2007年11月10日

ガス検、2日目。

8月31日、金曜日。

今日は、P30号の排ガス試験の2日目です。
朝8:30に試験場へ来ました。
7083101s.jpg

今日の試験は11モード試験です。
昨晩から25℃の定温室で保管されていた車は、じっと今日の試験を待っていました。
11モード試験は、エンジン始動時から40秒間のアイドリングの後、11モードの走行パターンを3回繰り返して排気ガスを全量採取します。 始動時はどうしても燃料を濃くするので、CO濃度が上がります。
7083102s.jpg

この車は手動でチョークを引いて始動する車なので、昨日、エンジン始動の方法を紙に書くように言われました。
機械をセッティングして、試験は走り出したらものの10分くらいで終了していしまいます。
とても緊張します。 が、何もすることは無く、ただ黙って試験が始まるのを待っていました。

いよいよ試験の始まりです。
車は始動にちょっと手間取りましたが、走り出してからは順調です。
プロッターの動きは、エンジン始動時にチョークを全開に引いて始動したので、COがたくさん出ましたが、走り出してからはかなり収まりました。
今回も、モード走行全体の平均値で基準値と比較するので、10モード試験より基準値の大きい11モード試験はちょっと安心して見ていられました。

結果はOK。 一発合格です。 

何とすばらしい。 こんなに上手くいくとは思っていませんでした。
車はすぐに試験室から出してもらい、もう解放です。
ありがとうございました。 お世話になりました。

車を車載車に載せて、試験場の人たちにお礼を言って回りました。
7083103s.jpg

いつもは郵送で受け取る試験結果レポートはしばらく待っていれば持って帰れますと言うので、車に乗って待っていることにしました。
おっ、隣の車も終ったようですね。
7083104s.jpg

お昼ごろに試験結果通知書を貰うと、車載車で帰ります。
車を下ろして、車載車も返しに行くと、今日は家でゆっくり祝杯でも上げたいところですが、やらなければいけない仕事が残っています。

夜になってから修理が2台あります。
まずはVWのバナゴンです。 これはリヤエンジンのバナゴンです。
7083105s.jpg

エンスト修理です。
ディストリビューターを引き抜いて、内部部品の交換です。
7083106s.jpg

引き抜いたディストリビューターとホールセンサーのKITです。
7083107s.jpg

打ち込んであるピンがなかなか抜けずに手間取りましたが、分解できました。
7083108s.jpg

これが新旧のホールセンサーです。
ディーラーには在庫は無く、専門店から譲ってもらいました。
7083109s.jpg

交換後はエンストすることなく大丈夫そうだったので、一回り試乗して良しとしました。

さて、もう一台です。
今度はベンツのCクラスです。
7083110s.jpg

これはとても良くある不具合です。 ドアミラーが動きません。
今回は電動格納はするのですが、ミラーの角度が調整できません。
原因は決まっています。 ミラーの内部です。
7083111s.jpg

思った通り、ドアミラーの内部の配線の被服がボロボロに剥けてしまっています。 左右のミラーとも動かないので、両方とも配線一本づつ熱収縮チューブを被せて配線がショートしないように被服を作りました。
7083112s.jpg

組み付けて、これで良し。 と思ったのですが、まだ動きません。
ヒューズ切れかとも思ったのですが、それなら電動格納もしないはずです。
これはスイッチの方にもダメージがいっているのでしょうか。
7083113s.jpg

よーく基盤を点検すると、やはりそうです。
丸穴の右上の配線は焼き切れ、左下の配線も焼けています。
7083114s.jpg

仕方が無いので、半田を盛って基盤を修理しました。
7083115s.jpg

これで良し。 組み立てです。
全部組み付けて動かしてみると、動きます。 よしよし。 と思ったのですが、左右のミラーのうちで右ミラーの上下方向だけまだ動きません。

今度はモーターが壊れているのかと思ってもう一度ミラーを分解してみます。
7083116s.jpg

モーターには問題がありませんでした。
もう一度スイッチ部を分解してよく調べます。
基盤の裏面からカプラーやカバーを外してさらに調べると、何と基盤は両面プリントで、カバーで見えなかった所にもう一箇所ダメージを受けて焼ききれている所がありました。
7083117s.jpg

ここを半田で繋げて組み付けるとOKです。
何度も確認してOKです。 すべての方向と格納も全部動きます。
やっと完成です。

すっかり夜中になってしまいました。
今日は長い一日でした。
半年掛かりだったP30号のガス検が無事終了したことは、なんと言っても大きな成果でした。
お疲れさん。



posted by ペプシマン at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。