2008年01月21日

AE86シリンダーヘッド取り外し。

11月3日、土曜日、文化の日です。

朝はベンツの修理です。
エンジンを掛けているとセンターコンソールの裏からスースーと息を吸うような音がします。
7110301s.jpg

パネルを外して調べると、エアコンの風量を調節する為のバキューム配管が外れていました。 多分、風量切り替えも上手くいっていなかったのでしょう。
7110302s.jpg
これで静かになりました。

続いて、先日のAE86の続きです。
7110303s.jpg

EXHマニホールドや細かい配管類を外して、ヘッドボルトを緩めて、シリンダーヘッドを外しました。
4番のシリンダーは錆が酷く、こちらから見て4番シリンダーの右上のヘッドガスケットが吹き抜けている様です。
7110304s.jpg

シリンダーヘッド、バルブは多少錆びていますが、大きなダメージは無さそうです。
7110305s.jpg

ヘッドガスケットを剥がしてみると、やはり4番シリンダー付近で吹き抜けているのが判りました。
7110306s.jpg

これは1番のシリンダーです。 クロスハッチといわれる研削跡のきれいなシリンダー面が見えます。
この研削跡が摩擦を減らし、油膜切れを防ぐ役目をします。
7110307s.jpg

これは4番シリンダーです。 表面が錆びてしまっています。
ピストンを一番下まで下げると、下のほうはきれいです。
7110308s.jpg

シリンダーヘッドは清掃して、バルブ周囲からの漏れが無いか調べてそのまま使うことにしました。
7110309s.jpg

暗くなってから、ゴルフのお客さんが来ました。
7110310s.jpg

ブレーキからひどい音がしています。 ブレーキパッドの磨耗材が完全に擦り切れ、ベース板をローターに擦り付けていました。
パッドはお客さんが持ってきたので、交換しました。
7110311s.jpg

その後、藤沢でETC車載器の出張取り付けが一台ありました。

夜になってしまったので、今日はこれでお終いにしました。




posted by ペプシマン at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79793634

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。