2008年01月01日

ボルボ850 排気漏れ修理。

10月20日、土曜日。

今日の修理もボルボです。 今日は850です。
今日のボルボは先日、排気漏れを直そうと、EXHマニホールドのガスケットを交換したけれど直らなかった車です。
7102001s.jpg

今回は中古のマニホールドに交換します。
しかし、ちょっと不安があります。

中古のマニホールドを買ったのですが、買った部品は若干エンジンが違うのです。
エンジンの大きさや見た目はほとんど同じなのですが、850には、4バルブエンジンと2バルブエンジンが同時期に並行して存在するのです。
この車は2バルブなのですが、買ったマニホールドは4バルブ用なのです。 これしか見つかりませんでした。
何とかなるでしょうか。

以前も苦労しましたが、EXHマニホールドを取り外すのはとても大変です。 横置きエンジンの後方排気なので、隙間に手を突っ込んですべてのネジを外さなければいけません。
下から覗いた写真です。
7102002s.jpg

ネジをすべて外したあとでも、部品を隙間から取り出すのが大変でした。 ドライブシャフトがあって、下側には取り出せません。 エンジンマウントなど外して隙間を広げながら上から抜くしかありません。
何とか苦労して摘出しました。
そして比較です。
7102003s.jpg

悪い予想が大的中して、ポートの形状が違いました。
間違えて取り付けないように、ネジ位置も違っています。
7102004s.jpg

しかし、それ以外の形状は全く同じです。
触媒側のフランジ形状も全く同じです。
ここから見える蛇腹部分が破けていて排気漏れしていたようです。
7102005s.jpg

なんとなく予想通りだったので、次の作戦を考えてありました。
不具合のある蛇腹部分だけを切り取って付け替えます。
「ニコイチ」作戦です。
まず、長さや角度を測って、高速カッターで切断します。
7102006s.jpg

両方切って、良いとこ取りで溶接です。 

上手く出来ました。 
やはり、蛇腹の中はばらばらに破けていました。
7102007s.jpg

あとは取り付けです。 隙間から何とかマニホールドを押し込んで取り付けます。
7102008s.jpg

触媒側のガスケットも今回は新品にしました。
7102009s.jpg

これで完成。 とても静かになりました。
どうなることかと思いましたが上手くいってよかったです。
しかし、もうやりたくはありません。 苦労しました。
ただ、新品部品代の半分ほどで済みました。

車を返して、夜は別の車の納車と引取りです。
板金修理をお願いしていた車が完成したので東京、中野に納車です。
その後、次の車を預かって帰ってきます。
 出発は20:00ごろでした。
7102010s.jpg

納車、引き取りを済ませて、帰り道にいつもの第三京浜の港北パーキングに吸い込まれるように入りました。

今日はいつもと様子が違います。
土曜日の深夜はここは大きなバイクがたくさん集まっています。
ゆっくり仮眠など出来ませんでしたが、興味本位でいろいろなバイクを見て回りました。
7102011s.jpg

結局、家に帰ってきてから寝ることになりました。
めでたし。
おやすみなさい。 ぐー。





posted by ペプシマン at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルボ車検、納車。

10月19日、金曜日。

今日はボルボの車検、登録、納車です。
この車は頼まれて自動車オークションで探して買った車です。
今まで合間の時間に少しずつ整備をして車を磨いて、仕上げておきました。
登録は八王子の陸事ですが、検査は慣れた横浜で受けましょう。
どうせ通り道です。
7101901s.jpg

仮ナンバーで横浜陸事へ行きました。
ここで受けるのは予備検査です。
予備検査証が出来ていれば、3ヶ月間のうちに検査を受けることなく全国で登録することが出来ます。
7101902s.jpg

思ったより横浜の陸事が混んでいたので、予備検査が終るまで随分時間が掛かってしまいました。
7101903s.jpg

途中で牛丼など食べながら、次は八王子警察へ向います。
先日出しておいた車庫証明が出来上がっているはずです。

今日のボルボはS60ターボです。
ボルボはワゴン車ばかり目に付きますが、このセダンはとてもスタイリッシュでかっこ良いです。
シルバーの外装、黒皮の内装もなかなか良いです。
リヤのデザインなど改めて見ると、すばらしいです。
7101904s.jpg

さて、車庫証明書を貰って、八王子の検査登録事務所に着きました。
横浜陸事と違ってこちらはがらがらに空いています。
登録など、待っている人は一人もいなくて、すぐに新しい車検証が出来ました。
7101905s.jpg

まだ新しい車なので、自動車税の他に取得税も支払って、新しいナンバープレートを貰いました。
7101906s.jpg

順調にここまで終りました。
あとはお客さんの家に納車です。
もう一度車の周りを一回り汚れを拭いて、八王子市内のお客さんの家に納車に行きました。

お客さんにも良い車だととても喜んで頂けました。
しばらく話をして、その後、お客さんに八王子駅まで送ってもらいました。

私の車を代車で貸しておいた世田谷のCITYカブリオレの友達に電話をして、八王子駅まで私のワゴンRで迎えに来て貰いました。
そして、2人でワゴンRで自宅まで帰りました。

