2007年11月26日

ポルシェの車検。

10月1日、月曜日。

今日の車はポルシェです。 朝、預かりました。
ポルシェ伝統の5連のメーターです。 が、重なっているデザインです。
この300km/h以上刻みのあるスピードメーターでは街中で何キロ出ているのか判らないな。と思ったら下にデジタルでも車速が出ていました。
7100101s.jpg

湘南の車検場の近くにあるテスター屋さんでヘッドライトの光軸を調整しています。
新しい911なのでコンビネーションランプになっています。 調整ねじは奥のほうです。
7100102s.jpg

湘南の車検場は先週までと打って変わって空いています。
さすが、月初です。
7100103s.jpg

これはポルシェの911シリーズの中でも996ターボと言うはやい車です。
昔より小さくなったとはいえターボウイングが付いています。
車速によって上にあがって来る構造です。
7100104s.jpg

検査コースが空いている上に高価な車だったので、検査官もとても丁寧に対応してくれました。 
先週までと随分違います。

検査は無事に終了して帰ります。
帰り道で、一つ寄り道をして、軽自動車のドライブシャフトブーツを修理しました。 スバルのプレオです。 パックリ切れていました。
7100105s.jpg

しばらく話をして帰ってきました。
ポルシェは最近の車らしくカーナビも装備されています。
社外品だと思いますが、スタート画面でポルシェのマークが出ます。
6速MTです。
カローラの6速MT車に乗ったときに変速回数が多くてこんなにギアは要らないよって思ったのですが、この車は楽チンです。
普通には4速くらいまでしか使いませんでした。
7100106s.jpg

点検をしようとエンジンルームを見たのですが、どこにエンジンがあるのかわかりません。
そうです、このモデルからついに911も水冷化されたので、あの特徴的な強制空冷のFANが無くなってしまったのです。 下のほうにツインカム4バルブヘッドのエンジンが入っています。 420psです。
7100107s.jpg

下回りを点検しました。 こちらも911らしくないです。 水冷化されて、ヒーター用のヒートエクスチェンジャーが付いていないです。
レース用のチューニングされたポルシェのようにEXHマニホールドが見えています。
7100108s.jpg

ツインターボなので左右にタービンが見えています。
7100109s.jpg

巨大な赤ブレーキです。 4WDの採用などで、車重は1500キロを越えています。 しかし、GT-Rなども同じ位の重量があるのであまり重くは感じませんね。
7100110s.jpg

さて、ポルシェは一旦納めて、自宅へ帰ります。
ベンツのお客さんが来てしまいます。

C200はメーター内の球交換です。
小さい電球に台座が一体になった専用の球です。
薄茶色と黄色と青色と色によってワット数が違います。
7100111s.jpg

燃料タンク近くの、給油時のエアー抜き用のガソリンホースから燃料が漏れています。 満タンにした時だけガソリン臭いそうです。
よく漏れる場所です。 部品注文しておきます。
7100112s.jpg

さて、今日はここまで。
お疲れさん。


posted by ペプシマン at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。