2008年02月04日

横浜港に輸入車引取り

11月29日、木曜日。

今日は車検はありません。
朝からレンタカーで車載車を借りて出かけます。
7112901s.jpg

ここは横浜の山下埠頭です。 輸出向けの重機が並んでいるさらに向こうの建屋に向います。
7112902s.jpg

ありました。 お迎えに来たのはこの車です。
私も実車は始めて見ました。 ニューFIAT500です。
想像以上に可愛い車です。
7112903s.jpg

左ハンドル6速マニュアルミッションのイタリア本国仕様の新車です。
1300ccで100HPのスポーツグレードです。
7112904s.jpg

まだ日本への正規輸入は始まっていないので、こうして並行輸入されてきたのです。
ここの保税倉庫で現在通関中です。
7112905s.jpg

書類的には通関の手続きは終っているのですが、この車はエックス線の検査を受けなければいけません。
検査場はここから車で10分位の所です。
車載車に載せて運びます。
7112906s.jpg

ここが横浜税関のエックス線検査施設です。
輸入されてくる荷物すべてが検査を受ける訳ではありません。
この車はたまたまエックス線検査を受ける事になったのです。
今は順番を待っている所です。 次が私の番です。
車載車に載せた輸入車は私だけで、他の人たちはすべて大きな海上コンテナーを載せたトレーラーです。
7112907s.jpg

順番が来ました。 入り口まで自走して、フロントタイヤを溝に落とすと、自動洗車機のように車が引き込まれていきます。
運転手はそこで車を降リて、別の通路を徒歩で進みます。
この通路は一旦入ってしまうと出られません。
100mくらいのエックス線の検査施設の出口近くの待合室まで進みます。
壁に張り紙がしてあります。
7112908s.jpg

出口は鍵が掛かっており、検査が終了したとき天井のランプが10秒間だけ緑に変わります。 その間だけ鍵が開錠して外に出られます。
もし、撮影検査の間にいけないもの(拳銃など)が見つかった場合、多分違う人がお迎えに来てくれるのだと思います。
7112909s.jpg

ランプが緑になって無事に出してもらえました。
その後、車の中で、30分ほど待たされて、税関の人が実車を見に2回ほど来ました。
そして、最後に来た人が、検査終了の説明をしてくれて、無事に通関作業が終了しました。
ちょっと緊張しました。

あとは帰るだけです。 途中でガソリンスタンドに寄って、ハイオクを30リットル程入れました。 スタンドの人に可愛い車だとほめてもらってちょっとうれしかったです。
7112910s.jpg

自宅ガレージに降ろしました。
ちょうど昨日から預かっているALFA147の隣に並べました。
同じイタリアのFIATグループの血を分けた兄弟です。
7112911s.jpg

前端の位置を同じくらいに駐車すると、後端の長さが随分と違います。 NEWチンクエチェントはとても短い車です。
7112912s.jpg

さすが兄弟。ドアノブの部品が同じです。
7112913s.jpg

ゆっくり見ている時間はありません。
車載車をレンタカー屋さんに返しに行きます。

その後、ALFA147はエンジンオイル、オイルフィルターの交換作業をします。
7112914s.jpg

7112915s.jpg

ワイパーブレードを前後で3本替えたのですが、リヤワイパーはアームごとの部品供給でした。 最近アームごとの部品供給はよくあります。 金額はあまり高くないのですが、いちいち注文してから時間が掛かるのが面倒ですね。
7112916s.jpg

今日の便でまだ間に合わなかった部品があるので、ALFA147はもう一晩お預かりすることになりました。

赤い車はこれから新規車検に向けて準備をしていきます。
年内納車の予定です。



posted by ペプシマン at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。