2007年11月16日

カルディナ車検

9月12日、水曜日。

今朝預かった車はトヨタのカルディナです。
割れていたリヤのリフレクターを新品に交換してから車検場へ向います。

途中の茅ヶ崎で昨日始動不能になった車を修理します。
タウンエースバンです。
7Kと言うエンジンは学生時代に始めて買ったスターレットKP61のエンジンの排気量アップ版です。 懐かしいですね。 何度も載せたり降ろしたりしました。
7091201s.jpg

スターターモーターを新品に交換しました。
7091202s.jpg

そして、湘南の車検場へ着きました。
7091203s.jpg

ビックスクーターのトライクは始めて見ました。 跨らず、転倒しないので年を取ったら乗ろうかな。
7091204s.jpg

検査コースではベンツのゲレンデの新車を見ました。
左ハンドルなので、右側の前フェンダーに巻き込み確認の小さなミラーが付くようになりましたね。
7091205s.jpg

検査は順調に終了して、帰ってきました。
posted by ペプシマン at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクティ、チェロキー車検。

9月11日、火曜日。

昨晩、久里浜で預かってきた車はホンダアクティです。
7091101s.jpg

点検して車検に行こうと思ったら、だめでした。
ステアリングラックブーツが破けていました。
7091102s.jpg

急いで部品屋さんに行くと、部品在庫が有ったので、すぐに交換できました。
7091103s.jpg

もう一つ、リヤマフラーも中古品を買ってあったので続けて交換しました。
7091104s.jpg

さて、急いで車検場へ向います。 午前の検査にぎりぎり間に合いそうです。

久しぶりに来た横浜の軽自動車検査協会の検査コースは仮設コースになっています。 古いコースは修繕中です。
7091105s.jpg

何とか無事に午前中の検査で合格をもらいました。

お昼休みの間に新横浜の工場で車を入れ替えて、午後はチェロキーの車検です。
7091106s.jpg

なぜか横浜の車検場はとても混んでいます。
ここから並ぶと、順番が来るまでに30分以上は掛かります。
7091107s.jpg

何とか夕方にはチェロキーも終らせられました。
アクティに乗り換えて帰ろうとしたら、別のお客さんに電話で呼ばれました。
お客さんは茅ヶ崎の建築現場でエンジンが掛からなくなったと言っています。
仕方なく、新横浜から茅ヶ崎まで車を見に行きました。

スターターモーターがだめです。 使いすぎです。 
部品屋さんに電話でスターターモーターを手配して、帰ってきました。

予定外の動きですっかり夜になってしまいました。
今日はもう家に帰りましょう。
posted by ペプシマン at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VWヴァナゴン、コンプレッサー交換他。

9月10日、月曜日。

今朝預かった車はVWのヴァナゴンです。
エアコンが壊れてしまいました。 今年の残暑は耐えられません。
7091001s.jpg

コンプレッサーの交換です。
横置きエンジンなので、タイヤを外して下から交換します。
7091002s.jpg

外したコンプレッサーと新しいコンプレッサーの比較です。
ほとんど同じですが良く見ると違います。
7091003s.jpg

古いコンプレッサーの取りつけ部分にはスライドブッシュが入っていて、ネジで締めこむと取りつけステー部分に残留応力が残らないようになっています。
しかし、新しいコンプレッサーの取り付け部には穴が開いているだけです。
7091004s.jpg

ベルトのアライメントが狂わないように、後ろ側にスペーサーを挟みながら厚さを調節して取り付けました
スペーサーの厚みが不適切で足りないと、長い年月の間にコンプレッサーの取り付け部が折れてしまうかもしれませんね。
7091005s.jpg

真空引きをして、ガスチャージをすると完成です。
7091006s.jpg

車を返して、次の車です。
今度はゴルフです。 バッテリーを交換しました。
7091007s.jpg

そして、最後はボルボです。
葉山まで出張しました。
7091008s.jpg

アイドルコントロールバルブのホースが切れていて、アイドリングが安定しません。 新品に交換です。
7091009s.jpg

ホースは複雑に曲がっていて切れている所を発見するのに苦労しました。
7091010s.jpg

バッテリーも交換して、お終いです。
今日はここまで。

posted by ペプシマン at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クラウン、アストロ。

9月8日、土曜日。

朝一番にクラウンのエアクリーナーを交換しに行きました。
7090801s.jpg

すぐに帰ってきてから、別のクラウンを預かりました。
この車の作業は、ボンネットのマスコットの取り付けです。
フードの上に貼り付けるタイプもあるのですが、純正アクセサリーのマスコットは穴あけして取り付けるタイプです。
7090802s.jpg

まず、ガムテープを広めに貼って、型紙どおりに印を付けます。
フードの裏面に注意しないと、何か部品があると大変です。
7090803s.jpg

位置が決まったら穴あけです。 失敗したら大変です。 緊張します。
7090804s.jpg

付属品のグロメットを上下の穴に差し込みます。
7090805s.jpg

これで完成。 上手く出来ました。
7090806s.jpg

車を納めに行きました。

その後は、次のお客さんです。
シボレーアストロです。
7090811s.jpg

この車はエンジンキーが壊れています。
鍵が回らなくなってしまいました。 回らないキーシリンダーはオーナーさんが新品に交換して、鍵は回るようになったのですが、OFFからON,STARTの位置まで、全く節度感がありません。 カチカチッという感覚が無く、軽く回るのです。
分解してみましょう。
ステアリングコラムです。 ハンドルは外れています。
7090807s.jpg

コラムスイッチを外して奥へ進みます。 メーターも外しました。
7090808s.jpg

さらにステアリングチルトの支点を外して、奥へ進んでいくと、やっと悪い部品に行き着けました。 
このロッドの先のアルミダイキャストの部分が折れています。
7090809s.jpg

さらに苦労して、何とか取り出しました。
この車はエンジンキーをひねると、このロッドが動いて、メーターの下の奥のほうにあるキースイッチが動く様になっています。
キーの節度感はそのスイッチが動いたときに発生します。
ロッドが折れていると、鍵は回るのですが、スイッチの電極が動かないので、当然エンジンも掛かりません。

部品注文しなければ直りません。 現品を持って、部品屋さんに行ってみましょう。
7090810s.jpg

ここまで分解するのに5時間くらい掛かりました。 
もう疲れたので、今日は帰ります。
部品探しておきます。
では。


posted by ペプシマン at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。