2007年08月26日

構造変更、乗用から貨物へ。

6月12日、火曜日。

今日も、写真を見て思い出しながら書きましょう。

今日は遠くの車検場へ行く日ですが、朝、板金屋さんに寄ると、長く掛かって色を塗り替えていた車が塗りあがっていたので見せてもらいました。 かっこいい車ですね。
7061201s.jpg

さて仕事です。 お客さんの家に向います。 場所は相模大野です。
今日の車検は構造変更検査です。目的は税金対策です。

車は日産キャラバンです。 V6 3000ccで33ナンバーのこの車は、車齢が13年以上経っているので本来なら自動車税が年額51000円の10%増しで56100円になります。しかし、以前にキャンピング車登録の88ナンバーに変更しているのでそこから2割引の44800円です。
それでも高額で何とかしたいと言う要望なので、今回貨物車の11ナンバーに構造変更することにしました。 これなら年額16000円の10%増しでも、17600円です。 その代わり、車検の期間が1年づつになってしまいます。
毎年27200円づつ自動車税は節約できます。

貨物車登録する為に、キャンピング設備や3rdシートを取り払いました。 面積要件は充分です。
7061202s.jpg

準備をして、車検場へ出発です。
相模の陸事へ向います。 あまり普段は行かない車検場です。
7061203s.jpg

検査コースは新設されたばかりでとてもきれいです。
7061204s.jpg

重さや寸法を測って、最大積載量を200kgもらって、検査は無事に終了しました。
新しい車検証と新しいナンバープレートをもらって、取り付けます。
7061205s.jpg

これでトラックの完成です。 お客さんの所へ返しに行きます。
相模大野に納車をして、帰ります。

帰るともう暗くなっていました。
犬は親子で手を繋いで寝ています。
7061206s.jpg

さて、もう一仕事してしまいましょう。
長く預かっているP30号です。
今度は最終、3回目の排ガス試験を受けにいきます。
お客さんには大変遅くなってご迷惑をお掛けしています。
しかし、なかなか合格できません。 今度はまじめに対策をして行かなければいけません。
7061207s.jpg

まずは、基本的なところでキャブレターの清掃からです。 ウェーバーのキャブレターです。
7061208s.jpg

分解して、清掃します。 特にスローの時、CO値が高いのでスローの流路を重点的に調べ清掃します。
7061209s.jpg

光にかざして、スロットルの閉まり具合を調べます。 セカンダリー側のスロットルを調整しました。
7061210s.jpg

メインジェットを小さくします。 まずは#85と#80のメインジェットで組み立てて見ます。 これでは薄すぎて走れないかもしれません。 どんな具合でしょうか。
7061211s.jpg

キャブの清掃はこれで終了です。
今日は0:00過ぎてしまったのでここまでにしましょう。









posted by ペプシマン at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/52740375

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。