2007年11月15日

ストリーム車検、他。

9月7日、金曜日。

朝、台風が去った後の落ち葉だらけの道を、車を預かりに逗子まで行きました。
預かった車はホンダのストリームです。
3年目の初回車検です。

預かった車に少し工具を積んで、横浜陸事に向う途中、横浜駅の近くで寄り道しました。
シボレーブレイザーです。 しばらく乗らないうちにエンジンが掛からなくなってしまったそうです。

話を聞いただけで、燃料ポンプの不良だと決め付けて、燃圧計だけ持って来ました。
しかし、測定してみると、圧力は規定まで上がっていました。
7090701s.jpg

あまり時間が無かったので、鍵を預かって、後日見に来ることにして車検場へ向いました。

ホンダストリームはマイナーチェンジ後の新しい顔をしています。
7090702s.jpg

車検場の混み方もそれほどではなく、すんなり終らせて帰りました。
7090703s.jpg

帰ってから多少整備があります。
7090704s.jpg

エンジンオイルとフィルターを交換します。
7090705s.jpg

7090706s.jpg

伝票を作って逗子に車を返しにいくと、すぐに次のお客さんが来ました。
ゴルフもオイル、フィルター交換です。
7090707s.jpg

7090708s.jpg

さて、遅くなってしまいましたが、もう一仕事してしまいましょう。
レンジローバーはヒッチメンバーの取りつけです。
バンパーを外して、取りつけ準備です。
7090709s.jpg

ヒッチメンバーはかなり大きな部品です。 重たいです。
7090710s.jpg

簡単な取り付けの説明図と取り付け用の専用ボルトが付属しています。 ボルトは強度部品です。専用品を使わないといけません。
7090711s.jpg

この手のSUVは必ずヒッチメンバーが取りつけ出来るように、最初からボルト穴が開いていたり、フレームが伸びていたりしています。
欧米ではヒッチメンバーが取り付けられない車は売れ行きに影響するほどだそうです。
レンタカー屋さんでキャンピングトレーラーを借りて夏のバカンスに旅行に行ったり、自分のボートをボートトレーラーに載せて週末に湖に釣りに行くようなお国柄では当然の事です。
日本製のモノコックボディのSUVは軽くて良いのですが、あくまで日本国内向けの設計ですね。

がっちり取り付けました。
7090712s.jpg

バンパーフェイスを取り付けて、ボールマウントも差し込んでみました。 なかなかかっこ良いです。
7090713s.jpg

灯火類のための配線カプラーはここに付けられそうです。
配線はまた後日にしましょう。 なんか親指痛そうです。
7090714s.jpg

今日はここまでです。 お疲れさん。




posted by ペプシマン at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。