途中でワゴンRの水温が異常に上がるアクシデントがありましたが、無事に帰り着く事が出来ました。

お迎えありがとうございました。 お疲れ様でした。



posted by ペプシマン at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

このブログは頑張って更新中です。

取り急ぎ、新年のご挨拶です。

今年もよろしくお願いいたします。


ペプシマン より
posted by ペプシマン at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2NDレンジローバー、天井張替え修理。

10月18日、木曜日。

今日は車検はありません。
午前中にいろいろ用事を済ませると、お昼から自動車内装屋さんに行きました。
車は長く預かっている2NDレンジローバーです。
7101801s.jpg

この車は天張りが下がってしまっています。
レンジローバーはよくなります。ジャガーやBMWなども古くなるとよくこうなります。
もっと古い時代の吊り天井や軽バンなどの貼り天井ではあまりありませんが、最近一般的な成型天井の車では修理のし難い、割りとよくある不具合です。
長い竹の定規をパチンとはめている車など見かけます。
7101802s.jpg

今回は完璧に修理します。 
まずはピラーのトリムを外します。
6枚ありますが、これも汚いので、あとで張替えてもらいます。
7101803s.jpg

7101804s.jpg

7101805s.jpg

7101806s.jpg


ルームランプなど外していくと、成型天井は外れてきます。
この車はバックドアが大きく開くので後ろから取り出します。
ジャガーなどはガラス屋さんに一番大きなフロントガラスを外してもらって取り出します。
7101807s.jpg

これが成型天井です。 表面の生地はベースの厚紙から剥がれています。
7101808s.jpg

手でめくると、剥がれました。 これは生地が悪いわけではなく、糊が悪いわけではなく、ベースの厚紙が悪いわけではなく、間に存在する薄いスポンジ材がボロボロになってしまっているのだそうです。
7101809s.jpg

内装屋さんは専用道具の亀の子たわしで古いスポンジを剥がしていきます。
少しでも残っていると、新しい生地を貼ったあと凸凹が浮き出してしまうのでかなり時間をかけてきれいに剥がしていました。
7101810s.jpg

これが新しい生地です。
東レのエクセーヌという生地です。 海外向けにアルカンターラという名前でも売っているそうですが、その名前の方が有名になっているそうです。
1mあたり1万数千円するとても高級な生地です。
しかし、手触りの高級感や、耐久性が良いなどのほかに、伸びが良く作業性が良い、糊が染み出さないなどのすべての面ですばらしい生地なのだそうです。
今回は事前に大体のサイズに切って、裏面にのりを吹き付けて準備をしてもらってあります。
7101811s.jpg

きれいになった厚紙にガンで内装用ののりを吹きつけながら、少しずつ新しい生地を貼っていきます。
7101812s.jpg

生地を伸ばしたり、凹みを指で押さえて少しずつ貼っていくので、ここまで張り終えるのに2時間くらい掛かりました。
7101813s.jpg

最後に端部を処理して、穴を開けて、完成です。
思ったよりずっと時間の掛かる職人さんの仕事です。
7101814s.jpg

小休止のあと、元通り車に取り付けて完成です。
すばらしいきれいな車になりました。
7101815s.jpg

7101816s.jpg

ピラー6枚の部品は、また、とても時間が掛かりそうなので、今日はここまでにしました。
それでも夜21:30ごろまで掛かりました。
大きな車だったので作業スペースを貸してくださった車屋さん、ありがとうございました。

一日掛かりましたが、すばらしい仕事を見せていただきました。
ありがとうございました。
お疲れ様でした。
posted by ペプシマン at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CITY、JEEP車検。

10月17日、水曜日。

朝の約束で車を預かりに行きました。
今朝預かった車は Jeep ラングラーです。 赤色で目立つ、とてもよい車です。

簡単に点検だけして、昨日預かったCITYカブリオレと2台で湘南の車検場に向いました。
妻に一台運転を手伝ってもらいました。
2台いっぺんに移動できると、時間が半分で済みます。 大助かりです。
7101701s.jpg

7101702s.jpg

しかし、楽勝だと思ったのはここまででした。
何と、最初に検査を受けたCITYカブリオレが不合格になりました。
昨日預かって、何も見ないまま乗って来てしまったので、とても基本的な不具合に気付きませんでした。
ステアリングラックブーツの破けです。
7101703s.jpg

検査伝票にしっかり書かれました。
7101704s.jpg

CITYはそのままにして、ラングラーの検査を終らせると、妻にラングラーで帰ってもらいました。

車検場の近くの部品屋さんを回って、部品を探します。
CITYは古い車なので、今日中に見つかるでしょうか。
まず、近くの部品屋さんに行ってみると、お昼休みなのに調べてくれました。 そして、奇跡的に部品在庫が一個だけありました。
助かりました。
知り合いの工場でジャッキを借りて、早速交換しました。
7101705s.jpg

サイドスリップを調整しなおして、再検査を受けます。
落検しても当日なら、何度受けても再検査料は掛かりません。
もちろん、今度は合格です。
7101706s.jpg

