2007年03月22日

アクティバン、オイルパン交換。

2月20日、火曜日。

今朝、預かったホンダのアクティはオイル漏れの修理です。
7022001s.jpg

お店で、配達などで大活躍のこの車は、アルミのオイルパンをぶつけてしまい、割れ目からオイルが漏れています。 シリコンのシール剤を塗ったくらいでは止まらなかったようです。
7022002s.jpg

なんと運の良いことに、我が家には先日他の車から下ろした同じアクティのエンジンがあります。 このオイルパンが多分使えるでしょう。 
まずは、下ろしたエンジンのオイルを抜きます。
7022003s.jpg

この車はエンジンをかなり横に寝かせてマウントされているので、オイルパンは複雑な形状をしています。 車に付けたままオイルパンだけ外せるのでしょうか。 
特にミッションとの取り付け部付近はミッションを下ろさずにネジをフライホイールとの隙間から回せるのか心配です。 
7022004s.jpg

車の方も大変な作業です。 ドライブシャフトを抜くのに、リーフスプリングからアクスルを外して動かさなければいけません。
何とかシャフトが抜けました。
7022005s.jpg

その後、大変な苦労の末、オイルパンは何とかエンジンを下ろさずに外せました。
新旧の部品を比較します。
7022006s.jpg

ついでにエンジン内部の点検をします。 ホンダ車はよくオイルストレーナーが詰まってエンジンを壊します。 しかし、案外きれいです。
7022007s.jpg

オイルストレーナーだけはパーツクリーナーで清掃しておきました。 さて、組み付けです。
7022008s.jpg

オイルパンを付けて、シャフトを挿し込みリーフスプリングを締め付けます。 
7022009s.jpg
あとは、補器を付けて、ベルトを張って、オイルを入れて完成です。 オイル漏れは無さそうです。

何とか今日一日で終わりました。 納車してお終いです。
お疲れさん。


posted by ペプシマン at 01:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じぶんでするには難しいですか
ドライブシャフトを外すと言うのは大変ですね。
自動車屋さんが修理に44,000円かかると言うのは
仕方ないですか?
Posted by 河崎洋子 at 2017年02月21日 08:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。