2008年01月21日

300TE配管修理。

11月6日、火曜日。

今日は、昨日継続検査を受けたベンツ300TE 4MATICの修理です。
7110601s.jpg

錆びたパイプからハイドロリックオイルが漏れてしまいます。
このオイルはエンジンルームのオイルポンプで加圧され、後軸の車高の調整と、4MATIC(4WDシステム)の制御に使われています。
7110602s.jpg

かなり苦労して、錆びた長い配管を取り外しました。
ブレーキパイプより少し太い6mmのパイプです。
7110603s.jpg

頼んであった新品の配管はこんなに大きな段ボール箱で届きました。
「DAIMLER CHRYSLER」と書いてあります。
7110604s.jpg
しかし、中身はまっすぐな直管パイプです。

車の下にもぐって、ハンドベンダーで現車合わせで曲げて行きます。
7110605s.jpg

最後の部分は、フレアナットを通したあとでフレアリングツールでダブルフレアを作ります。
7110606s.jpg

そして、フレアナットを締めこんで出来上がり。
7110607s.jpg

反対側です。 ちょうど良い長さの所でパイプカッターで切ります。
7110608s.jpg

そして、同じ様にナットを通してから先端にフレアを作ります。
7110609s.jpg

こちら側もナットを締めこんで、これで完成です。
7110610s.jpg
ちょっと首が痛くなりました。

オイルを少し入れてエンジンを掛けて漏れチェックをします。
漏れていないことを確認して、規定量までオイルを入れました。

これで完成です。
試乗を兼ねて、壊れて調子の悪い携帯電話を買いにお店に行きました。
11月前半から料金体系が変わると聞いていたので良く聞いたのですが、よくわかりませんでした。
新しい電話機に変えてもらって帰ってきました。
また最初から使い方を覚えないといけませんね。
取扱説明書は一段と厚くなっている上にたくさんあります。
7110611s.jpg
覚え切れるでしょうか。






posted by ペプシマン at 02:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79817423

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。