いやぁ失敗しました。 ちょっと油断しました。

夕方になってしまいました。
板金屋さんにちょっと用事があって寄った後、CITYのオイル、フィルター交換をしました。
7101708s.jpg

7101709s.jpg
オイルフィルターはもう欠品だと脅かされています。

7101710s.jpg

続いて、ラングラーです。
7101711s.jpg

こちらは、毎日使っている車なので、今日は良く点検して、部品調達後、再度預かって、整備する約束です。
7101712s.jpg

おおっ、これは。 ラジエターから冷却水が漏れています。
これは部品交換しないと直りません。
お客さんに電話で聞くと、以前から時々水を足していたそうです。
ラジエターは金額見積もり後、交換することになりすそうです。
7101713s.jpg

今日はラングラーだけ納車してお終いです。

車検はちゃんと点検してから受けないといけませんね。
posted by ペプシマン at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エブリー、ラルゴ。

10月16日、火曜日。

今日の車検は、まずは軽のバン、スズキエブリーです。
湘南の軽自動車検査協会へ行きました。
7101601s.jpg

検査コースも空いていて、午前中に順調に終了しました。
7101602s.jpg

お昼を食べながら、次の車を預かりに行きます。

今度の車は日産ラルゴです。 ハイウエイスターという特別仕様車ですね。
ちょっと前までは随分たくさん走っていました。
7101603s.jpg

こちらも順調に終らせて、預かった工場へ返しに行きます。
道具を借りて、オイル、フィルターを交換して終了です。
7101604s.jpg

自分の車に乗り換えて、明日の車検の車を預かりに行きます。
横浜新道、第三京浜と走って、環八、世田谷区です。
7101605s.jpg

車を乗り換えて、帰ってきました。
今日はそのまま家に帰りました。
posted by ペプシマン at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軽トラ、マーク2。

10月15日、月曜日。

今日はまず、軽トラの車検です。
朝預かって、点検だけ済ませると、横浜の軽自動車検査協会へ行きました。
7101501s.jpg

久しぶりに来た横浜の検査協会は何だか駐車場が狭くなっています。
よく見ると、駐車場に建屋が一つ増えています。
仮設の検査コースが建てられています。
7101502s.jpg

面白いので、仮設のコースに車を並べてみました。
内部はこんな感じです。 仮設コースは移動できるようにコンテナの内部にほとんどの設備が収まっています。
どこでも検査協会が改装するときはすぐに移動できる様です。
検査官に聞いてみると、今回ここで使うのが初めてだそうです。
7101503s.jpg

検査は無事に終了しました。 すぐに帰ります。
午後は次の車です。

間髪入れずにまた横浜の車検場へ向います。
途中で寄ったコンビニで買ったジュースです。
ファンタですが何味かわかりません。 のんでみたけど判りませんでした。
7101504s.jpg
何じゃこれ。

午後の車はマーク2です。 
7101505s.jpg

こちらも順調に終らせて帰ります。

夜までに2台とも納車して、別のお客さんの所へバッテリー交換に行きました。
スカイラインのR33です。
この車はバッテリーが特殊です。
専用バッテリーが指定されています。
大きさや形状はそれほど特殊ではありませんが、取り付け場所が室内なので、充電時の発生水素をビニールパイプで車室外に排出するようになっています。
外車には良くある事です。 古くはVWビートルなども同じですね。
7101506s.jpg

しかし、専用バッテリーというのはいただけませんね。 高価です。 ユーノスロードスターやスズキエスクードなど専用バッテリーの国産車はバッテリー交換の度に気を使います。

鉛の値段上昇に伴ってバッテリーが値上げされるようです。
交換は早めにしておいた方がよさそうです。 

今日はここまで。
posted by ペプシマン at 07:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

芸術の秋、その1

10月13日、土曜日。

今日は早起きして、電車で出かけます。
家族も一緒に行くと言うので一緒に電車に乗りました。
家族で電車に乗る機会などあまりありません。
いつも車で外出なので、電車に乗れて子供達もうれしそうです。
7101301s.jpg

降りた駅は原宿駅です。
今日はここでイベントがあります。
ラ・フェスタ ミッレミリア2007のスタートです。
おそらく日本で一番大きなクラシックカーイベントです。
3泊4日間に渡って1000マイル(1600km)をクラシックカーで走るすばらしいイベントです。
良く知っている車やオーナーさんにも会えるし、整備や車検をした車もあります。
数日前に車検を通した赤い車も参加するのですが、今回は途中から参加なのでここには来ないそうです。

なんといっても芸術的なクラシックカーは本や写真で見るだけでなく、実物を見て、音を聞くとやはり感動があります。
どの車もイベント前には精一杯磨いて、集まってきている筈です。

スタートのゲート付近にはもうひとが集まっています。
7101302s.jpg

ゲートの奥には車がいました。 狭い駐車スペースに所狭しと車と人が集まっています。
7101303s.jpg

小学3年生の娘を肩車して、好きな車の写真を撮ってみろと言ったら、何枚も写真を撮りました。
7101304s.jpg

7101305s.jpg

7101306s.jpg

7101307s.jpg

7101308s.jpg

7101309s.jpg

応援用の旗を貰って、スターと地点のすぐ横に場所をとって見学することにしました。
7101310s.jpg

ここを走ってスタートします。 待ち遠しいです。
7101311s.jpg

最初に来たのはこんな車でした。 ちょっと新しいです。
7101312s.jpg

ゼッケン1番はブガッティT35Cです。1927年の車です。直列8気筒 SOHC 1991ccにスーパーチャージャー付です。
ブガッティはクラシックカーの中でも特別な車です。 私などこの車が見られただけでも今日ここへ来た甲斐があったというものです。
7101313s.jpg

