2008年01月27日

ALFA、TOYOTA、JAGUAR3台車検。

11月16日、金曜日。

今日は午前中に2台車検に行きます。
一台はアルファロメオです。
ジュニア1300GTです。
寄り目で段つきの顔のジュリアスプリントシリーズの弟分の1300ccエンジンのジュニアです。 1968年製くらいでしょう。
7111601s.jpg

デロルトのツインキャブが付いています。 この時代のツインキャブはソレックスかウエーバーかデロルトのどれが付いているか判りません。 一説にはキャブレターメーカーの供給力が及ばず、メーカーは3社に併注でランダムに付いているなどといわれています。
7111602s.jpg

メーターは英語表記です。 イタリア語表記の車もあります。
WATERはAQUA、OILはOLIO、R.P.MはGIRIなどと書いてあります。
7111603s.jpg

もう一台のトヨタプラッツを運転してもらって、2台で湘南の車検場へ向います。

テスター屋さんで排ガス調整をします。 ツインキャブの車では大抵走ってきたままではCO,HC濃度が規定値以上になってしまっています。
排ガステスターを借りてちょっとガスを絞ります。 CO:2.1%、HC:576ppmならばOKです。
7111604s.jpg

そして車検場です。 ちょっと検査コースは並んでいるようですね。
続けて2台、検査を受けます。
まずはアルファロメオ。
7111605s.jpg

続いてプラッツです。
7111606s.jpg
ぎりぎりの時間でした。

途中で昼食を食べて帰ってきました。

午後はもう一台です。
今度はジャガーXJ6です。
7111607s.jpg

テスター屋さんで光軸の調整をしてもらっています。
7111608s.jpg

大きなエンジンは直列6気筒3200ccです。
一つ前の型で9B(4000cc)や9E(3200cc)と言うエンジンは何度かオーバーホールしたことがありました。 これは9Hと言う名前のエンジンです。
見た目はほとんど同じですが、プラグコードがありません。
7111609s.jpg

ディストリビューターはなくなっていますが、点火時期のピックアップだけ、ここにあるようです。 中でローターが回っているのが見えました。
7111610s.jpg

夕方ぎりぎりで検査を受けました。
7111611s.jpg

検査コースの何台か前に古い車が見えていました。 検査コースを出るともう積載車に積まれていました。
仲の良い検査官に聞いてみると、大正時代のシトロエンだったそうです。 珍しい車ですね。
7111612s.jpg

さて、なんとか無事に3台終らせることが出来ました。
ジャガーを納めて、帰りましょう。

お疲れさん。


posted by ペプシマン at 04:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【車検】についての検索結果をリンク集にして…
Excerpt: 車検 に関する検索結果をマッシュアップして1ページにまとめておきます…
Weblog: あらかじめサーチ!
Tracked: 2008-01-27 05:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。