2008年01月20日

AE86、ロードスター、300TE。

11月1日、木曜日。

1ヶ月ほど前から預かっている車です。
トヨタの名車、AE86のトレノです。
これほど後世に残る名車になるとは思っていませんでした。
7110101s.jpg

さて、この車は大きな修理が必要です。
冷却水が4番シリンダーの燃焼室に流れてしまいます。
それだけではなく、エンジンオイルにも冷却水が混ざってしまいます。
おそらくヘッドガスケットが吹き抜けているのでしょう。
シリンダーヘッドを下ろして見なければそれ以上の事はわかりません。
7110102s.jpg

補機のベルトを外して、クランクプーリーをプーラーで外します。
7110103s.jpg

タイミングベルトを外し、カムプーリーも外します。
カムシールも新品にした方が良さそうですね。
7110104s.jpg

まだまだ作業は序の口ですが、今日はここまでで、出かけなければいけません。
7110105s.jpg

午後は出張でオルタネーター交換です。
ユーノスロードスターです。
7110106s.jpg

ベルトもだいぶ磨り減って細くなっていました。
7110107s.jpg
新品に交換しました。

一旦家に帰って夕食を済ませてから、22:00ごろ箱根に車を預かりに出発しました。
箱根で預かった車はベンツのワゴンで4WDの300TE4MATICと言う車です。
7110108s.jpg

メーターの下に4MATICと言う黄色い警告灯が点きっ放しです。
7110109s.jpg

以前見に来たときにハイドロオイルが減っていたのが気になったので、今回オイルを1リットル持ってきました。
走る前に入れて、様子をみました。
7110110s.jpg

すると、思ったとおり警告灯は消灯しました。
オイルが減っていただけかもしれません。
そのままゆっくり走って帰ることにしました。

もう深夜なので1時間30分くらいで帰れるでしょう。
しかし、30分くらい走って箱根の山を下り切る頃に、また警告灯が点灯しました。
コンビニの駐車場で止まってみると、先程入れたオイルが後輪の前側あたりでポタポタと漏れています。

新しいオイルを足すのももったいないのでそのまま家まで走ってしまいました。




posted by ペプシマン at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79749814

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。