ゼッケン2番もブガッティです。 T37Aです。 まだスタートまでは時間があります。
反対側は貴賓席です。 PASSが無いと入れてもらえません。
7101314s.jpg

スタート順に並んでゲートから出てきました。
ゼッケン3番はベントレーです。正確にはBENTLEY 3 LITRE SPEED MODELという車です。
7101315s.jpg

貴賓席にお座りの方は、このイベントの常連さんですね。 今回はご自分は参加しなかったようです。
7101316s.jpg

しかし、スタートの旗の係りですね。 あと3分位でスタートです。
7101317s.jpg

いよいよスタートしました。
全車の写真を撮ったのですが、私の好みで何台かだけ掲載します。
もっと詳細はラフェスタミッレミリア2007のホームページ等で確認してください。 
クリック拡大。
mm1.JPG 7番はBENTLEY SPEED SIXです。

mm3.JPG 24番はASTON MARTIN LE MANS SPECIALです。

mm4.JPG 32番はJAGUAR SS100です。

mm5.JPG 41番はRILEY 12/4 SPECIAL

mm6.JPG 46番はSTANGUELLINI 508S ALA D'OROです。

mm7.JPG 51番はCISITALIA 202 SCです。この車は初めて車の前後のフェンダーをドアと同じ位置まで広げて一体化した現在の車の形の原型のような車です。
mm8.JPG 55番はMOTTO MG SPECIALです。

mm9.JPG 66番はMORASSUTTI SPORTです。 その後ろの赤白の車はBANDINI 750 SPORTです。

mm10.JPG 71番はMASERATI 150Sです。 アパレル会社の社長と横浜市のN市長のペアです。
mm11.JPG mm12.JPG
79番はLOTUS MK 9です。法規に合致するようにヘッドライトを付けて来たようです。

mm13.JPG89番はABARTH 207A SPYDERです。

mm14.JPG mm15.JPG
96番はFIAT ABARTH 750 RECORD MONZAです。

mm16.JPG 101番はMERCEDES BENZ 300SLSです。

mm17.JPG 115番はFIAT ABARTH 850TC CORSAです。

mm18.JPG 118番はTOYOTA 2000GT MF10です。

mm19.JPG 43番はFIAT 508C ALA D'OROです。

そして、最後はこの車でした。
7101318s.jpg

会場で会った知り合いから、Special guest と書かれたPASSを貰いました。 
これで横浜のゴール地点では最前列で見られるかもしれません。
7101319s.jpg



posted by ペプシマン at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

八王子までドライブ。

10月12日、金曜日。

今日は車検はありません。 修理もありません。
自分の車でお客さんに会いに八王子市まで来ました。
午前中にお客さんに会い、午後から八王子の警察署に行きました。

7101201s.jpg
車庫証明の申請を出して、受理票を受け取って、帰ってきました。

帰ってくるともう暗くなっていたので、今日はお終い。
早寝しましょう。 
たまには良いか。
posted by ペプシマン at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2CVトランスミッション載せ換え。

10月11日、木曜日。

朝は車検です。 今日の車は軽自動車です。
湘南の軽自動車検査協会へ行きました。
7101101s.jpg

今日の車は箱バンの上にルーフラックが付いています。
この車はここまでが全高になっているので問題ありませんが、看板などが後から付けられている場合は高さが車検証どおりになっているか事前に確認が必要です。 メジャーで測って確認する場合があります。
7101102s.jpg

合格後、急いで帰ってきて納車すると、シトロエン2CVのミッション載せ換えの続き作業をします。
まだフェンダーを外しただけです。
7101103s.jpg

ドライブシャフトを左右外して、パウダークラッチの接点を外して、エンジンと連結しているボルトをすべて外して、ミッションを外します。 あれれ、クランク中心の心棒がなかなか抜けません。
7101104s.jpg

ちょうどミッションが下りたところでお客さんです。
今年も夏場にだけ乗ったマリンジェットをラムさんが茨城県の工場へ保管のために運んでくれるそうです。
7101105s.jpg

仕舞う前に、内外を水洗いして、きれいにしておきましょう。
ホースで水をかけて、洗剤、スポンジで洗いました。
エンジンも水を入れながら始動して、冷却径も海水をすべて流すように洗浄しました。
これでOK。 ひと夏お疲れ様でした。 
7101106s.jpg

さて、ミッション交換の続きです。
7101107s.jpg

このミッションはスバルの無段階変速機ECVTです。 普通のATとは見た目はあまり変わりませんが一回り大きいです。
7101108s.jpg

フライホイールも一度外して、クランクリヤシールなどもチェックします。
7101109s.jpg

これはパウダークラッチの新品です。 普通のATのトルクコンバーターの様にオイルは入っていません。 内部には砂鉄のようなものが入っていて、電磁石に通電すると砂鉄が固まり、動力を伝達すると言うような構造です。(あまり正しい説明かどうかわかりません)
手前中心付近がスリップリングになっていて、外からブラシで電気を通電させます。
7101110s.jpg

