2006年12月26日

ジャガー修理

12月15日、金曜日。

今日は、ジャガーの修理を終わらせてしまいましょう。
まずは水平な所でエンジンオイルの分量を調整します。
割れたオイルパンから漏れていないか、再度調べます。 OKです。
121501s.jpg

XJ−Sでも、このテールの形状は最終型でしょうか。 あまり見ません。
121502s.jpg

その後、試運転です。 一回り走ってみました。
何か、下のほうでカチャカチャと音がします。
どこかねじの締め忘れでしょうか。 ジャッキで上げて、再度点検をします。
121503s.jpg

締め忘れは無いようです。 何の音でしょうか。 もう一度走ってみます。
何か、マフラーの遮熱板がカチャカチャ言っているのでしょうか。
しかし、どこも緩んではいません。 O2センサーの配線が音を出しているのでしょうか。 
121504s.jpg

足回りの部品もすべて、ねじは調べなおしましたが、どこも緩んではいないようです。
121505s.jpg

室内やフェンダーの下側など、何度も調べなおしましたが、何の音かわかりません。
いろいろいじくっている内に、音は少し小さくなったような気がしますが、やはり、どこかで音がしています。
夜になるまで、ずっと調べましたが、結局何の音かわかりませんでした。

その上、ボンネットを閉めるためのワイヤーもちぎれてしまい、何もできなかった一日になってしまいました。

おかしいなぁ。
posted by ペプシマン at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。