2008年03月31日

ガス検、2日目。

12月26日、水曜日。

朝、早起きして電車で昭島駅へ向います。 昭島駅からは歩きで排ガスの試験機関へ行きます。
朝9:00から今日の試験が始まります。
7122601s.jpg

今日の試験は15モード試験です。
この試験はエンジンの完全冷機状態からエンジンを始動して始まります。
数十秒のアイドリング後15モードの走行を3回繰り返し、その排ガスを全量採取するものです。

エンジン始動時はガスを濃い目に噴射しているのでCO値が高くなります。 いかに早く触媒を暖機させて浄化を始めさせるかもこの試験の結果に影響します。

車は昨晩から25℃の恒温室に保管されていました。 今日は暖機運転はなく最初から排気管を試験機に接続します。
7122602s.jpg

試験開始です。 試験場の人が運転してくれます。
7122603s.jpg

これが試験結果のグラフです。
エンジン始動とともに一旦グラフは上がりますが、それほど大きくは動きません。 最初の加速時にCO2値が上がりましたがこれは問題ありません。
7122604s.jpg
今回も一発合格です。
さすが新車です。 安心しました。

車は試験機から下ろされ、リフトに乗せて、試験装置を取り外します。 お疲れ様でした。
7122606s.jpg

本来なら後日郵送にて受け取る試験結果通知書を無理を言って待っている間に発行してもらいました。
車の中で1時間以上待ちましたが今日受け取れるなら短いものです。
7122607s.jpg

この車は最初に預かったときから年内に予備検取得後納車の約束でした。
排ガス試験の予約が12月の25,26日しか取れなかったので、予備検取得の後、年内納車するには12月27,28日の二日間しか残りません。
並行輸入の新規検査なので事前申請の書類で審査をしてもらい、その決裁が下りたあとに車検場に現車を持ち込んで検査を受けて予備検取得するのがやり方です。
しかし、事前申請の書類には今受け取った排ガス試験の結果通知書が絶対に必要です。
陸事には前からこの車の話をしてあり、12月の25,26日で排ガス試験を受けて来て、27日に事前申請書を出すので、1日で書類審査して決裁を下ろしてもらって、最終日の28日に車を持ち込んで検査を受けたいとまたまた無理なお願いをしてありました。
車検場の受付には張り紙がしてあって、「年内に検査を受ける改造申請や並行輸入車の事前申請の受付は12月16日までに提出されたものに限ります。」と書かれています。
「そこを何とか。」と頼み込んでありました。

今日のところまでは何とか予定通りに進みました。
排ガス試験場をお昼過ぎに出た車は、車検場から15分くらいの仲間の工場に置かせてもらう約束もしてあります。
車の準備はもうありません。
仲間の工場で洗車をして準備万端です。
7122608s.jpg

可愛い車ですね。
7122609s.jpg

しかし、緻密に組んだ予定でしたが、ちょっと手落ちがありました。
イタリア本国から届く筈のメーカーの製造証明書(COCペーパーといいます)の原紙が行方不明になってしまい、まだ手元に届きません。
車のオーナーさんはもう12月28日に関西から車載車で引き取りに来る予定で準備をしています。
いろいろ手配しましたが、予備検査取得は無理かもしれません。
書類が全部揃ってから慣れない関西の車検場で検査を受けるしかないかもしれません。

とりあえず、今日はここに車を置かせてもらって電車で帰ります。

さて、夜は気持ちを入れ替えて他の車の修理です。
葉山に行って修理するのはボルボの940です。
まずはラジエターホースの交換です。ホースの付け根辺りからクーラントが滲んでいます。 バンドもかなり食い込んでいます。
7122611s.jpg

新品ホースに交換しましたが、水漏れはホースの付け根ではなくて、ラジエターのタンクとコアの間のカシメ部からの漏れのようでした。
これはラジエター交換か修理が必要だな。
7122612s.jpg

もう一つの修理はバックドアの内張りの浮きです。 バックドアを上げた時に内装のトリムが開いてしまいます。
7122613s.jpg

まずはトリムを外します。 このインナーハンドルの周りの部品を外すのが最初です。
7122614s.jpg

トリムを外して、取り付けのクリップを確認すると4箇所のクリップはどれも折れてしまっていました。
これでは無理です。 新品に交換しました。
7122615s.jpg

今日はここまで。 お疲れさん。


posted by ペプシマン at 00:47| Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
ずっと楽しみに読ませて頂いておりましたが、最近更新されていないようですね..
ぜひまた更新楽しみにお待ちしております。
Posted by dehehe at 2008年05月15日 13:28
こんにちは。
ずっと楽しみに読ませて頂いておりましたが、最近更新されていないようですね..
ぜひまた更新楽しみにお待ちしております。
Posted by Dehehe at 2008年05月15日 13:31
すごく興味深い記事が多く、全部読ませていただきました。
この日が更新最後のようですが、何かあったのでしょか?仕事がお忙しいのであれば良いのですが、何か心配です。
ペプシマンさんの近況をご存知の方いらっしゃいませんか?
Posted by Konro at 2008年09月07日 21:16
いやあ、新車とか、新しめのクルマのガス検と予備検取りはしたことがなかったので(すべて73年以前の古いクルマ専門だったので。いまはやってませんが)、とても興味深く拝見させていただきました。ステアリングの真ん中に正露丸のラッパのマークを箱から切り出して貼ったりもしました。一番大変だったのがマスタングの70年ので、ステアリングの指がかかる全周に押すとクラクションが鳴るラバーリング状のスイッチで、ラッパのマークをどこに付けるかで陸自で全員で悩むと言うことも体験しましたっけ。つづきを楽しみにしてます。今度、お願いするかもしれません。
Posted by uncle_polenta_ at 2011年01月31日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

インテークマジック排気ガステスト
Excerpt: インテークマジックの公開実験の模様です。 装着前後での排気ガステスターの数字に注目して見てみて下さい。 インテークマジック株式会社公式サイト http://www.intakemag..
Weblog: レーシングドライバー笠江友和 OFFICIAL BLOG
Tracked: 2008-12-04 13:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。