リビルト済みのトランスミッションです。 メーカーリビルトのみ供給がありました。
7101111s.jpg

部品の比較と付属部品を付け替えをします。
7101112s.jpg

車に載せました。 やけにきれいです。
7101113s.jpg

これが先程のパウダークラッチへ電気を供給するカーボンブラシです。
先に組みつけてしまうと折れてしまいます。
7101114s.jpg

各部締め付けて、シャフトを繋いで、ケーブルも繋げて、フェンダーを取り付けると、もう深夜です。
7101115s.jpg

もうひと頑張り。 オイルを入れます。 もちろん専用オイルです。
規定量測って注入します。
7101116s.jpg

これで完成です。 夜明け前には終了しました。
今週土曜からのフレンチブルーミーティングに間に合わせたのですが、今回、参加は見合わせるようです。

試運転は後日にしましょう。 
お疲れさん。

 

posted by ペプシマン at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジュリエッタ車検

10月10日、水曜日。

朝からお客さんの来るのを待っていました。
お客さんを待っている間に今週中に仕上げないといけない車の準備をしておきましょう。
シトロエンの2CVです。
7101001s.jpg

以前から何度も登場している車です。
今からちょうど1年前くらいに苦労して改造申請をして、車検を取りました。
スバル製のエンジン、ミッション、ブレーキなどが移植されている車です。
7101002s.jpg

今週末までにトランスミッションを載せ換えます。
まずは左フェンダーを外します。
すぐに外せる構造で、とても作業性が向上します。
7101003s.jpg

ここで待っていたお客さんが来ました。
大学生時代の恩師の先生です。
カーナビにバックモニターを連動させたいそうです。
部品を調達する為にカーナビの型番を記録します。
7101004s.jpg

部品を用意しておきます。 しばらくお待ちください、先生。

さて、午後からは車検です。
車を預かりに行きます。
昨日、整備を済ませたアルファロメオ、ジュリエッタです。
今週末のクラシックカーイベントに間に合わせるように車検を取り納車の予定です。
とても派手な車で車検場まで走ります。
7101005s.jpg

湘南の車検場へ着きました。 テスター屋さんでも大人気でした。
7101006s.jpg

小さな低い車なので、大きなトラックの後ろに並ぶと下に入ってしまいそうです。
7101007s.jpg

検査を無事に終らせて、預かった工場へ戻ります。
アルファロメオのマークです。 下にMILANOと書かれているのは古いアルファロメオのマークです。 今は書かれていません。
7101008s.jpg

エンジンオイルを交換します。
7101009s.jpg

点火プラグも交換します。
7101010s.jpg

7101011s.jpg

これで完成。 イベントには間に合いそうです。 無事に完走できると良いですね。

さて、帰ってからもう一仕事してしまいましょう。
もう21:00過ぎですが、お客さんの家で作業します。
ホンダFITのドアミラー交換です。 電動格納の軸部分から折れてしまいました。 部品は新品を買ってあります。
7101012s.jpg

ドアミラーの脱着はドアの内張りを剥がして行います。
7101013s.jpg

今日はここまで。 
お疲れさん。
posted by ペプシマン at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

ジュリエッタ整備。

10月9日、火曜日。

今日の作業は出張です。 
横浜市泉区で我が家から一時間ほどの距離です。

今日の車はアルファロメオのジュリエッタスパイダーです。
完全なオリジナルではなく、走りやすいようにモディファイされています。
7100901s.jpg

7100902s.jpg

7100903s.jpg

ドアの外板はアルミの板から叩き出しで作った様で、内側にハンマーの無数の叩き跡が残っています。
7100904s.jpg

以前にクラシックカーイベントで優勝したときのプレートが誇らしげに貼ってあります。
書かれている名前は前オーナーさんで有名なベテランタレントの方です。
7100905s.jpg

マフラーが折れていました。 取り外して溶接修理です。
7100906s.jpg

シフトレバーも折れています。 シフトノブの下でボルトが折れていました。
7100907s.jpg

7100908s.jpg

レバーを取り外して、これも溶接修理します。
7100909s.jpg

溶接の後、仕上げて防錆塗装をします。
7100910s.jpg

それぞれ取り付けて、出来上がり。

次にパーキングブレーキの調整です。 どうも片効きしている様です。
この車はドラムインディスクのパーキングブレーキなので、ローターを外してライニングの残量と動きを確認します。
7100911s.jpg

パーキングブレーキレバーから後ろまでのワイヤー類も給油して、調整しました。
7100912s.jpg

夜まで掛かって整備を終らせました。 
明日、車検場へ持ち込みたいので灯火類の確認まで今日のうちに済ませて準備を終らせました。
posted by ペプシマン at 23:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

