2007年10月08日

ルノー車検。バナゴン修理。

8月3日、金曜日。

今日の車検はルノーキャトルです。  おっと、キャトルじゃ無くてサンクだったようです。ご指摘ありがとうございました。
17万キロ走っていますが、とても状態の良い車です。
7080301s.jpg

ウインカーのレンズの色が薄くなってしまったので、塗料で上塗りして色を付けました。
7080302s.jpg

ヘッドライトの光軸調整はライト本体を外して行います。 すぐに外せる構造です。
7080303s.jpg

午前中に終らせて、午後は別の車です。
フォルクスワーゲンのバナゴンです。
冷却水漏れの修理です。 午後2:00頃始めました。
7080304s.jpg

エンジンルームには冷却水の配管が複雑に取り廻されています。
このプーリーはウォーターポンプです。
7080305s.jpg

お客さんは海外から冷却水関係の部品を段ボール箱一箱分買ってあります。 どれがどこの部品なのでしょうか。
7080306s.jpg

まずは見えるところから始めましょう。
ベルトを外してウォーターポンプの交換です。
7080307s.jpg

エンジンの手前側にウォーターポンプです。 左奥側にサーモハウジングや水温センサー、右奥側にラジエターへ行くジャンクションがあります。
7080308s.jpg

リザーブタンクやサーモハウジング、配管を外していきます。
7080309s.jpg

新しい部品と比較しながら外していきましょう。部品が多くてわからなくなりそうです。
7080310s.jpg

夜20:00くらいになってここまで外しました。
7080311s.jpg

さらにまた1時間経ちました。 もうこれで外す部品は無さそうです。
7080312s.jpg

今度は順番に組み付けです。 ガスケットをきれいに剥がして、ウォーターポンプ付近から組みつけていきます。
7080313s.jpg

7080314s.jpg

夜中の0:00ちょうどにFIATのお客さんが来ました。
7080315s.jpg

ドライブシャフトのブーツ交換です。 シャフトを外して、シャフトを分解してアウターブーツを交換しました。
7080316s.jpg
クーラーガスの補充もして、FIATは終了です。 夜中に来てもらってすみませんでした。

さて、バナゴンの続きです。
クーラントのタンクも新品にして、配管を繋ぎ、バンドを締めます。
7080317s.jpg

サーモハウジングも新品になりました。
7080318s.jpg

これでほぼ完成です。 後は冷却水を入れて、エアー抜きです。
7080319s.jpg

完成したのは4:00AM過ぎでした。 さすがにこれほど時間が掛かるとは思いませんでした。
水漏れ確認やエアー抜きのために30分ほど試乗をして、冷却水を規定量まで入れて完成としました。
5:30AMです。 すっかり朝になっていました。
7080320s.jpg

お疲れさんでした。 おやすみなさい。 グー。


posted by ペプシマン at 22:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キャトルじゃなくサンクじゃないですか?初期型の・・・
Posted by 通りすがり at 2007年10月08日 22:47
こんにちわ
時々拝見しております
紺の縦サンクはたぶん私が乗っていたものです
懐かしいです。廃車にならずに好調みたいでうれしいです。ちなみに私はずいぶん前の日記にあったブルーグレーのアウトビアンキジュニアに乗っています
Posted by kota at 2007年10月11日 12:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59666283

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。