2007年11月25日

P30号 事前申請、改善作業。

9月27日、木曜日。

今日は仕事が多いのでどんどんこなして行きましょう。
まず、午前中は横浜陸事で名義変更です。 ナンバープレートが変わるので車を持ち込んでナンバーを付け替えて封印をしてもらいました。
7092701s.jpg

おっ、これは'73カレラRSですね。 昔、一度乗って、あまりのレスポンスの良さにものすごく感動しました。 とてもすばらしい車です。
7092702s.jpg

bBはすぐに納車して、今度は自分の車で湘南陸事へ行きました。
7092703s.jpg

昨晩、頑張って作った事前申請の書類を提出します。
明日までに決裁をあげて貰いたいとお願いしてきました。

おっと、この車は知っています。 OSCAドロモスですね。 3年前に横浜陸事でも見かけました。
7092704s.jpg

さて、陸事めぐりはこれでお終い。 帰ってから作業があります。
P30号の国内向け改善作業です。
書類は何とか間に合ったのですが、車はこれからです。

まずは面積の足りないサイドマーカーを大きくします。
7092705s.jpg

7092706s.jpg

チャコールキャニスターの取り付けです。 これも排ガス対策の部品です。
7092707s.jpg
 
自動車の排出ガスには3種類あります。 排気管から排出される排気ガスが1つ。 2つ目が、吹き抜けガスであるブローバイガス。 3つ目は、燃料タンク内から発生する燃料の蒸発ガス。
この3つを、この車では昭和53年排出ガス規制に適合するように改善しなければいけません。

排気ガスの対策は出来ています。 出来たという結果を公的機関が成績表で示してくれています。
ブローバイガスはインテークマニホールドに戻して再燃焼するように最初から設計されています。
蒸発ガスの対策がこれからです。
それがこのチャコールキャニスターです。 活性炭入りの臭い消しです。

エンジンルーム内に場所を見つけて取り付けました。
7092708s.jpg

燃料タンク内の蒸発ガスもインテークマニホールドに繋いで燃焼させます。
T字型のジョイントでホースに割り込ませましょう。
7092709s.jpg

これで良し。
7092710s.jpg

現状では燃料タンク内の蒸発ガスはこの下向きのホースで大気開放されています。
7092711s.jpg

ここからガソリン用の薄ピンクのホースを繋いでエンジンルームまで引き込みます。
7092712s.jpg

7092713s.jpg

7092714s.jpg
最後にキャニスターに繋げて完成です。

その他、サイドミラーの取りつけやナンバー灯の改善など、夜中まで掛かって終らせました。
7092715s.jpg

明日は金曜日です。 明日一日で無事に予備検査証を受け取ることが出来るでしょうか。






posted by ペプシマン at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68940908

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。