体育の日でバーベキューの筈が、雨で出来ませんでした。

10月8日、月曜日。

今日は体育の日でお休みです。

朝、来てくれたお客さんはインテグラTYPE-Rです。
ステアリングのラックエンドブーツが左右とも切れています。
7100801s.jpg

新品に交換しました。
7100802s.jpg

お客さんが持ってきた部品も交換します。
ディストリビューターのキャップ、ローター、パッキンなどです。
7100803s.jpg

ローターはネジで止まっている上、向きが合っていないと工具が入りません。 
7100804s.jpg

今日は雨です。 
実は、来週から中国へ転勤が決まっている大学時代の先輩と、学生時代の仲間を呼んで我が家の庭でバーベキューをやるつもりでした。
しかし、雨なので室内でみんなに集まってもらいました。
時間など決まっていないので、来られる時間に来て、帰る時間が来たら勝手に帰ってもらいます。 
ゆるーく始まって、ゆるーく終るので来て下さいと連絡を回しておきました。
記念写真も撮ったのですが、ゆるーく帰った後の人は写っていません。 ごめんなさい。
7100805s.jpg

集まった仲間の車も食事の間に直してしまいましょう。 ベンツのC200です。
7100806s.jpg

燃料ホースのガソリン漏れです。
7100807s.jpg

新品ホースとバンドに交換しました。
7100808s.jpg

そのまま夜になってしまいました。 
栃木や岐阜に帰った人たちもいます。
皆さんお疲れさん。 また集まりましょう。 


posted by ペプシマン at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エルグランド足回り部品交換。

10月6日、土曜日。

昨日の続きです。
レンジローバーのトレーラー用の配線です。
トレーラーに必要な配線は車幅灯、制動灯、方向指示器左右、後退灯の各配線とマイナスアース線の6本です。
車のリヤコンビネーションランプの裏から分岐します。
7100601s.jpg

右の方向指示器だけはこちら側です。 おっ、ここに空きカプラーですべての配線が揃っているではないですか。 気付くのが遅かったです。
7100602s.jpg

午後からエルグランドのお客さんです。
7100603s.jpg

足回りからコトコト異音が少し出ているそうです。
フロントスタビの部品から替えて行ってみましょう。
スタビのブッシュです。
7100605s.jpg

少し、痩せて薄くなっています。
7100604s.jpg

スタビエンドのリンクです。 一番音の出やすい部品です。
7100606s.jpg

左右とも新品にしました。 
7100607s.jpg

オイル、フィルター交換もしました。
7100608s.jpg

とりあえず、これで様子を見てもらうことにしました。

その後、ボルボS60を夜まで磨いて今日は早寝しました。


posted by ペプシマン at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修理いろいろ。

10月5日、金曜日。

朝から何度も電話が掛かってきました。 まずはご主人からで、奥さんが自宅から出かけようとしたらエンジンが掛からないそうです。
奥さんからも電話で、見に来てくださいとのことです。

会社員でない私は、時間は自由にはなりますが、救急車や消防車のように呼ばれても急には出動できません。 それなりに予定を組んであるのです。

それでも行ってみました。 話を聞いた感じでは、バッテリー上がりでスターターモーターが回らない様子でした。 
充電済みのバッテリーとブースターケーブル、いつもの工具箱を積んでマンションの地下駐車場に行ってみました。
7100501s.jpg

鍵を預かり、ボンネットを開けて、まず、鍵をひねってみました。
スターターモーターは普通に回ります。 
ちょっとアクセルを踏むと、エンジンも始動しました。 けれどすぐに止まってしまいました。  これは、と思って、吸気の配管を調べると、すぐにわかりました。 アイドルコントロールバルブへ繋がる内径12mmくらいのゴムホースが折れて、空気を吸っています。
はさみで切って、短くして、差し込むと、直りました。
その他は平気なようです。 これだけでよかったですね。
お金は別に要りませんよ。 ただ、ホースは劣化しているので新品に交換したほうが良いですよ。
その後、ご主人からお礼の電話を頂き、早速ディーラーさんでホースを新品に交換したそうです。

さて、今日の仕事です。 まず、調べ物です。 国産エンジンに積み替えられているシトロエンの2CVです。 ECVTのオートマチックを交換するように依頼されたのですが、使われているミッションが何の車の部品かが判りません。 周辺の部品から推察するのですが、間違えると大変です。
ヒントになりそうな部品の写真を撮って、部品屋さんでコンピューターを使って調べます。 この品番だけで判るでしょうか。
7100502s.jpg

案外、時間が掛かってしまいましたが、部品注文出来ました。

次はレンジローバーです。 先日取り付けたヒッチメンバーに今日は配線を通します。
トレーラー連結用の配線のソケットはいろいろ種類があります。
今回取り付けるのは、丸の6ピンタイプです。
配線はいろいろ探して6色そろえました。 先端を半田で固めてから差し込んで固定します。
7100503s.jpg

バンパーの穴を利用して取り付けます。 加工して穴を広げて、ソケットを固定します。
7100507s.jpg

配線を車内まで引き込みます。 
7100504s.jpg


さらに、電気式ブレーキ付きのトレーラーも連結する予定なので、ブレーキ信号線と電源線も近くまで通しておきましょう。 ソケット形状は決まっていないので収縮チューブで絶縁しておきましょう。
7100505s.jpg

今度は車内側です。 この手の車は、トレーラーを連結するオプションが純正で用意されている場合が多いので、どこかこの辺まで配線が来ているはずです。
7100506s.jpg

