2006年02月12日

ベンツECU修理ふたたび

今日は、寝坊し、朝は、浦賀の住友重機のマリーナへ名義変更の書類をもらいに行った。
午後から板金屋さんで、ハイゼットのタイベル交換。
hai01.JPG

ウォーターポンプも交換し、ベルトもすべて新品にして組替える。
hai02.JPG

エンジン不調はプラグ交換で直るだろう。 外してみると思った通り。ギャップは倍くらいになっている。
hai03.JPG

夜8時からETC取りつけ1件。 近所なので、出張取りつけ。

家に戻り、室内の仕事がある。 ベンツW202のC280のECUの修理である。 状況は1月15日の日記の記事の通り、2気筒だけ点火しない、ECU内部のイグナイターの不良である。

実は、先日、やっとYahooAuctionで、中古のECUジャンク品を見つけて落札したのである。7100円送料込みで意外と安かった。 しかしこれはW124の320E用である。 この車は同系の104シリーズのエンジンなので、そのままは使えなくても、多分内部のイグナイターは同じだろう。

まず、内部の見た目の比較。
igni01.JPG
ほぼ同じ。 特にイグナイターは予想通り、まったく同じ。
ECUの部品番号は違うが、形はまったく同じ。4気筒用さえ間違えて買わなければイグナイターはたぶん使える。
igni02.JPGigni03.JPG

これが問題のイグナイター。 
igni04.JPG

E320用は一応3つのコイルへ行く線の抵抗値が同じかテスターで測定しよう。
igni05.JPGigni06.JPGigni07.JPG
よし、C280のECUはこれが揃わないので、ここを移植すればOKだ。

まず、半田吸いで半田を吸い取る。
igni08.JPG

今回は、60W,30W,12Wの3本の半田ごてを用意した。
igni11.JPG

以前(15年位前)、ノートパソコンのCPUを張り替えていたころは、2cm角の正方形に足が200本あって、とても苦労したが、それを思えば楽勝だ。
イグナイターを取り外す。
igni10.JPG

比べてみるが、まったく同じ。動作の違いを測定し、やはり壊れているのはこの部分だと、再確認。
igni12.JPG

そして、取りつけ。元通り。
igni13.JPG

これで完了。3:00AMごろだが、やはり我慢できずに、車のところへ行って、取りつけエンジン始動。 無事にエンジンは掛かったが、なんだかまだブルブルしている気がする。おかしいかな。 でも、夜中にあまり音を出すのも良くないので、今日は我慢して寝ることにした。
続きは明日。 でも日曜日だから、できるかな。
posted by ペプシマン at 10:39| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。ブログ拝見させて頂きました。早速ですが、当方のベンツがコンピューター不良(セル回らず等々)により困っています。コンピューターは中古の同年式、同型式のものを購入し交換しましたが、セキュリティーの関係上、エンジンがかかりません。不良になった原因は湿気によるものでした。(一部カプラーに青サビ有り)
修理方法もしくは、修理のお願いができないでしょうか?ご迷惑でしょうが、ご回答をお願いします。
H10年式ベンツW208CLK200

上口
Posted by カミグチ at 2014年09月05日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ベンツのネタ
Excerpt: ベンツのネタを追いかけるヨ!
Weblog: ネタ蔵
Tracked: 2006-02-12 13:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。