2008年03月09日

2CV整備。

12月22日、土曜日。

今日は長く預かっているシトロエン2CVのお客さんが車を取りに来るので整備をします。

お客さんの要望は車高の調整です。
前を上げて、後ろを下げたいとのことです。
7122201s.jpg

この車の緩衝装置は前後の連結されたサスペンションで、写真左の黒い筒の中に前後のスプリングが入っていて、右に見えるワイヤーが前後のスイングアームに繋がっているのです。
7122202s.jpg

スプリングの入った筒を動かすことによって前後の車高が調整できる筈だそうです。
前後のロックナットを緩めて調整してみましょう。
7122203s.jpg

高さを測りながらいろいろやって見ましたが、10mmくらいしか車高は変わりませんでした。
7122204s.jpg

この車は空冷2気筒のオリジナルエンジンを下ろして、水冷4気筒のエアコンつきエンジンを載せているのでとてもフロントヘビーです。
このネジの調整位では効かないのかもしれません。

ブレーキパッドも交換します。
フロントブレーキも国産車のキャリパーが流用されているのでブレーキパッドもシトロエンのものではありません。
何のキャリパーが流用されているのかわからないので外した現品をブレーキ屋さんに持っていって同じ形のパッドを探してもらいました。
7122205s.jpg

夜には車をお客さんが電車で車を取りに来ました。
また少し乗ってみてインプレッションを聞かせてください。
posted by ペプシマン at 11:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
筒を回すんじゃなくて、筒から出ているロッドを1輪づつそれぞれ
回すんです。伸びる方向に回すと車高が下がり、
縮む方向に回すと車高は上がります。
Posted by へへ at 2008年03月09日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。