ちょっと時間が無くなってしまったので、今日は配線の途中で作業行中断しました。

今日、届いたボルボのS60です。 時間が無くなってしまったので、こちらの作業は少しだけしか出来ませんでした。
7100508s.jpg

工具を片付けて車に積み込んで、出発です。 遅くなってしまいました。
まずはボルボ850の納車です。排気漏れ修理は、また部品が揃ったらやり直します。 
横浜横須賀道路から保土ヶ谷バイパス、246号線を通って、川崎市内で納車します。
7100509s.jpg

自分の車に工具を載せ換えて、首都高、東関東道と走って、千葉県八千代市まで行きました。
お客さんの所に付いたのはもう0:00過ぎの夜中でした。
遅くなってすみません。 急いでやってしまいましょう。
AlfaRomeo75はベルト交換です。
7100510s.jpg

オルタネーターのベルトがボロボロです。 ウォーターポンプが回らずにオーバーヒートしたり、バッテリーが上がったりしたそうです。
7100511s.jpg

新品に交換しました。 とても作業性は悪いです。
7100512s.jpg

もう一台、ルノートゥインゴです。
7100513s.jpg

フロントブレーキパッドはもう限界です。
7100514s.jpg

新品にしました。
7100515s.jpg

終ったら3:00AMくらいでした。 遅くまで付き合ってもらって済みませんでした。
高速に乗って帰ります。
7100516s.jpg

カーナビはすばらしいですね。 なんて便利な世の中になったものでしょう。
地図を見るのが好きな私はとてもうれしい装備です。
行動範囲が限られている人には余計な装備かもしれませんが、私のように動き回るのが好きな人にはとても重宝します。 古いカーナビで十分です。
7100517s.jpg
先日も言われました。 このカーナビ、車が下向いちゃってるよ。
いや、子供の頃から地図を見ることに慣れている私には、北が下向いちゃってる画面の方が余程おかしいです。

大黒のパーキングで休憩しました。
7100518s.jpg

瞬き一回で明るくなっていました。
もう6:00AMです。 
7100519s.jpg

早く帰って寝なければいけません。








posted by ペプシマン at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボルボ850排気漏れ修理。 

10月4日、木曜日。

昨日預かったボルボ850です。 排気漏れの音がしています。
7100401s.jpg

この車は、横置き5気筒のエンジンで、前側吸気で後方排気のレイアウトです。
何かで読んだ話では、後方排気のメリットは排気管がエンジン下を通らないのでエンジン位置を下げられることと、排気管と触媒の距離を短くすることでより排ガス浄化性能を上げられること、さらに全面衝突時の為のクラッシャブルゾーンを広く取れることだそうです。
7100402s.jpg

ただし、エキゾーストマニホールドの取り外しはとてもやりにくいです。 油をかけて、ネジを折らないように慎重に緩めます。  こんなボルト、もし折れてしまったら、取り返しがつきません。
7100403s.jpg

5気筒分、10本のナットを緩めて、マニホールドとの隙間を広げて、ガスケットを交換します。
7100404s.jpg

外したガスケットはほんの少し吹き抜けはあるようですが、あの大きな排気音の割にはきれいです。 
とにかく新品に交換して、新品ナットで締め付けてみましょう。
7100405s.jpg

組み上げて、エンジンを掛けてみます。 どうでしょうか。
ボボボーッ・・やはり直っていません。 
遮熱板が外れている今のうちに良く調べましょう。 どうやら、エキゾーストマニホールドのメッシュの掛かった蛇腹の部分から排気漏れしているようです。 これはマニホールドごと交換しなければ直りそうにありません。 
7100406s.jpg

新品部品を見積もりすると7万円以上します。 中古品でも見つかると良いのですが。

とりあえず、今日はここまでにして、もう一台、ハイエースを預かりに行きました。
7100407s.jpg

こちらはオイル交換です。 
しかし、下面にオイル漏れがひどいです。 
7100408s.jpg

運転席のシートを外して、サービスホールを全開に開けて、ヘッドカバーパッキンのネジを締めなおします。
7100409s.jpg

その後、エンジンルームを洗浄してからオイル交換しました。
7100410s.jpg

ハイエースはその後納めに行って、今日はお終いにしました。
posted by ペプシマン at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

レンジローバーエアサス修理、他出張理。

10月3日、水曜日。

今日は、まず、レンジローバーのサスペンション交換です。
7100301s.jpg

これは左フロントのエアサスです。 まだ、破裂したり、エア漏れがあるようでは無さそうですが、新品に交換します。
7100302s.jpg

新品は社外品なので、材質が違うようです。
7100303s.jpg

これを見ると、いつ空気漏れしてもおかしく無い感じです。
7100304s.jpg

これは右後ろのサスペンションです。
7100305s.jpg

やはり、ひび割れがかなりひどい状態です。
7100306s.jpg

まだまだレンジローバーは修理項目があるのですが、今日はここまでにして、午後からは出張修理です。
7100307s.jpg

東京、恵比寿の近くに納車したFIATの出張修理はすぐに終りました。

次に向ったのは川崎市の鷺沼です。

ここで、自分の車と入れ替えに、ボルボの850を預かりました。

さらに、横浜関内のお客さんの車も続けて修理します。
これはFANベルト交換です。
その場で終らせました。
7100308s.jpg

仕事はこれでお終いです。22:00ごろだったので、さらに帰り道に仲間のガレージに寄りました。
ここに入っていた車はVWのTYPE2です。 しかも、まだ数年しか経っていない新車です。
7100309s.jpg

