2007年10月13日

バナゴン、ポロ整備。

8月6日、月曜日。

朝はFIATの修理です。 国産エンジンに換装されたFIATです。
7080601s.jpg

燃料を満タンにしてもメーターが上まで上がらないようです。
フロートの調整をしてメーターを合わせました。
7080602s.jpg

次に預かりに行ったのはフォルクスワーゲンバナゴンです。
7080603s.jpg

雨の日に始動性が悪いそうです。 今日はとてもよい天気なので一発でエンジンは始動しました。
こういう車の原因追求はジョウロに限ります。
水をかけてエンストする場所を探します。
7080604s.jpg

思ったとおりディストリビューターに水をかけるとエンジンがブルブルっとなりました。 原因はこの辺です。
7080605s.jpg

バナゴンはもう一箇所別の修理です。 
エアコンのプレッシャースイッチが壊れて、そこから冷媒が全部抜けてしまいました。
7080606s.jpg

このプレッシャースイッチは以前にも他のVWでも壊れたことがありました。
内部からの圧力で内側から破裂してしまいます。
7080607s.jpg

プレッシャースイッチは取り外すとそこに弁があって冷媒は漏れなくなります。 低圧の配線を直結してスイッチを外すと冷媒を充填してエアコンの利きを確認しました。

エアコンは効くようになったのですが、ファンが回りません。 
電動ファンが回らなければ高圧側の圧力が異常に上がってプレッシャースイッチが壊れるかもしれません。
なぜファンが回らないのか確かめた方が良さそうです。
まずはファンリレーから調べます。
7080608s.jpg

リレーの仕組みから考えると3段階にファンスピードが変わるようです。
しかし、ロースピードのリレーを直結してもファンが回りません。
どこかにレジスターがある筈です。
ヘッドライトの下に見つけました。
7080609s.jpg

レジスターの抵抗値を測ると断線しています。
やはりこの部品の不良がプレッシャースイッチの破損に繋がったのかもしれません。
7080610.JPG

よーく観察すると見えるところで断線していました。
7080611.JPG

プレッシャースイッチの他にレジスターも部品注文が必要です。
しかし、もう部品屋さんは閉まってしまいました。
ここまでずいぶん時間が掛かりました。

21:00過ぎですが、もう一台車を預かりに行きました。
VWのポロです。
以前からいろいろ頼まれていました。
時間が出来たら作業しますと言っていました。 待っていたって私に暇な時間は出来ません。
7080612.JPG

まずはワイパーブレードの交換です。
湾曲したブレードなので専用品です。
7080613.JPG

リモコンのキーレスユニットの取り付けです。 ゴルフと違って配線が難しいです。
7080614.JPG

随分時間が掛かって23:00過ぎに車を返しに行きました。

時間ばかり掛かる一日でした。




posted by ペプシマン at 22:56| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
VANAGONのエアコン修理内容を拝見。参考になりました。当方1990年カラベル所有。毎年エアコンガス充填をあきらめ、ここ5年窓開放で夏をしのいでおります。エアーブロースイッチも回転ムラや停止するため、雨の日は雑巾で格闘。危険です。それでも乗るか?家人にはあきれられています。エアコンは長ーいホースのどこかにピンホールかと。風はブロースイッチ取替えで直るのかしらん。
Posted by 杉本 雅親 at 2013年05月03日 10:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60541429

この記事へのトラックバック


Excerpt: ワイパーワイパー(''Wiper'')とは、自動車用の装置。本項で詳述。窓ガラスや床などの汚れや埃を拭き取るもの。住宅用ワイパー。ウエスや紙製のもので精密部品などの不純物を拭き取るもの。----ワイパ..
Weblog: 『自動車の技術』MANIA
Tracked: 2007-10-15 17:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。