの続きです。
この年式は850でも自己診断が出来ます。
検査端子に配線を挿し込み、ボタンを押すと、赤色LEDで悪い部分を点滅回数で教えてくれます。
7080216s.jpg
特に問題は無いようです。

後はオイル交換して、納車です。
7080217s.jpg

遅くなってしまってすみませんでした。






posted by ペプシマン at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。