オルタネーターの交換で入庫していたのですが、ちょっと見せてもらいました。
下から見たエンジンの景色は何かとてもすっきりしています。
そう、先日の水冷のポルシェと同じでヒーター用のヒートエクスチェンジャーが付いていません。 
そして、排ガス対策の触媒が付いているので、左右バンク集合した排気管は一旦前の方まで回って、後ろに戻って排気しています。
7100312s.jpg

7100313s.jpg

暖房はヒートエクスチェンジャーではなく、ベバスト製の燃焼式のヒーターが付いていました。 排気管が床下にありました。
クーラーの配管も見えます。
7100310s.jpg

メーター類は昔のままですが、ヒーターのつまみが見えます。 見えませんが、エアコンも付いています。
7100311s.jpg

ちょっと話し込むと、すぐに3:30AMになってしまいました。
急いで帰って寝ました。
posted by ペプシマン at 21:57| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再予備検

10月2日、火曜日。

今日の車検のシャレードは、以前、予備検査を取得した車です。
予備検査は3ヶ月で期限が切れてしまいます。
予備検切れの車は、再度検査を受けてまた3ヶ月予備検を取得することが出来ます。

湘南陸事に行きました。
7100201s.jpg

検査は無事終了しました。
その後、ちょっとカブリ気味のキャブレターの調整をしました。
チョークが戻りきらなかった為、少しガスが濃かったようです。
7100202s.jpg

そして、納車しました。
posted by ペプシマン at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

ポルシェの車検。

10月1日、月曜日。

今日の車はポルシェです。 朝、預かりました。
ポルシェ伝統の5連のメーターです。 が、重なっているデザインです。
この300km/h以上刻みのあるスピードメーターでは街中で何キロ出ているのか判らないな。と思ったら下にデジタルでも車速が出ていました。
7100101s.jpg

湘南の車検場の近くにあるテスター屋さんでヘッドライトの光軸を調整しています。
新しい911なのでコンビネーションランプになっています。 調整ねじは奥のほうです。
7100102s.jpg

湘南の車検場は先週までと打って変わって空いています。
さすが、月初です。
7100103s.jpg

これはポルシェの911シリーズの中でも996ターボと言うはやい車です。
昔より小さくなったとはいえターボウイングが付いています。
車速によって上にあがって来る構造です。
7100104s.jpg

検査コースが空いている上に高価な車だったので、検査官もとても丁寧に対応してくれました。 
先週までと随分違います。

検査は無事に終了して帰ります。
帰り道で、一つ寄り道をして、軽自動車のドライブシャフトブーツを修理しました。 スバルのプレオです。 パックリ切れていました。
7100105s.jpg

しばらく話をして帰ってきました。
ポルシェは最近の車らしくカーナビも装備されています。
社外品だと思いますが、スタート画面でポルシェのマークが出ます。
6速MTです。
カローラの6速MT車に乗ったときに変速回数が多くてこんなにギアは要らないよって思ったのですが、この車は楽チンです。
普通には4速くらいまでしか使いませんでした。
7100106s.jpg

点検をしようとエンジンルームを見たのですが、どこにエンジンがあるのかわかりません。
そうです、このモデルからついに911も水冷化されたので、あの特徴的な強制空冷のFANが無くなってしまったのです。 下のほうにツインカム4バルブヘッドのエンジンが入っています。 420psです。
7100107s.jpg

下回りを点検しました。 こちらも911らしくないです。 水冷化されて、ヒーター用のヒートエクスチェンジャーが付いていないです。
レース用のチューニングされたポルシェのようにEXHマニホールドが見えています。
7100108s.jpg

ツインターボなので左右にタービンが見えています。
7100109s.jpg

巨大な赤ブレーキです。 4WDの採用などで、車重は1500キロを越えています。 しかし、GT-Rなども同じ位の重量があるのであまり重くは感じませんね。
7100110s.jpg

さて、ポルシェは一旦納めて、自宅へ帰ります。
ベンツのお客さんが来てしまいます。

C200はメーター内の球交換です。
小さい電球に台座が一体になった専用の球です。
薄茶色と黄色と青色と色によってワット数が違います。
7100111s.jpg

燃料タンク近くの、給油時のエアー抜き用のガソリンホースから燃料が漏れています。 満タンにした時だけガソリン臭いそうです。
よく漏れる場所です。 部品注文しておきます。
7100112s.jpg

さて、今日はここまで。
お疲れさん。


posted by ペプシマン at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

月末ですね。

9月29日、土曜日。

朝、部品屋さんと駐車場の大家さんに9月分の支払いに行きました。
銀行振り込みの支払いは昨日のうちに済ませておいたので、今月の月末の支払いはこれでお終いです。 
お金は今月ももう残っていません。

RAMさんと一緒にマリンジェットを引き上げに行きました。
夏の間、預けているマリンジェットのお店も今月までの約束なので、トレーラーを軽自動車で牽いて持ってきました。
7092901s.jpg

今年はついに1回だけしか乗る機会がありませんでした。
金も無ければ時間もありませんでしたね。

この後、船を洗ってまた来年のシーズンまで冬眠に入ります。
posted by ペプシマン at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。